« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

TSUTAYAとBOOK OFF

TSUTAYA半額デーなので、去年の『しゃべれども しゃべれども』『恋する日曜日 私。恋した』と旧作2本。
旧作は見なくちゃいかんのだけど、新作の方は危ないな。忙しくて見ないで返してしまうかも。世評は『しゃべれども…』の方が高いけど、私としてjは堀北さんだけは見逃さないようにしようっと。

同じ建物にあるBOOK OFFで安売りしてたから、新書を2冊で500円。
デパートを発明した夫婦」と「秘密結社の世界史」。
2冊とも物知りというか愛書家で知られる著者だから、知ったかぶりしたい人(もちろん私のことです)にはピッタリの本でしょう。

Key_of_life
自転車BGMは、「Love Story」。Key of Lifeってのがいかなるユニットなのかよく分かりませんが、甘ったるい女性ヴォーカルと男性のラップが絶妙にヘンです。女性ヴォーカルは本気で歌謡曲ですし、男の方は気持ち悪いです。まあそれでも捨てがたいのは、女声の粘っこさについついほだされてしまうからなでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

映画芸術最新号

「映画芸術」のベスト10発表号が出てました。
おお、1位「サッドヴァケイション」と2位「それでもボクはやってない」の差は1点だったんですか。
フムフム。
あれれ、今年のベストはワーストをマイナスしてないんですね。
ベストとワーストは相殺すべきものではないという説明も一理ありますが、もともとベストテン選びなんて合理的な方法があるわけじゃないんだから、連続性を重視して、採点方式を変えないで欲しいね。
今年は、珍しいことにベストテン内ではワーストで点を引いても、順位に変動はないみたい。
去年だったら、50位の「ゆれる」なんてベストだけなら10に入ってるし、05年なら1位が「リンダリンダリンダ」から「パッチギ」になってる。
これが「映芸」の売りだったんじゃないの?

それにつけても編集後記に泣かされた。
荒井晴彦ってそんなに仕事ないの?
いや身につまされる。

夕方、大宮の祖母から子供たちにキーボードが届く。
5オクターブで、鍵盤が光って次に弾くところを教えてくれるやつ。
光ナビゲーションっていうんだそうだ。
帰ってきたふたりは大喜びで早速いじってた。
ちょうどアンパンのオモチャのキーボードが壊れたところだったのでラッキーでした。

Cymbals
自転車BGMは「午前8時の脱走計画」。タイトルからしてフリッパーズの影響をモロに感じさせる一曲。土岐麻子のヴォーカルはじつに気持ちがいい。今じゃジャズに行ってしまったんでしたっけね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

ヴンダーカンマー

朝、小鳥を送ったあと、池袋の1000円床屋へ。
いつものように思い切り短くしてもらう。

ついでに「愉悦の蒐集ヴンダーカンマーの謎」を買う。
私のHPの“珍列棚”っていうのもヴンダーカンマーのいただきですから敬意を表さないと。
楽しそうだよなあ、あんなに変な物集めてたら。
そういえば、いま、トイレか電車で断続的に読んでる島田荘司の「斜め屋敷の犯罪」にもそういう部屋が出てくる。

Perfume
自転車BGMは「スウィートドーナッツ」。なんかメジャーになっちゃいましたけど、このころは広島出身のインディーズアイドルみたいだったです。ピコピコした軽い音作りがいいですし、だいいちまっとうにアイドルしているからね。このところの曲は、クオリティは高くなってる分、アイドルじゃなくなってるのが惜しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

ぐだぐだ

昼飯を早くすまそうと思って近くのファミレスへ行ったのに、やたらと混んでいてかえって時間がかかってしまった。寒いせいでしょうかね。

図書館に本を予約したのに取りに行くのを忘れて取り置き期限を過ぎた。また予約し直さなくちゃ行けないらしい。なんか、いろんなこと忘れっぱなし。

橋下弁護士が楽勝した。やっぱり知名度の勝利なのかね。
子育て支援以外どう出るのか分からんが、自民公明の支援を受けたところをみるとそういう政策なんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

森下恵理改めEri

Eri
自転車BGMは「Green&Red」。今どきクリスマスソングっていうのも何ですが、竹内まりやチックなキュートなオールディーズポップスです。歌ってるEriは、元アイドルの森下恵理です。声も特徴的だし、歌も上手いし、ポップなセンスもあるし、相当レヴェル高いと思うんだが、売れなかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

