« 保谷図書館 | トップページ | 事件現場を素通り »

2008年11月29日 (土)

レヴィ=ストロース、100歳

フランスの文化人類学者クロード・レヴィ=ストロースが、28日に100歳の誕生日を迎えたそうです。
構造主義人類学の人です。メルロ=ポンティボーヴォワールと同級生で、サルトルと論争したというぐらいだから、相当昔の人のようでもありますけど、まだ生きているんですねえ。みなさん、みすず書房の白本が学生の本棚を席巻していた時代の人ですもんね。
まあ、私は神話の構造分析みたいなことで読んだんですけど、南米神話のあたりはいいんだけど、ギリシア神話になるとホンマかいなという気がしてしまったもんです。あの分析は面白いけど、レヴィ=ストロースだけが使える芸術作品じゃないかって言うことですよね。
そうはいっても、80年代以降はポスト構造主義とかいわれても、論敵サルトルが一顧だにされないのに比べて現代思想の基盤を作ったといっていいんじゃないのかな。どっちもソシュール経由ってことですけど。少なくとも構造分析という方法は、その分析の当否ではなく、誰でも使える便利な道具になってますからね。

夕方、練馬のお酉様へみんなででかける。
たこ焼き食って、宝石すくいをして、揚げ餅買って、焼きそば、じゃがバタ食って、チョコバナナ買って、腹いっぱい。

|

« 保谷図書館 | トップページ | 事件現場を素通り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/43268780

この記事へのトラックバック一覧です: レヴィ=ストロース、100歳:

« 保谷図書館 | トップページ | 事件現場を素通り »