« 追悼斎藤耕一 | トップページ | いまさら『十九歳の地図』 »

2009年12月 2日 (水)

新作3本レンタル、BOOKOFFで文庫クセジュ

新作DVD3本レンタル。
インスタント沼』『ウルトラミラクルラブストーリー』『ガマの油』。
ユルイ印象の似たようなテイストの作品が揃ってる(麻生久美子が2本)。こういうのはハズレるとつらいんだが果たしてどうなるか。
>『インスタント沼』。だめだ。ついて行けなかった。
>『ウルトラミラクル…』。傍若無人がエライという話は大嫌いだから、前半でよっぽど消してしまおうかと思った。ところが、陽人が農薬を浴びて死んだ(?)あたりから、首なしが出て来たり、俄然乗ってくる。ただ、で、何だったんだというとさっぱりだ。人間は脳みそではないという話なのか?
>『ガマの油』は眠気に負けて時間切れで返却、二階堂ふみが面白かったから再度挑戦しよう.。
BOOKOFFに文庫クセジュが105円で並んでいた。状態は最高とは言えないけど、その中から「カール五世」「ヴァイキング」の2冊をゲット。
「カール五世」は、神聖ローマ皇帝にしてスペイン国王、ネーデルラントを治め、新世界の支配した太陽の歿することなきハプスブルク家を代表する人物。狂女王ファナの息子であり、神聖ローマ皇帝フェルディナント1世の兄でスペイン国王フェリペ2世の父。手元にあるカール5世関連は「ハプスブルク家」「神聖ローマ帝国」「物語 スペインの歴史」ぐらいで、関連するのがカール5世の伝記も書いているブローデルの「地中海」、本書と同じ訳者による「神か黄金か―甦るラス・カサス」、バリャドリード論戦関連の「アリストテレスとアメリカ・インディアン」あたり。
ヴァイキングについては、先日借りた「辺境のダイナミズム」の所に書いた通り。

|

« 追悼斎藤耕一 | トップページ | いまさら『十九歳の地図』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/46916733

この記事へのトラックバック一覧です: 新作3本レンタル、BOOKOFFで文庫クセジュ:

« 追悼斎藤耕一 | トップページ | いまさら『十九歳の地図』 »