ADSLスプリッタ

朝は日差しが戻って暖かいかと思ったが、すぐに強い北風で冷えてくる。

午後、池袋で懸案のADSLスプリッタを買ってから、小鳥のお迎え。

今のところ接続は順調みたい。やっぱり分配器のせいだったんだね。

そうそうブルーリボン賞が発表になってた。
第50回ブルーリボン賞受賞結果は次の通り。

▽作品賞 「キサラギ」(佐藤祐市監督)
▽監督賞 周防正行(「それでもボクはやってない」)
▽主演男優賞 加瀬亮(「それでもボクはやってない」)
▽主演女優賞 麻生久美子(「夕凪の街 桜の国」)
▽助演男優賞 三浦友和(「ALWAYS 続・三丁目の夕日」「転々」など6本)
▽助演女優賞 永作博美(「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」)
▽新人賞 新垣結衣(「恋するマドリ」「ワルボロ」「恋空」)
▽外国映画賞 「ドリームガールズ」(パラマウント映画配給)
▽特別賞 故植木等
▽邦画ベストテン 「アヒルと鴨のコインロッカー」「キサラギ」「しゃべれども しゃべれども」「それでもボクはやってない」「天然コケッコー」「包帯クラブ」「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」「舞妓Haaaan!!!」「めがね」「夕凪の街 桜の国」
▽洋画ベストテン 「クィーン」「グッド・シェパード」「シッコ」「ディパーテッド」「ドリームガールズ」「バベル」「ブラッド・ダイヤモンド」「ヘアスプレー」「ボルベール/帰郷」「ボーン・アルティメイタム」

『キサラギ』かあ。これは意外だね。『それでもボクはやってない』かと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

雪だよ雪

朝から雪。
去年降ってなかったから久しぶりだね。
やっぱり雪が降ると嬉しくなるのか、あの寒がりの小鳥も、駅まで元気にオシャベリしながら歩いてくれました。

ガーン携帯が料金未納で切れていた。あわてて支払ったけど、まったく情けないったらありゃしない。

Whiteberry
電車BGMはちょうどピッタリの「YUKI」。昨日に続いて北海道のガールバンドWHITEBERRYです。ヘナチョコでポップな感じがいいですね。なかではこの曲がいちばんドラマチックで、作曲はジュディマリの恩田快人。「BLUE TEARS」を思わせたりもする。歌ってるのはYUKI…関係ないけどやっぱ北海道だ。「桜並木道」もwhiteberryらしくていい曲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

去年の本10冊

今頃2007年に読んだ本から10冊選んでみました。
本当は年末に選んだんだけど、載せるの忘れてた。
図書館で借りた本が半分。古本3冊、新刊2冊です。
順番は意味はありません。とはいえ何となく好きな順。

阿呆物語 上中下」古書店で偶然入手できたことといい、内容といい。去年いちばんの収穫。
地上の夢キリスト教帝国―カール大帝のヨーロッパ」端的に僕が無知だっただけだけど、良く書かれた歴史絵巻です。
中世日本の予言書―〈未来記〉を読む」あと10倍は面白くなるはずの不満だらけの本だけど、それでもホラ話の歴史は楽しい。
不機嫌なメアリー・ポピンズ―イギリス小説と映画から読む「階級」」イギリスが階級社会なのは当たり前のことだけど、ネタはいっぱいつまった本。
原罪の庭―建築探偵桜井京介の事件簿」意外性もあるし、衝撃的でもあるし、シリーズ中では1,2の出来です。
狼と香辛料」アニメも始まった話題のライトのベルです。私としては狼少女についての蘊蓄というか、つっこんだ設定がほしい。いや、ただの無い物ねだりですよ。第2巻はいささか退屈でそれ以降は読んでいない。
江戸の英吉利熱―ロンドン橋とロンドン時計」江戸時代をいろんな視点で見せてくれるのは嬉しいことです。ただイギリスがテーマというのはやや無理筋だったような。ちょっとひろってきた素材をつなぎ合わせただけのよう。
インカ帝国地誌」通して読む本ではないけれど、面白い記述が満載でしばらく楽しめる。
誰も読まなかったコペルニクス -科学革命をもたらした本をめぐる書誌学的冒険」やや、冗漫なところが惜しい。もう少しコンパクトにしてくれたら良かった。それが作者の意図だからしょうがないか。
映画監督・舛田利雄~アクション映画の巨星 舛田利雄のすべて~
これは、ちょっとお手伝いした本。

Zone
自転車BGMは「大爆発No.1」。今はなきzone。“ズバババーン”とか楽しい歌詞でサウンドもかっこいい。いや、マジでいい曲だと思うんだが、流行ったのはこういうおバカな曲じゃないんだな。たぶんヴォーカルの人がソロになってもいまどきのヒットっぽい作風なんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

雪はなし

予報に反して雪は降ってません。
瑞鳥は代休。
それに合わせて小鳥もお休みしました。

昼頃瑞鳥のお年玉を持って郵便局へ行く。初めて貯金をするというので大喜び。
小鳥の方は、お金を持っていたいというので、そのまま。

仕事の合間にセンター試験をちょこっとながめる。
日本史、世界史は80点ぐらいで地理は90点ぐらい。
国語はよく分からん。古文と漢文は9割以上できたが、現代文はダメだ。
昔っから作者は何を言いたいかっていうのが苦手なんだ。
おっとこんなことしちゃいられないんだ。仕事仕事。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

