« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

高円寺まで歩く

みんなで高円寺。
練馬からバスに乗ってみたけれど、車に弱い瑞鳥が気持ち悪いと言い出して、野方の手前で降車。ぶらぶら歩いていくことに。想定外の遠足に、酔鳥は足に豆が出来ちゃっていやあ参った参った。昼を食べて、雨が降ってきたし、時間もかかっちゃったのでそのまま帰宅。帰りは、地下鉄を使って大回り。ま、こんなのも楽しんだけどね。

DVDで「麦の穂をゆらす風」。
うーん期待はずれ。私には向いていませんでした。もうすこし叙情が欲しい。イギリス軍の圧政、仲間割れ、等、描かれてることはわかるし下手だとは思わないのだけれど、おなじIRAを描いても「プルートで朝食を」がいい。やっぱ、色気がないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

重い空気

今日も湿度が高い。空気が重たい。
TSUTAYAで3本(邦画2本・洋画1本)レンタル。どうも見そこなうことが多いので、何借りたかは見てから書くことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

佐藤聖子特集

六本木で打ち合わせ。蒸し暑い。
帰りは瑞鳥の小学校へ直行。小学校へはひとつ先の駅で降りたほうが便利。
駅そばのBOOK OFFで文庫や新書を探してみるがいいものなし。

地下鉄BGMは佐藤聖子特集。いや、本当に彼女の歌は甲乙つけがたいというか、名曲ぞろいなんだよね。なんで流行んなかったんだろうね。スコーンとした伸びのある歌声に込められた哀愁と、ときおり見せる幼さ。なかなかいいんだよね。「Moonlight Wolf」「PAIN」「Jasmine」「空にキスをするように」「一緒にいよう」「Heartbeats Groove」「VOICE
Seiko_sato1Seiko_sato2Seiko_sato3Seiko_sato4Seiko_sato5Seiko_sato6
Seiko_sato7Seiko_sato8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

学童クラブの映画会

瑞鳥はスイミングスクールの進級テストをさぼって、学童クラブの映画会に。『リロ&スティッチ』をやったらしい。感想を聞いたら、長過ぎて足が痛かったとか。

Miki_sakai1
自転車BGMは酒井美紀「永遠に好きと言えない」。ま、友達の恋人を好きになったって“罪”ってことはないでしょうに、何を大げさなっていうアイドルらしい曲です。歌のタイプとすれば、80年代前半に来生姉弟がいろんなアイドルに書いてた曲みたいです。
Miki_sakai2酒井さんはけっこう太目の声も出せて「忘れそうな痛み」あたりではちょっとロックぽいです(本当か?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

ケロロとアンパンマン

お近くで買い物。マックでひとやすみ。
子供のビデオを借りる。いつもの「ケロロ軍曹」と「アンパンマン」。
子供ってのは飽きることを知らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

中国産バルブ

自転車屋さんへ。
やっぱ空気圧不足だったらしい。それよりも、以前壊されたときに、自分で直そうと100円ショップで買ったバルブを見て、「こんな粗悪なバルブ見たことない。これじゃ空気が漏れるよ」と散々しぼられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

ククーシュカ

前日の事情で今日の送り迎えは電車。
DVD『ククーシュカ ラップランドの妖精』。笑えるね。言語、生活基盤、イデオロギー。まったく異なる3人の男女が、戦場の狭間で出会う。話がまったく通じない。でも、何とか生きていくために、どうにかこうにか、伝えようとする。で・・・。昔話のように子供たちに男たちの話を聞かせる彼女。結局、エロスが勝っちゃう。ほのぼのとは違う。でも、面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

またパンク

小鳥を乗せて買えって来る途中、自転車がパンク。
がーん。まただよ。

Cosa_nostra
電車のBGMは「スウィート・チャイルド」。オシャレ系ソフィスティケイテッド・ソウルです。こういうの渋谷系っていうんでしたっけ。一歩間違えば間延びしただけのところ、ギターが効いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

嗚呼Zard、そして宮崎あおい

夕方、恵比寿で打ち合わせ

Zard
電車のBGMはZARD「Good-bye My Loneliness」。デビュー曲です。切なげにシャウトする(あれをシャウトというかどうかは判断のわかれるところでしょうが)サビが聞きどころです。ヴォーカルのタイプとして好きなタイプですが、作品的にはあまり僕ごのみではありませんでした。なかでこの曲はいちばんロックしていていいのでは。

DVD『ただ、君を愛してる』。
男はデクノボーだし、黒木さんはお人形さん。演出はさえないし、音楽はうるさい。ストーリーもお手軽。ただ、宮崎さんだけがいい。それでいい映画。最後に、これでもかと伏線を復習するのは、観客が馬鹿だと見くびっている証拠。でも、いいや、宮崎さんが可愛いから。じゃ、最後の大きな宮崎さんはどうなのよ。いや、だめだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

