« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年3月20日 (金)

早朝から

早朝も早朝、まだ明けやらぬ四時半過ぎ、母親に緊急に渡すものができたので大宮へ。
まあ、用件は何事もなくすんだが、行き帰りの電車で仕事をなどという甘い予定はぶっ飛んでお休み。危うく別な駅で降りそうになる始末。

野球。韓国に勝って良かったね。対戦相手はベネズエラよりアメリカで良かったんだよね。まさか韓国がベネズエラ狙いで勝負を捨ててきた何ていうことはないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

桜はもう少し

昨日にまして朝からポカポカ。今日は暑くなりそう。
千川通りの桜並木のつぼみも開きかけて、もしかすると今日の暖かさで開花し始めるかも。
朝、紀伊国屋に注文していた「Four Island Utopias」が届く。2週間ぐらいとは意外に速い。
エウヘメロスとイアンブロスのユートピアについて書かれた適当な邦語の本がなかったので、無理して英語の本を買ってみた。果たして、私のおぼつかない英語力で読めるのか?内容は、原典を英訳して紹介している(多分大学のテキストみたいな)もので、著者は古代ギリシア語文献の英訳をいくつか手がけている人なので、トンデモ本ではないと思うのだが。

夕方、千川通りを通ったが桜はまだだった。
ついでに図書館で薬師丸ひろ子の『シングルズ』を借りる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

大宮の猫

母親が留守をするというので猫の世話をしにいく。
古株の1匹は久しぶりに会ってもゴロゴロいって撫でさせてくれるが、後から来た1匹(といってももう10年はいるんだけど)はしばらくカーテンの陰に隠れて姿を見せない。
帰る頃になってようやく餌を食べに出てきて触らせてくれた。
帰りに保育園に寄って、スイミングスクールに行く小鳥を拾って帰宅。
行き帰りの電車、スイミングスクールの見学室で本を読みつつひたすら居眠り。

またしても新作半額の日なので3本。
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』『接吻』『おろち
『連合赤軍』『接吻』は当然の期待作で、『おろち』が大穴狙い。実はこれが本命か?
ただ問題は1泊2日でこの3本を見ることが出来るかどうかってことだ。
>『おろち』はいい。いろいろ不分明なところはあるけれど面白い.。
普通に観れば、木村佳乃vs中越典子の迫力あるぶつかり合いがメインなんだろうけど、ひねくれものの私は谷村美月嬢の錆びれた演歌と体の線を強調したメイド姿(ってメイドカフェの制服みたいのじゃないよ)が見所。ただし彼女、何をやっているのか役割がサッパリ分からん。それゆえ谷村嬢は行き当たりばったりの演技。そのあやふやさもまた不思議な魅力。とにかくへんな映画だ。
『接吻』。小池栄子さんが素晴らしい。嬉々としてノートを作っている彼女がいい。だが・・・映画として面白いかというとまた別。彼女の妄想に対する豊川、仲村ご両人が弱い。衝撃のラストも刑務所の職員もしくは仲村君の怠慢としか見えない。
『連合赤軍』。リンチシーンはもういいやっていう気がして、後半はグッタリ。私としては、むしろ連合赤軍前史のお勉強が面白かったし、伴杏里さんが重信房子というあたりがグッと来ましたね。ただ、若松孝二がわざわざ“実録”と称してこんな普通のいい映画を作ってしまうとは、それが最大の不満だな。
ところで、この3本どれもこれも妄想に取り憑かれた女性の映画だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

1000円ヘアカットどころの騒ぎじゃない

最近髪の毛がパサパサで目にかかって気になってきたので、池袋で1000円散髪。

午後、使用中のコンピュータがいかれる。HDDを読み込めなくなった。というより前から時々変な音を立てていたHDDがお陀仏になってしまったようだ。
外付けHDに基本的なものは保存してあるんだが、今の仕事は保存してなかった!マズイ!!
いちおう古い(window98の)PCを起動してやり直しだ。
と思ったが、暫く使っていなかったからか、なんかサイトの表示がおかしい。
>IEをダウンロードし直したらやや正常化したが、安定していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

南山宏躍起だな

ポカポカ陽気で気持ちいい。
保育園帰りに予約していた「オカルティズムへの招待」と『スローモーション~Idol Songs』を受け取る。前者は渋沢龍彦、種村季弘、池内紀など有名どころが集まったアンソロジー。CDは秋ひとみ狙い。

夕方、amazonマーケットプレイスで買った「プラトンのアトランティス」が届く。後書きだけ読んだら、超古代史やら宇宙人で有名な南山宏が本文の否定に躍起(ってもう10年前の本だけど)。どうやらボーダーライン文庫とかムー的な世界を好む人向きではないまっとうな本らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

回転寿司日和

午前中駐車場で子どもたちの自転車練習に付き合う。
気温はそんなに上がっていないが、風が弱くて日差しがあるいい天気になった。
昼食は隣の駅の回転寿司までぶらぶら。
海苔巻き中心にした子供たちと大人の食べる量が同じくらい。食べるようになったもんだ。
駅前のスーパーで食材を買って帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

