« 『20世紀少年』のこと | トップページ | 雨の晴れ間に »

2008年9月20日 (土)

イブン・シーナの小説

図書館で「ペルシアの彼方へ―千年医師物語〈上〉〈下〉」とCDを4枚、『ゴールデン・ハーフのシングルコレクション』『シモンズ ベスト・ヒット』『ザ・ジャガーズ物語』『ぽ 1970』。
「千年医師物語」は、11世紀のロンドンの医師がペルシアで修行をする話らしい。細かくは違うかもしれんが大体はそんなところ。イブン・シーナが出て来るというのでちょっと気になっていた作品で、ざっと読んで面白かったらBOOKOFFで入手しようかと。
音楽はいつものベスト物ばかり。最後の『ぽ』はポニーキャニオンの1970年代のヒット曲集。鹿内孝の「本牧メルヘン」を聞きたくてね。

子供たちは、折り紙の本や星の本、算数の本なんかを借りる。
マックで昼食をとって帰宅。

しばらくすると、マンション中に非常ベルが鳴り響く。いつまでたっても消えないので廊下に出てみると、他の部屋からもゾロゾロ出て、みんなで原因を探っている。
どうやら、3階の住人が間違って押してしまったらしい。消防車まで来たが、なかなか解除できずに、大騒ぎでした。

|

« 『20世紀少年』のこと | トップページ | 雨の晴れ間に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/42552673

この記事へのトラックバック一覧です: イブン・シーナの小説:

« 『20世紀少年』のこと | トップページ | 雨の晴れ間に »