デスノートthe Last Name

みんなで光が丘。
子供たちの夏服をいくつか買って、ついでに私のズボンも。

DVD『DEATH NOTE デスノート the Last name』。原作とは違うけど脚本は苦心してるし、サービス満点の演出もあってエンターテインメントとして納得の出来。はい、もちろん私は女の子がかわいけりゃいいです。アナウンサーの人、むりやりセクシーでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

32℃って暑い

練馬だけ暑い。32℃以上だ。梅雨はどこに行った。

酔鳥は実家の引越しが近いので、荷造りの手伝いに。

夕方、小鳥と瑞鳥を連れて酔鳥を駅まで迎えに行って、ドーナッツを食べる。
本屋で、「小学1年生」と「ケロロランド」をふたりに買う。
酔鳥は「ハリー・ポッター チェスコレクション」と「脳をきたえる インド数学ドリル 入門編」を買ってた。
ハリー・ポッターのは、チェスが出来るようになるのは1年も先のこと。ま、チェスをするためにこのシリーズを買う人はいないでしょうけどね。
インド式計算は何冊かあったけど、これがいちばん分かりやすそうだった。

帰宅後すぐケロロのフロクを作る。これは簡単で助かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

園外保育

小鳥の園外保育。
保護者がついて行かなくてもいい遠足みたいなもん。
昨日から風邪気味で、今朝も37.8℃もあった。でも、鼻水や咳もひどくないし、機嫌も良かったから、それは内緒にして預けてきてしまう。

先週壊したコンタクトレンズの替えを受け取り。
ふたたび右目が明るくなる。

TSUTAYAでDVDを借りる。
ただ、君を愛してる』『DEATH NOTE デスノート the Last name』『ククーシュカ』。今度はちゃんと見ようっと。

図書館で予約していた資料を借りてくる。人名辞典みたいなもんだから重い重い。

夕方小鳥のお迎えに行くと、やっぱり熱があって冷えピタを貼ってもらっていた。遠足では元気に走り回っていたというから、ま、許してもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

浦和

所用があって浦和へ。
商店街をブラブラして古本&中古CD屋を発見。
岩波新書の「鞍馬天狗」。CDSは、「Fantasy」「ring!Ring!!RING!!!」「traveller」と嘉陽愛子を3枚と、teftef「あなたって?!」、Tomy February6「Love is forever」。

途中から予報通りに雨に降られた。そろそろ梅雨ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

暑さ復活

寝不足のまま小鳥を保育園へ送ると、先生に「疲れてますね」と言われる。
よほど情けない顔をしてたんじゃろう。

途中、図書館で資料を借りてから
夕方、恵比寿で打ち合わせ
暑い。べたべたじゃあ。

Noriko_kato
電車のBGMは「はなればなれに?」加藤紀子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

ちょっとフラフラ

朝は雨。

図書館で予約していた2冊を借りる。
あとはずっと籠もりっきり。

ちょっとフラフラです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

発熱家族

朝から雷雨。
窓で落雷を見てると、まとわりついてくる子供が、どうも熱っぽい。測ってみたら、瑞鳥が37.7℃。小鳥も37.2℃。酔鳥も熱っぽい。困った困った。時間ができたらと思っていたサエキけんぞうのコアトークっていうイベントはあきらめざるを得ない。
代わりといっては何だが、HPにマイGSセレクションを(なるべく早く)作ることにしよう。出来たらお知らせします。

月曜までに洗濯しなくちゃいけないタオルや着替えがいっぱい。
仕方がないので、コインランドリ―へ行って乾燥する。小鳥は熱っぽいのについて来た。
食欲のない瑞鳥用にゼリーとかワッフルとか買って帰る。小鳥は何故か自分のプリンを選ぶ。ま、お相伴ってことで。
酔鳥も、ダウンしてたんだった。菓子パンを買う。

今日もコンサドーレは勝ってるみたい。まだ気が早いけど、J1復帰も現実的になってきた。サッカー・ファンじゃないけど気になっているもんで。

夕方は全員ダウン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

今日は保育園

一家総出で小鳥の保育園参観。一緒にミニ運動会。やつは本当にやる気を感じさせない。照れているのかグダ―ッとしている。唯一積極的に手を上げたのが先生に読んで欲しい紙芝居を選ぶとき。彼女が選んだのは圧倒的な少数派だった。いいぞ。その調子だ。
.午前で終了なので、そのまま練馬のマックで昼食。瑞鳥の保育園で1歳児クラスからの同級生と会う。そっけない挨拶だけ。ま、そんなもんだよね。

夕方、あきてるふたりを連れて買物。近所ですむところを駅までブラブラ。ポツリポツリと雨が当たってきたので急いで帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

予定がメチャクチャ

ガーン朝起きてコンタクトをいれようとしたらコンタクトが欠けている。ケースを締めるときにガリッとやっちゃったらしい。コンタクト屋に行くと一部破損だったので無償交換。助かった。1/3以上だと5000円取られるところだった。ただし白内障の疑いあり。眼科で検査するようにとのこと。コンタクト屋付属眼科じゃないところに行こうっと。
そんなこんなで午前中に片付けるべき仕事がフイ。連絡をとって来週に回すことに。
今日、瑞鳥のスイミングスクールの引き落とし。たしか残金が足りないはずと15:00ギリギリにあわてて銀行へ走ったが、予定外(ただ単に忘れていただけ)の入金があって無駄足。ま、結果オーライではあるが。

