« エリック・ロメール死去 | トップページ | 高崎映画祭 »

2010年1月12日 (火)

83回キネマ旬報ベスト・テン&個人賞発表

曜日の関係で零年より遅れた印象ですが,、第83回キネマ旬報ベスト・テン&個人賞が発表されました。
 
【作品賞】
日本映画ベスト・テン第1位 「ディア・ドクター」 (西川美和監督 エンジンフィルム+アスミック・エース配給)
外国映画ベスト・テン第1位 「グラン・トリノ」 (クリント・イーストウッド監督 ワーナー・ブラザース映画配給)
文化映画ベスト・テン第1位 「沈黙を破る」 (土井敏邦監督 シグロ配給)
 
【個人賞】
日本映画監督賞 木村大作「劔岳 点の記」
日本映画脚本賞 西川美和「ディア・ドクター」
主演女優賞 松たか子「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」
主演男優賞 笑福亭鶴瓶「ディア・ドクター」
助演女優賞 満島ひかり「愛のむきだし」「プライド」「プライド
助演男優賞 三浦友和「沈まぬ太陽」
新人女優賞 川上未映子「パンドラの匣」
新人男優賞 西島隆弘「愛のむきだし」
外国映画監督賞 クリント・イーストウッド

【2009年日本映画ベスト・テン】
1位 ディア・ドクター
2位 ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~
3位 劔岳 点の記
4位 愛のむきだし
5位 沈まぬ太陽
6位 空気人形
7位 ウルトラミラクルラブストーリー
8位 サマーウォーズ
9位 誰も守ってくれない
10位 風が強く吹いている
次点 のんちゃんのり弁

【2009年外国映画ベスト・テン】
1位 グラン・トリノ
2位 母なる証明
3位 チェンジリング
4位 チェイサー
5位 レスラー
6位 愛を読むひと
7位 アンナと過ごした4日間
8位 戦場でワルツを
8位 スラムドッグ$ミリオネア
10位 イングロリアス・バスターズ
次点 ミルク

個人賞の驚きは助演女優賞の満島ひかり。拍手喝采です。余さんや八千草さんはどうだったんでしょう。

4日に予想したベストテンと比べると邦洋とも1位が当たって10作中8作はベストテンに入れて(うち邦画は3作、洋画1作的中)いたから、まずは上出来と言えるでしょう。ただ『ウルトラミラクルラブストーリー』が7位とは想像できませんでした。え!!あれってそんなに評価されるような映画なのか.。お見逸れしました。洋画はろくに見てないんだからこれでよしとすべきでしょう。ま、それだけサプライズのない順当な順位だったっていう子とですか。

|

« エリック・ロメール死去 | トップページ | 高崎映画祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/47273369

この記事へのトラックバック一覧です: 83回キネマ旬報ベスト・テン&個人賞発表:

« エリック・ロメール死去 | トップページ | 高崎映画祭 »