« SF名作2冊 | トップページ | 保護者会 »

2008年2月27日 (水)

邪魅の雫

京極夏彦の「邪魅の雫」。
電車の中とかトイレで休み休み読んでたから、あんまり繋がらないまま読み進むと、後半急転直下ですっきり。
大まかのところは予想通りで、意外性のない結末。それにしても、反則気味の情報が後から出てきてそれはないぜとブツブツ。
魑魅魍魎がいないと、ただの二時間ドラマ(いや2時間じゃ終らないけど)になってしまう。

|

« SF名作2冊 | トップページ | 保護者会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/40395794

この記事へのトラックバック一覧です: 邪魅の雫:

« SF名作2冊 | トップページ | 保護者会 »