« 年金特別便 | トップページ | また冷え込む »

2008年3月11日 (火)

交通事故

暖かい一日でした。

小鳥を迎えに行く途中、交通事故に遭遇。
いつも利用している図書館前の曲がり角で、横断歩道を歩行中の親子連れ(といっても親が50‐60歳で子供が20-25歳ぐらいかな?)に右折してきた宅急便のトラックがぶつかったらしい。横断歩道に倒れていて飛ばされてはいない模様。倒れていたるのは子供のほうで頭から血を流して顔色は真っ白。
こっちは事故の起きた交差点に反対側から向かっていて、しかもややカーブがかかっているので、ぶつかった瞬間は見ていないけれど、運転手はあわててトラックをバックさせ、近くを歩いていた人たちは駆け寄る真っ最中。
みんなが119番や110番に電話をしていたので、私たち後からきた人は手分けして後続車に止まるように合図。
ケガ人は最初ぐったりしていたが、そのうちうめきながら起きあがろうとする。父親は軽傷だったようだが、子供を抱えてオロオロしているので、近寄って様子を見ていた男性が、頭を動かしちゃだめだといって子供を寝かせようとしていた。
そうこうするうちに、救急車が2台到着。警察官が1人走ってくる(おそらく、近くの派出所からだろう)。遅れてパトカーも到着。
迎えの時間もあるので、その場を離れたが、帰りに通ったら、現場検証の最中であった。
たぶんトラックの前に急に歩行者が飛び出したのであろうが、横断歩道となるとドライバーの責任でしょうね。

きみにしか聞こえない』。成海さんの役って『神童』『あしたの私のつくり方』と共通してるね。
ケータイ、ピアノ、体操のバスケの授業。見たようなシーンの連続です。
なによりどれもクラスの輪の中に入れないヒロインだ。
彼女にはそういう雰囲気があるけど美少女すぎるから可哀想という気にはならないんだよね。元気なのは『転校生』ぐらいか。
ストーリーは、おそらく作り手側はやったぜと思う謎があるんだが、見ている人は誰も途中で気がついてしまうでしょう。
ま、それでも成海さんのかもし出す緊張感が作品を持たせています。
ドリカムの主題歌は押しつけがましすぎる。

|

« 年金特別便 | トップページ | また冷え込む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/40471028

この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故:

« 年金特別便 | トップページ | また冷え込む »