« 朝からグッタリ | トップページ | 中島みゆき作品 »

2009年7月30日 (木)

楠正弘元教授逝去

大学の恩師楠正弘氏が今月19日20日にお亡くなりになっていたのを今日初めて知りました。
それも、amazonからのメールで師の新刊「仏教信仰と民俗信仰―シャマニズム論をめぐって」を知り、懐かしくなって検索したら死亡記事にたどり着いたという忘恩ぶり。
師の著作で持っているのは「理性と信仰―自然的宗教」1冊のみ。なんせ師の著作はほかに「下北の宗教」「庶民信仰の世界―恐山信仰とオシラサン信仰」「文化学としての日本学」ぐらいですからね。少ない人です。
世間的に知られた人でもないし、学問的評価はあまり高いとは言えないみたいですが、自然宗教や理神論の流れに興味を持つことが出来たのは師のおかげだろうし、宗教現象学的な物の見方は社会に出てからも役に立っているかもしれません。
合掌

|

« 朝からグッタリ | トップページ | 中島みゆき作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/45783497

この記事へのトラックバック一覧です: 楠正弘元教授逝去:

« 朝からグッタリ | トップページ | 中島みゆき作品 »