ADSL不調

最近、ADSLがやたらと切れる。
原因はADSLと電話線を分岐するスプリッターとの接続の問題なんでしょう。
どうして切れるのかどうして繋がるのかまったく無駄なことに時間をとられる。
昨日まではだましだまし使ってたんだが、今日はいくらやってもだめだったので諦めて直接電話ジャックに繋いでしまった。
だから電話は使えない。ま、携帯があるから、用があればそそっちに掛かってくるでしょう。

夕方、食料の買い出しに駅前のスーパーへ。ドーナッツ屋でひと休み。
小鳥は、どうしたもんだか、ドーナッツもジュースもいらないとふてくされてる。
ただ眠いだけなのか?
その後、レンタルビデオ屋に寄って「ケロロ」その他を借りて帰る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

公開授業

小学校の公開授業。
音楽を見ました。
音楽は担任の先生じゃなくて専門の先生。
私が小学校の音楽の授業といえば、右手でメロディ左手でコード程度の伴奏で歌をうたったものでしたが、その先生の伴奏は実にポップで調子がいい。スイングしながらピアニカ吹いてる生徒もいた。
ピアニカの運指や合唱の声の出し方の指導なんかも専門の先生は上手いや。

夕方、酔鳥がふたりを連れて曾祖母ちゃんのお見舞いに。

こっちはすっかり行き詰まってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

2007年邦画 暫定ベスト10

インターネット映画大賞に投票するために暫定ベスト10を選びました。
暫定も暫定。「キサラギ」も「包帯クラブ」も、見ていない。
もちろん「エクスクロス」も「恋空」(これはもしかしたら見ないかも?)も見ていない。
あくまでも今日現在の投票用です。

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「幸福な食卓」    8点
  「アルゼンチンババア」 5点
  「天然コケッコー」   4点
  「檸檬のころ」    4点
  「サイドカーに犬」   3点
  「松ヶ根乱射事件」 2点
  「さくらん」    1点
  「蟲師」     1点
  「どろろ」    1点
  「魂萌え!」    1点
【コメント】
今年のテーマは地方都市と駄目な父親。時代劇(7,8,9位)をのぞけばそんな映画ばかり。
いっそ「机のなかみ」「渋谷区円山町」「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を入れとけば完璧だったかな。
1位、最後無理矢理のドラマはやり過ぎだったけど、ヒロインの健気さに免じて許しちゃおう。
2位、評判はあまり良くないみたいだけど、気に入った。ときおり現実とのバランスが崩れて白けさせることもあるけれど、あの神話的な作りは悪くない。鈴木京香だっていいじゃないか。
3位はちょっと期待が大きすぎたから、1位にはなれなかったけど、都会っ子の夏帆さんがちゃんと田舎娘になっていたことに二重丸。

【監督賞】              作品名
   [山下敦弘] (「天延コケッコー」「松ヶ根乱射事件」)
【コメント】
ヒロインの魅力に頼らないで丁寧に演出しています。

【主演男優賞】
   [パス           ] (「        」)
【コメント】
男に興味なし

【主演女優賞】
   [北乃きい] (「幸福な食卓」)
【コメント】
夏帆に榮倉奈々と並べれば新人賞と同じ面子。
なかでもっとも華がない北乃さんに。

【助演男優賞】
   [パス           ] (「        」)
【コメント】
男に興味なし

【助演女優賞】
   [木村佳乃] (「さくらん」)
【コメント】
彼女の頑張りがなかったら成立しなかった映画。
しっかし痩せてるなあ。

【新人賞】
   [榮倉奈々] (「檸檬のころ」「渋谷区円山町」)
【コメント】
豊年万作の新人賞だけど、主演を北乃さんに譲ったので榮倉さんに。
彼女のスタイルの良さと指の長さにビックリ。

【音楽賞】
  「アルゼンチンババア」
「さくらん」にしておきゃよかったかな?迷ったけど。


資料用に山ほど借りていた本を図書館に返してして、予約していた1冊を受け取る。
一六世紀文化革命 1」。去年夏頃予約してから半年も待たされていた。評判だからね。「2」も予約してるんだけど、そっちはまだ。いや、この忙しいときに読んでる時間はないんだけどさ。

Swinging_popsicle
自転車BGMは「サテツの塔」。Swinging Popsicleです。曲はアコースティック・ロックみたいで疾走感もあるし洒落てるんだが、詞がちょっとヘンで面白い。
最近聞かないと思ってましたけど、まだバンドで活動してるんですね。失礼しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

