« 図書館から古本屋、レンタルビデオ店へ | トップページ | 安井かずみを読む »

2009年8月 6日 (木)

中央評論

頼んでいた「中央評論」No266“越境する西洋中世”が届く。
収録されている小澤実“イブン・ファラドゥーンの視線”という論考を読むため。

上の子が学校からカブトムシを二匹もらってくる。なぜか2匹ともメス。しかたがないのでカブトムシを飼うためのケースとオガクズ、エサ(ゼリー)、止り木などを買いにいく。大量に買い過ぎたような気がする。その分長生きしてくれよ。

大原麗子さんが死んだとのニュース。
悲しい死に方だ。だれかお手伝いさんとかいなかったんだろうか。
映画女優としては、日本映画データベースには53本、キネ旬のDBには27本の出演作があるが、私が見ているのは7本だけ。
獄門島』が印象的というぐらいで、映画女優というよりはテレビの人というイメージだ。
合掌

|

« 図書館から古本屋、レンタルビデオ店へ | トップページ | 安井かずみを読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/45853838

この記事へのトラックバック一覧です: 中央評論:

« 図書館から古本屋、レンタルビデオ店へ | トップページ | 安井かずみを読む »