« 携帯故障 | トップページ | 善き人のためのソナタ »

2008年5月22日 (木)

携帯を修理へ

小鳥を送った後、早速AUに向かうが、開店は11時。
それまでBOOKOFFをブラブラして、上原あずみの1stアルバム『無色』を買う。
シングル曲が5曲も入っているからbestに近い。
「青い青いこの地球で」と「無色」はあるけど、持ってなかった「Bye Bye My BLUE SKY」が入ってるからOK。
前にも書いたけど、上原さんの声は泣きが入っていていい。

それでもまだ時間がつぶれないので床屋にいって髪を短くする。
ようやく開店したAUへ。
新しいのに買い替えをしようとも考えていたが、話の成り行きで修理に出すと言うことで代用器を受け取ってくる。
代用器のほうがずっと性能がいい。

古書店で、最近図書館で借りたシェリーの「鎖を解かれたプロメテウス」を見つける。
アトランティスの記述を含むということで手元に置いときましょう。
しっかし、詩劇という創作スタイルというのは、馴染みがないなあ。
韻文であり、しかも上演されざる劇の台本という形式だもんなあ。

図書館で予約していた「実利論―古代インドの帝王学 上」を受け取る。
だいたい紀元前2世紀から2世紀の頃に成立したらしいんだけど、マキャベリもびっくりの権謀術数を駆使して統治せよという君主論。
なかに理想都市(?)の記述があるというので、これもユートピア関連かと思い確認のため。

|

« 携帯故障 | トップページ | 善き人のためのソナタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/41291335

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯を修理へ:

« 携帯故障 | トップページ | 善き人のためのソナタ »