« 期待はずれの『歩いても歩いても』 | トップページ | サラリーマン向けアマンド »

2009年2月 5日 (木)

映画芸術

映画芸術のベストテン&ワーストテン発表号がamazonから届く。
こうきたか。
去年は、これまでと変更してベストの得点からワーストを引かなかったが、今年は元に戻してベストからワーストを引いている。
その結果。「ノン子36歳」が1位になったというわけでした。
ベストの得点だけなら、
1 トウキョウソナタ 125
2 実録連合赤軍  116
3 接吻        102
4 ノン子36歳    84
5 闇の子供たち  79
6 ぐるりのこと    57
7 人のセックスを笑うな 55
7 PASSION     55
9 花は散れども   51
10 カメレオン     48
となる。
上位3作品が減点されたのに対して、「ノン子」だけが減点ゼロ。
「映芸」らしいといえばそれまでだが、41点差の逆転して最終的に上位4作品は、84、83、82、81点と1点差で並ぶことになる。
いささかやりすぎの嫌いあり。

|

« 期待はずれの『歩いても歩いても』 | トップページ | サラリーマン向けアマンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/44206389

この記事へのトラックバック一覧です: 映画芸術:

« 期待はずれの『歩いても歩いても』 | トップページ | サラリーマン向けアマンド »