卒園式

小鳥の保育園の卒園式。
風雨が強いという予報だったが、傘をさしていける程度だったので一安心。
といってもやっぱり雨は雨。運のない小鳥です。
卒園式は、同じ敷地内のお寺の本堂で。
いつもは小さな声の小鳥も、巣立ちの言葉ではしっかりとセリフをいって、立派立派。
他の子もいつもに増してしっかりしていました。
卒園式の後は、園のホールで謝恩会。
ビンゴ大会じゃ小鳥は3等賞を獲得して大喜び。
先生たちが歌や踊りでお祝いしてくれると、子供たちは興奮してはしゃぎまわっていました(そろそろお疲れモードの子供たちは、グダグダで統制が取れなくなっていたけど)。
なんだかんだで、いっぱいお土産をもらって、あ~あ疲れた。
まだ2週間ぐらいは保育園に通うんだけど、それはともかくがんばったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

啓蒙のユートピア第2巻

小鳥はようやく熱も下がって保育園へ。
でも、北風が強くて、自転車の後ろでまるで仮死状態のように縮こまっていた。
昼ごろから風も収まり過ごしやすくなる。

小鳥を迎えに行く頃には春先らしいいい陽気。
図書館で予約していた本を2冊とCD2枚。
本は「啓蒙のユートピア〈2〉」と「自然の法典」。
「啓蒙のユートピア」は待ちに待った1冊。借り出し期間中に全部読むなんて無理だけど、いちばんの注目はラッセ侯爵の「しあわせ王国記」かな。
CDは『庄野真代シングル・コレクション』と『昭和元禄トーキョーガレージ』。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

今日も休み

あらら。今朝も37.4℃。小鳥はお休みです。元気なんだけどねえ。
そろそろ治ってくれないと卒園式が迫ってるぞ。

保育園のついでに寄ろうと思っていた小茂根の図書館に、返却日も過ぎていたので仕方がないから行くことに。
予約していたCD5枚を受け取る。
GOLDEN J-POP/THE BEST 本田路津子』『60’s ビート・ガールズ・コレクション』『呉田軽穂作品集~秘密の花園~』『アイドル宝石箱』『音故知新~ときめきの歌があった…。
こうして並べると本田路津子みたいな70年代初頭のフォーク、しかもURCやエレックではなく、カレッジフォークの流れを汲むフォーク歌謡は異質に思えるかもしれないけど、私の中ではけっこう重要な位置づけなんだなあ。
錬金術関係を検索して引っかかってきた本があったが、書棚をいくら探しても見つからない。よくよく見たら児童書だった。さすがにそれは諦める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

今日は小鳥

小鳥を着替えさせてさあ出かけようというときになって、鼻水が出るというので熱を測ってみたら37.5℃。
こりゃいかんと休ませる。機嫌もいいし気がつかなかった。
そういえば、保育園じゃまたインフルエンザが出たらしいから、卒園式も近いし、気をつけないとね。

昼食後、小鳥を連れて郵便局へ。お年玉などで貯めたお小遣いが多くなってきたので、通帳を作って貯金をすることに。以前から言っていたのを本人が思い出して、郵便局へ行こうとせがんできた。
そのあと、保谷の図書館へ。予約していたCDはまたしても期限を過ぎて流されていたが、いや本当は1枚まだ期限内のCDがあったんだがなぜかそれもキャンセルされていた。まあしょうがないので、「錬金術師の伝説」と「地図の文化史―世界と日本」を借りてくる。
小鳥は「作ろう!あそぼう!!おりがみ188てん」。
そのあと同じ建物のSEIYUで朝食用のパンやバナナなどに加えて、ついでに折り紙を買わされてしまう。
電車でうつらうつらとし始めた小鳥は抱っことおんぶで帰宅。まあ熱もあることだしいいか。でもずっと持っているとさすがに重くなったと実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

瑞鳥の腹痛

深夜、瑞鳥が布団の中でうなり出す。
どうしたのか聞いてみると、「お腹が痛い」と言って涙を流している。
どうやらお腹が張っているようだ。しばらくなぜていると、1時間ばかりしてようやく眠った。

朝起きても、また痛いという。無理して学校へ行っても迷惑をかけるだけなので休ませる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

何もない日

どんよりと曇りで寒い。
昨日出かけておいて正解でした。
近所にちょっと買い物に出かけただけで、あとはグダグダ。
こういう日は子供たちがけんかばかっりだ。

サイトの年度別ベストテン日本映画&外国映画に2008年度を追加。ともにまだまだ途中なので、いいのを観たら随時変更します。っていうかこれ以上変化がなかったらあんまりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

散歩日和

小鳥の運動着や学帽を学校指定のしょぼい店に買いに行く。
独占商品は高いという証明のような値段。
風が弱かったせいで散歩日和だったので、ついでに本の返却と予約していたCDの受け取りに鷺宮までぶらぶら足を伸ばす。
予約していたのは『中村八大作品集』。
4枚組とは知っていたがまさかタバコのカートンのような箱入りが渡されるとはびっくり。
図書館員も「すごいですね」というほど。
練馬や板橋の図書館なら箱から出して、バラバラに貸し出しているところだ。
モスバーガーでひとやすみしてからブラブラ帰宅。

