« 「イブン・ジュバイルの旅行記」 | トップページ | 映画ベスト10 »

2009年7月15日 (水)

今頃『おくりびと』

ずっと見送ってきた『おくりびと』をやっと借りる。
多分私の好みではなさそうな気はするが、もはや旧作扱いだしいい加減見ておこうかと。
もう1本は『その日のまえに』。これも人が死ぬ話だけど、大林監督だもの当然こっちが本命。
>残念。『その日の…』はやっぱり説教臭いな。死の直前まで母親の病気を隠されていた子供たちは後々相当尾を引くと思うけどな。喫茶店のDV夫のシーンは異様に浮いていたが何だったんでしょう。なんか全編死に瀕した妻の幻みたいでもある。
>『おくりびと』は既視感たっぷり、ほとんど想像した通りの映画。それに、冒頭でホモセクシュアルを笑いに使う神経が信じられない。あれですっかり醒めてしまった。妻との和解、父親との和解、寡黙なまま主人公はみんなと和解をしていくことになるのだけれど、いささか都合良過ぎやしませんか。ついでに言わせてもらえば。ここでの本木くんの演技は嫌いなほうに属する。広末さんの魅力がうまく出ているとも思えず。ヒーロー、ヒロインに共感することもできませんでした。

そろそろ昨年の映画もめぼしいところは出尽くした感じ。
残りは、まだDVDが出ていない『青い鳥』『パークアンドラブホテル』と見落としてる『ハッピーフライト』『石内尋常高等小学校 花は散れども』ぐらいかな。

ショック!!
作成したデータがない。
フォルダの中味が消えている。参った。2週間が無駄になった。

|

« 「イブン・ジュバイルの旅行記」 | トップページ | 映画ベスト10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/45639589

この記事へのトラックバック一覧です: 今頃『おくりびと』:

« 「イブン・ジュバイルの旅行記」 | トップページ | 映画ベスト10 »