« 学芸会 | トップページ | 集団時代劇 »

2007年11月17日 (土)

ネズミA

学芸会の保護者鑑賞日です。
最初に1年生4人ではじめのあいさつ。
ひときわ小さい瑞鳥が先頭で登場。
劇だけじゃ物足りなくってやりたいって手を上げたそうだ。
1年の劇は「ねこにすずをつけちゃった」。
ねこに襲われるネズミたちが、猫の首に鈴を付けようというストーリー。
イソップにありましたっけね。
あれは、誰も付けることができなかったという話だったはずだけど、
ここは1年生ですからつけちゃうんですね。
瑞鳥はネズミAのなかの1匹。僕らが見に来たのを見つけて楽しそうにやってました。

最後の6年まで、最近の小学生のレベルはどうなんだか知りませんけど、
僕の時代からみると結構しっかりした学芸会でした。
ほとんどの出し物が音楽劇で、劇伴をピアノで担当した音楽の先生の力が大きいんでしょう。

|

« 学芸会 | トップページ | 集団時代劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネズミA:

« 学芸会 | トップページ | 集団時代劇 »