Jリーグスタート。
山形勝ったね。頑張って欲しいねえ。
J2もスタート。へえ富山が福岡と引き分け。
分からんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

園外保育は雨で中止

小鳥の保育園では、この時期園外保育と称して近くの豊島園に遊びに行きます。
とくに年長さんは、卒園の思い出にと丸一日いろんなアトラクションに乗ったり出来るお楽しみなのですが、残念ながら今年は朝からの雨で中止。
せっかくリュックを準備していた小鳥にはかわいそうなことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

指が足りない

銀行の手続きに手間取って午前中を無駄に使う。
いや、こっちのせいなんだが、そんなに面倒なら今日やらなかったのにというお粗末でした。

自転車での帰り道、小鳥は大声で足し算の練習をしている。
「1足す1は2でしょう、2足す2は4でしょう…」。
なぜか同じ数同士の足し算ばかり。
10足す10まで行ったところで、「10以上は指が足りないから足し算できないね」と言ってくる。
瑞鳥のときよりも計算という概念は早く掴まえているようだ。
小学校で勉強するのも楽しみにしている。
問題は人間関係というか、大人数のなかでやっていけるかってことだな。

保谷の図書館で借りたのはCD3枚。
COLLECTION II』中山美穂
決定版 夏木マリ
キテレツ大百科 スーパーベスト
『キテレツ』には守谷香、森恵、坂上香織がはいっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

雪はなし

朝起きると期待の雪は影も形もなし。
な~んだ。

近所のビデオ屋の新作半額デーで『ぐるりのこと。』『アキレスと亀』『フライング☆ラビッツ』。
ちょっと出遅れたら、目当てにしていた『実録・連合赤軍』や『闇の子供たち』『接吻』『純喫茶磯辺』『デトロイト・メタル・シティ』『蛇にピアス』は、すでに借りられていたので『ぐるり…』以外は次善の策だな。
>『ぐるり…』は確かにいい映画だ。木村多江はいい。身につまされる部分もたくさんある。だが、何故彼らにもっと詰め寄らないのかなあ。裁判でストーリーは分断されてグイグイと引き込まれていかない。確かに、凶暴な社会というものを映す鏡として、そこに漂うふたりといいたいのだろうけど、木村さんだけがその役を一身に引き受けて、夫のほうは我関せずで妻を見ている。包容力のあるいい人のつもりなんだろうが、そこのところが気にかかる点ではある。いや夫だって傷ついているんだっていうのかもしれないが…。
『アキレス』は絵描きつながりだ。『ぐるり』は食えてるがこっちは食えてない。実に迷惑な主人公であるが、そんなに悪い気はしない。少年&青年時代は情緒過多で凡庸な映画だったが、たけしが主演をする晩年編が面白い。馬鹿だなあとも思うが、自分自身も相当に迷惑な人間であることを自覚しているので、決して他人事ではない。ただ、娘が、おそらくは売春をしてその相手に殺された(違うんだろうか?)というのは暗然としてしまって、ラストのハッピーエンドが信じられなくなってしまう。
『フライング☆ラビッツ』。悪くない。石原さんがバスケット選手に見えないのは百も承知でなお、最後まで飽きずに見られた。決して感動するタイプの映画ではないけれど、これはこれでありでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

雪になるはず

寒い。自転車で小鳥を送っていたら頬が痛くなってきた。
天気予報も夕方から雪だ。

図書館で「中世の異端者たち」「悪魔の文化史」の2冊とCD3枚。
えっ!あの人がこんな歌を…。
昭和元禄トーキョーガレージ
LOVE,YA-THE BEST OF TAKAKO-』太田貴子のNECアベニュー時代のベスト。

夕方になってもなかなか雪にならない。朝から楽しみにしていた瑞鳥はブーブー。
夜になってようやく降ってきた。明日の朝には積もっているか?

小沢一郎の公設秘書が逮捕。
まあどう考えたって角栄の弟子たる小沢がクリーンなわけないし。小沢はきっと記者会見なんかまともに出来ないだろうし、民主党つぶしを狙う政府自民党にひっかかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

bookoffから5枚

金曜深夜に注文したブックオフオンラインのCDが午前中にもう届いた。
ルート246」「Coffee&SingingGirl!!!」「Highway Star,Speed Star」「クラクション」「小さなひかり。」の5枚。
深田恭子がいちばんの目玉で、ルラルとかfra-foaが大穴かな。
いやあfra-foaってバンド名なんですね。女性ヴォーカルのソロプロジェクト名なんだと思ってました。

光が丘にお買い物。
帰りに小茂根図書館へ行って予約していたCD4枚受け取る。
KYON3』『ジャスミン』『ツイン・ベスト / 西村知美』。
『KYON3』はバラバラなので、シングルA面のDisc1と2を借りる。

駅前の本屋で小鳥用に「小学1年生」の4月号を購入して帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »