« 第31回ヨコハマ映画祭 | トップページ | アメリカン・ニューシネマ »

2009年12月16日 (水)

池袋BOOKOFF

ビデオ屋新作半額デーで『群青 愛が沈んだ海の色』と前回見切れなかった『ガマの油』。
『群青』。あまりいい評価は聞いたことないけれど、やはり長澤さんに期待してしまいます。こういう作品が大穴だと嬉しいんだけど。>世評通りのかったるい映画でした。もう少しセクシーに作れたろうに、あえて避けたんだろうなあ。それでも長澤嬢の肉体は、そんな画面からでもあふれ出てくる。それだけが見所だ。ほとんど妄想の世界でしかない。
池袋に出たついでに新しいBOOKOFFに寄る。あまり時間がなかったので、新書判の105円コーナーとJ-POPのマキシシングルだけをながめる。店は広いんだが少なくとも新書は私好みの品揃えじゃないかも。CDはもうちょっと丁寧に見ないと分からない。枚数は多い。
で、「現代アラブの社会思想―終末論とイスラーム主義」を買う。105円コーナーにあったのにレジに出したら「350円です」。「あれ?105円にありましたよ」と言うとスンナリ105円にしてくれた。もし私がうそついてたり、誰かが棚を移動させていたらどうすんの。まあ、こっちは文句ないけど。
イスラムについては同じ現代新書の新書イスラームの世界史が有用で、本書の思想的背景は井筒俊彦の「イスラーム思想史」、終末論はノーマン・コーン「千年王国の追求」あたりかな。

こどもたちのスイミングスクール。ふたりともようやく合格しました。半年もかかったねオメデトさん。

|

« 第31回ヨコハマ映画祭 | トップページ | アメリカン・ニューシネマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/47036398

この記事へのトラックバック一覧です: 池袋BOOKOFF:

» ガマの油 ディスコグラフィー [ガマの油]
ガマの油について詳しく説明してあります♪ [続きを読む]

受信: 2009年12月16日 (水) 16時51分

« 第31回ヨコハマ映画祭 | トップページ | アメリカン・ニューシネマ »