« クリスマスツリー点灯 | トップページ | 発表会 »

2007年12月 3日 (月)

松ヶ根乱射事件

DVDで『松ヶ根乱射事件』。
出だしはまんま『ファーゴ』。
信州の片田舎。雪の中で発見された赤いコートの女性死体が生き返る。彼女はヤクザの愛人で彼女をひき逃げしたのは地元の警察官の双子の兄。警察官の家庭はといえば、祖父は痴呆症、父は家出中で、姉夫婦が畜産業を営んでいる。そして、近所の床屋の娘が父の子を宿している。ヤクザは愛人をはねた兄を強請り、金品を要求する。しかし、彼らがこの村に来た目的は他にあった。
微妙なきしみがアチコチで大きくなり、日常が破壊されていきそうな、でもどこかで踏みとどまる。決定的な爆発もなければカタルシスもない。日常は続いていく。でも、それだけでもない。不思議なバランスの映画。
山下監督の説明なしですっとぼけた演出が絶妙。
当然ながら春子の安藤玉恵さんがもうけ役。そして死体の川越美和さんにビックリ。

|

« クリスマスツリー点灯 | トップページ | 発表会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/17270048

この記事へのトラックバック一覧です: 松ヶ根乱射事件:

« クリスマスツリー点灯 | トップページ | 発表会 »