« 一学期終了 | トップページ | ハムスター近況 »

2009年10月17日 (土)

追悼加藤和彦

上の子がこども神輿を担ぎたいと、昼前からお稲荷様の祭礼に行った。参加しているのはクラスで女子は彼女ひとり。よほどのお祭好きか。昼食後に近所の商店街を通るところを見物しに行ったが休憩所でお菓子をもらってなにやら楽しそう。

帰宅してネットニュースを見たら“加藤和彦自殺か”の文字が。
まだ良く分からないけれど、各紙のサイトにも載っているから誤報ではなさそうだ。
自殺するようなタイプだったのかなあ?魔が差したのかなあ。
それにしても軽井沢のホテルか・・・らしくはあるが。それにしてもだ。
やるべきことはやりつくしたって。じゃあ隠居してりゃいいじゃん。

音楽的にはフォーク・クルセダーズ、ミカバンド、ソロ活動と、つねに時代を先取りしたサウンドメーカーとしての評価が高いのは当然として、私には80年代に女性アイドルに提供した作品群がお気に入り。

加藤和彦を追悼してbest10を選んでみました。作詞/編曲も付記しておきます

10位 チャンスと口紅 ポニーテール 阿久悠/青木望
9位 テレフォン・キッス 若林志穂 安井かずみ/白井良明・国本佳宏(CD化されていない?)
8位 妖精の詩 アグネス・チャン 松山猛/馬飼野俊一
7位 花のように ベッツィ&クリス 北山修/青木望
6位 ブルージン・ボーイ! 森下恵理 安井かずみ/武部聡志
5位 卒業 沢田聖子 三浦徳子/国吉良一
4位 どきどき旅行 岩崎良美 安井かずみ/清水信之
3位 ロマンティックしましょう 真鍋ちえみ/清水信之
2位 薔薇と毒薬 高岡早紀 森雪之丞/加藤和彦
1位 だいじょうぶマイ・フレンド 広田玲央名 安井かずみ/清水信之

Reona_hirota

Saki_takaoka
高岡早紀は「眠れぬ森の美女」にしようか「悲しみよこんにちは」にしようか随分迷った。それじゃベスト5が高岡早紀で埋まってしまうのでこれに絞った。それでも1位はなぜか広田玲央名に。あの村上龍のとんでも映画の主題歌ではあるけれど、彼女のウィスパーヴォイスと“だいじょうぶマイ・フレンド~”のフレージングに参ってしまった。そういえばふたりともバレエの経験のある胸の大きな女優さんというところが共通している。
テンからもれたのは、「ボーイフレンド」高見知佳、「いつまでも好きでいたくて」Wink、「不思議なピーチパイ」竹内まりや、「Be My Angel」ちわきまゆみ、「淋しいラッキー・ガール」野崎沙穂あたり。
オールディーズ、ヨーロピアン、フォークとどれも加藤和彦ならではの特徴的な音作りで聞く者を魅惑してくれた。

*ちなみに、手元に音源(アナログ盤、CD、MP3音源含めて)のある加藤作曲シングル曲は63曲。
作詞家別で見ると、当然のように安井かずみが28曲でダントツ。他の作詞家では、フォーク時代の北山修、松山猛が各6曲で、あとは三浦徳子(沢田聖子が2曲)、真名杏樹(すべて高岡早紀)の3曲。


合掌

|

« 一学期終了 | トップページ | ハムスター近況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/46508340

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼加藤和彦:

« 一学期終了 | トップページ | ハムスター近況 »