« 臓器移植法改正案 | トップページ | 六本木にて »

2009年6月20日 (土)

猫の精密検査

大宮の母親が飼っている猫が、このところ日に4度も痙攣を起こして、顔をかきむしったりのた打ち回ったりしていた。近所の動物病院に行ったところ、脳の精密検査をしたほうがいいと言われ、練馬の病院を紹介された。ここは一般の外来ではなく、獣医さんに紹介されて検査をするだけの病院とのこと。兄が都合がついたので、自動車に乗せてきてくれた。
わりとうちに近いので、猫が検査をしている待ち時間に富士見台のファミレスで会うことに。
子供たちと一緒にチョコバナナパフェとかソフト白玉あんみつとかを食べたが,運の悪いことに、ちょうどその日に下の子が虫歯を抜いたばかり。ガーゼを埋めていたので何も口にすることが出来ない。グダグダ聞き取れない文句を言っていたが、みんなが食べ終わる頃にガーゼが取れる。取れてみたら血も出てないし大丈夫ということになって、マンゴーヨーグルトソフトを頼み、ニコニコに。まったく世話の焼ける話だ。>検査結果によると脳の異常ではなかったらしい。鼻の中の腫瘍が原因とのこと。手術をしないで治療するということなのでひとまず良かった。

|

« 臓器移植法改正案 | トップページ | 六本木にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/45431499

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の精密検査:

« 臓器移植法改正案 | トップページ | 六本木にて »