« 三木たかし逝去 | トップページ | 東方の驚異 »

2009年5月12日 (火)

図書館で5冊

図書館で5冊借りる。
A面B面―作詞・レコード・日本人」「歌詞集 いつだって「夢の途中」」「千家和也の作詞の本」と作詞家が自分の曲についていろいろ語っている本を3冊。
あとは「哲学の歴史〈第3巻〉神との対話」と「日本大王国志」。
「哲学の歴史」は、私がまったく理解できていないアウグスティヌスだのスコラ哲学だの中世を扱った巻。ちょいとつまみ読みでもしてみようかと。
「日本大王国志」は、江戸初期の長崎のオランダ商館長フランソア・カロンによるもので、ぜひ持っていたい1冊。原著が古いため、訳文が読みにくいのは我慢するしかないけれど、日本の制度や産業、地誌など多岐にわたる記述は興味深いところ。

|

« 三木たかし逝去 | トップページ | 東方の驚異 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/44989914

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館で5冊:

« 三木たかし逝去 | トップページ | 東方の驚異 »