« 寒い一日 | トップページ | 個人面談Part2 »

2009年12月10日 (木)

TSUTAYAで2作

TSUTAYAでDVD2作レンタル。
大阪ハムレット』と『グラン・トリノ』。
アレだけバカにしておいて、両作とも朝日の回顧2009にあった作品。
『大阪…』は私の不得意分野の人情喜劇、しかも大阪弁ときている。ダメもとです。>原作は知らないけれど、三人兄弟それぞれの悩みがモヤモヤさせずに解決して予想外に爽やかな仕上がりの後味がいい作品です。
『グラン・トリノ』は『チェンジリング』に続いて、またしてもクリント・イーストウッド。彼の監督作品はこれで6本目。>警察も教会も頼らなず自分ひとりで解決する。まさしくアメリカ精神。もちろん自衛のためには拳銃を持っていなくちゃいけない。日本車のディーラーをしている息子より、隣に住んでる(アメリカ軍に協力して故郷を追われた)モン族の方が信用できる。彼の正義は貫かれている。男の中の男。これこそクリント・イーストウッドだ。

準新作から選択するとこんなところしかなかった。

|

« 寒い一日 | トップページ | 個人面談Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/46985091

この記事へのトラックバック一覧です: TSUTAYAで2作:

« 寒い一日 | トップページ | 個人面談Part2 »