« 映画芸術ベスト&ワースト | トップページ | 2007年邦画 暫定ベスト10 »

2008年1月17日 (木)

東京タワーと渋谷区円山町

DVDで『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』と『渋谷区円山町』。
『東京タワー』は、キチンと丁寧に作られているし、悪くはない。
でもだ、主人公のダメな部分が言葉で説明はされているけれど、アッサリと通り過ぎてしまったので、才能があって、成功した孝行息子の話みたいになっている。
それのどこがイカンのじゃと言われると答えに窮するのだけれど、それじゃ優等生過ぎてつまらんでしょうが。
その辺が物足りない。
『渋谷区円山町』は、微妙だな。映像は安手だし、先生と女子高生のゴチャゴチャもどこかで見たような話で、ヒネリはない。榮倉さんはもちろんいい。それだけじゃちょと辛い。
後半のイジメられっ子と一匹狼の友情の方がずっとイキイキとしてる。仲里依紗さんが可愛いかったしね。
そういえば、これも学校の屋上が出てきた。『檸檬のころ』といっしょ。

|

« 映画芸術ベスト&ワースト | トップページ | 2007年邦画 暫定ベスト10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/17722888

この記事へのトラックバック一覧です: 東京タワーと渋谷区円山町:

« 映画芸術ベスト&ワースト | トップページ | 2007年邦画 暫定ベスト10 »