« 『転校生 さよならあなた』と『キサラギ』 | トップページ | 春一番 »

2008年2月22日 (金)

『アヒルと鴨とコインロッカー』。

DVDで『アヒルと鴨のコインロッカー』。
私が学生時代を過ごした仙台が舞台です。
前半は、あまりのつまらなさにどうなることかと心配になりましたが、“ブータン”人が登場してから話がイキイキと動き始めてこっちも楽しめました。
ただし、いささか作為が先に立っていて伏線の回収に追われている印象も。
アイデアも面白く関めぐみや主人公の情けない男の子もいい味を出していただけに、やや策に溺れたのか?

小鳥は久しぶりに保育園に。
保母さんたちに抱っこされ「元気だった~」と聞かれて、ひたすら照れていた。

USBメモリーの容量が不足気味だったので新しいのを購入。今度は2Gだから私のようにテキストがメインなら充分おつりがくる。

|

« 『転校生 さよならあなた』と『キサラギ』 | トップページ | 春一番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/40255009

この記事へのトラックバック一覧です: 『アヒルと鴨とコインロッカー』。:

« 『転校生 さよならあなた』と『キサラギ』 | トップページ | 春一番 »