東京タワーと渋谷区円山町

DVDで『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』と『渋谷区円山町』。
『東京タワー』は、キチンと丁寧に作られているし、悪くはない。
でもだ、主人公のダメな部分が言葉で説明はされているけれど、アッサリと通り過ぎてしまったので、才能があって、成功した孝行息子の話みたいになっている。
それのどこがイカンのじゃと言われると答えに窮するのだけれど、それじゃ優等生過ぎてつまらんでしょうが。
その辺が物足りない。
『渋谷区円山町』は、微妙だな。映像は安手だし、先生と女子高生のゴチャゴチャもどこかで見たような話で、ヒネリはない。榮倉さんはもちろんいい。それだけじゃちょと辛い。
後半のイジメられっ子と一匹狼の友情の方がずっとイキイキとしてる。仲里依紗さんが可愛いかったしね。
そういえば、これも学校の屋上が出てきた。『檸檬のころ』といっしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

映画芸術ベスト&ワースト

映画芸術のベストテンとワーストテンが発表になりました

ベストテン
1 サッド ヴァケイション(青山真治監督)
2 それでもボクはやってない(周防正行監督)
3 天然コケッコー(山下敦弘監督)
4 魂萌え!(阪本順治監督)
5 松ヶ根乱射事件(山下敦弘監督)
6 叫 さけび(黒沢清監督)
7 しゃべれども しゃべれども(平山秀幸監督)
8 サイドカーに犬(根岸吉太郎監督)
9 国道20号線(富田克也監督)
10 ジャーマン+雨(横浜聡子監督)

ワーストテン
1 大日本人(松本人志監督)
2 俺は、君のためにこそ死ににいく(新城卓監督)
3 監督・ばんざい!(北野武監督)
4 恋空(今井夏木監督)
5 さくらん(蜷川実花監督)
6 オリヲン坐からの招待状(三枝健起監督)
7 スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(三池崇史監督)
8 遠くの空に消えた(行定勲監督)
8 どろろ DORORO(塩田明彦監督)
10 蒼き狼~地果て海尽きるまで~(澤井信一郎監督)

ベスト8位まではまあ、予想外ではない。
「サッド ヴァケイション」が1位というあたりが“らしさ”でしょうね。
でも、9位10位はまったく知らない映画。

ワースト、1位3位は仕方ないよね。
2位も『映芸』なら当然かな。
ただ「さくらん」は意外かな。嫌いじゃないんだけどね。
あと「遠くの空に消えた」は未見ですけどワーストで選ぶほど評判の映画でしたっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

今日も寒い

今日は晴れたけどやっぱり寒い
マックで昼食をしてお買い物。
寒い寒いと言いながら即帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

2007キネ旬 ベストテン発表

2007年度のキネ旬のベストテン発表されました。

 【日本】
〈1〉「それでもボクはやってない」
〈2〉「天然コケッコー」
〈3〉「しゃべれども しゃべれども」
〈4〉「サッド ヴァケイション」
〈5〉「河童のクゥと夏休み」
〈6〉「サイドカーに犬」
〈7〉「松ケ根乱射事件」
〈8〉「魂萌え!」
〈9〉「夕凪の街 桜の国」
〈10〉「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

 【外国】
〈1〉「長江哀歌」
〈2〉「善き人のためのソナタ」
〈3〉「今宵、フィッツジェラルド劇場で」
〈4〉「クィーン」
〈5〉「バベル」
〈6〉「やわらかい手」
〈7〉「ドリームガールズ」
〈8〉「ボルベール〈帰郷〉」
〈9〉「ゾディアック」
〈10〉「パンズ・ラビリンス」

 ▽監督・脚本賞=周防正行
 ▽主演男優賞=加瀬亮
 ▽主演女優賞=竹内結子
▽助演女優賞=永作博美
▽助演男優賞=三浦友和
▽新人女優賞=蓮佛美沙子
▽新人男優賞=林遣都
▽外国映画監督賞=賈樟柯
▽文化映画作品賞=「ひめゆり」

邦画はおおかた予想通り。
「しゃべれども しゃべれども」の3位がいちばん予想外かな。入ってももっと下位かと思ってた。
外国映画はよく分からない。
「ボーン・アルティメイタム」とか「ディパーテッド」とか、評判がいいので入るかと思ってた。

個人賞は蓮佛さんが意外かな。対抗馬が多そうだったからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

新年の挨拶

練馬のお祖父ちゃんお祖母ちゃんのウチへ新年のご挨拶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

謹賀新年

明けましておめでとう
元旦早々、初日の出の前からビデオ&DVDの返却にTSUTAYAまで。
なにやってんだか。
電車から初日の出を見て帰宅。
昼頃、近所の神社へ初詣。

夜、風呂でうたた寝。1時間以上入ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »