« 恋のジザベル | トップページ | 携帯故障 »

2008年5月20日 (火)

バジル・ウィリー3部作

朝は嵐。
雨が思ったよりも早く小降りになってくれて助かった。
図書館で予約していた「十九世紀イギリス思想」バジル・ウィリー。
十七世紀の思想的風土」「十八世紀の自然思想」と続く三部作なのだが、なぜか練馬区の図書館にあるのはこれだけ。
前二著に比べてキリスト教寄りの内容で、私の興味からはやや外れるけれども、いちおう目を通しておこうかと思ってね。

TSUTAYA半額クーポンで『パンズ・ラビリンス』と『昼顔』。
『パンズ・ラビリンス』は昨年の洋画でいちばんの期待作。
『昼顔』はもちろんブニュエルの名作。

自転車BGMは「涙をひとつ」ザ・ナポレオン。
ほとんどムードコーラスのようでもあるけれど、それでも今となってはこういうのがGSっぽいともいえる。
ついいっしょに歌ってしまいます。

|

« 恋のジザベル | トップページ | 携帯故障 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/41291285

この記事へのトラックバック一覧です: バジル・ウィリー3部作:

« 恋のジザベル | トップページ | 携帯故障 »