« 「黄金郷伝説」 | トップページ | 運動会係 »

2008年9月28日 (日)

秋寒

気温が上がらない。20度くらいとはビックリ。
池袋へ行く。
西口公園でふくろ祭りをやっていた。
ステージでは“何やら太鼓”が大音響で叩きまくり、としまくんやドナルドくんがいたり、なかなかの盛況。
子供たちはガンダムの形のフワフワの家で、飛び跳ねて大喜び。

近所のビデオ屋で『鏡の女たち』。吉田喜重の最新作です。
>記憶が生命を形作り、物語を生み出していく。まあ吉田喜重らしい作品。
自分を生んですぐ行方不明となった母親かもしれない女性が現れる。
彼女は記憶を失っていた。名前も経歴もまったく覚えていない。
祖母と暮らしていた娘と“母親”が記憶を求めて広島へ行く。
心の迷宮でありうべき答えを求めても、何が真実かという答えは当然示されない。
女優たちの演技は端正でいうことなし。
これでエロスの感覚があればなあ。

|

« 「黄金郷伝説」 | トップページ | 運動会係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/42629260

この記事へのトラックバック一覧です: 秋寒:

« 「黄金郷伝説」 | トップページ | 運動会係 »