時効警察。最終回。いやあ。一部やり過ぎではあるが面白い。事件そのものはどうってことなさ過ぎなんだけど、小出早織さんがけっこういい味出している。あの番組で彼女に注目してる人なんていやしませんよね。

Yoshiko_goshima
自転車BGMは五島良子「シュープリーム・モーメント」。歌の内容は、バブル期というか、セゾングループ全盛期のオシャレな恋人たちを描いたラブソングという気がします。この頃は萩原健太と一緒にCATVの音楽番組(うろ覚えですが“YO-HO”とかいうやつ)をやっていて、なかなかいいと思っていたんですが、本人のやりたいことはもっとブラック系だったようで、その後どんどん私の好みとは違うほうに行ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

小学校授業参観

小学校授業参観は算数。あわせて「10」になる数のお勉強.。簡単すぎてあきてる子と、何が何だかさっぱりな子。先生もいろいろ大変だ。瑞鳥は、後で聞いたら「あんなの簡単!」とかいってたが、答えがわかっても回りを気にしつつ手を上げるといった感じ。慎重というか臆病というか。そういう奴ではある。廊下に、防災の日にみんなの描いた消防車の絵が貼ってあったが、瑞鳥のがない。見落としたのかなあと思っていたら、クラスの代表に選ばれたとかで、別なところに貼ってるらしい。そんな話ちっともしていなかったが、彼女にとっては給食当番に選ばれたぐらいのことなのだろうか。

酔鳥の調子がかなりつらそう。というわけで、お迎えは、保育園から学童クラブへ直行。瑞鳥の学校用の水着と、ふたりの歯ブラシを買って帰る。

Miyuki_kajitani
自転車BGMは「KISS THE SUNLIGHT」梶谷美由紀。本人とサエキけんぞう作詞で鈴木智文作編曲。ウィスパーヴォイスがキュートでポップなおフレンチ。曲のタイプはピチカート・ファイブかMANNA。要するに鴨宮諒のようです。いいねえ。梶谷嬢は今ではアニメソングの大御所ですけどね。ガーンジャケ写は「夢見るメロディ」だ。あとで入れ替えときます。こっちもいい曲だけど、よりアニメソングっぽいです。
Miyuki_kajitani2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

真夏じゃあ

朝から暑い。ベタベタして気持ち悪い。

恵比寿で打ち合わせ。ふう、スケジュールをしっかりせにゃイカンなあ。

古本屋で「不機嫌なメアリー・ポピンズ」と「秘密結社の手帖」。
「不機嫌な~」は英文学を階級社会から読み解く。階級独特の英語を理解できるかどうか鍵になっているようです。面白そう。「秘密結社~」は澁澤さんです。持ってなかったからついつい。

Crybaby_1
自転車BGMは「友達でした」クライベイビー。
YOUみたいなフニャフニャ声で、キュンと来る曲。メンバーはけっこうロックな人たちでこんな曲だけじゃないらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

レンタル&中古

TSUTAYAの半額デーで、『DEATH NOTE デスノート the Last name』と『薬指の標本』。デスノートはいうまでもない。『薬指』は小川洋子原作のフランス映画。もしかして面白いかも。

BOOK OFFでthe brilliant green「I’M SO SORRY BABY」と野村佑香「ペイン」。ブリグリは、バンドっぽさを強調した作品。野村佑香は探していた訳じゃないけど、ジャケットを観たらつい買っちゃいました。

瑞鳥の自転車練習に付き合う。慎重な奴だからね。考えてばっかりで思い切ってペダルを漕がない。ま、私の子だから運動神経は期待してないけど。

Junko_kawata
自転車BGMは河田純子「HERO GIRL」。元気な歌なのに、線が細くてちょっと泣きの入ったヴォーカルがたまりません。いまは何してるかは良く知りませんが、女優さんですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

泣く瑞鳥

体が火照ってる感じ。暑い。

どうも最近瑞鳥はすぐ泣く。泣くというより感情が抑えられないと言ったらいいか。
今日も学校の帰り道、学童クラブのノートに親が観たというチェックをしていなかったとか、自転車の練習を手伝ってくれないとか、そういうことで涙をぽろぽろ流す。
いろいろ我慢をしているせいなのか。子供なんてそんなものなのか。

その瑞鳥、夕食中に足がつったのか「痛い痛い」と泣き出し、そのまま着替えもしないで寝てしまった。

Kotone
自転車BGMは琴音「サムデイ」。もちろん佐野元春とは関係ありません。元気なレゲエです。かすれ声でいいかんじ。のちにKOTONEと表記したみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

いつもの散歩

午後散歩。
図書館で折り紙の本を借り、ビデオ屋でケロロ軍曹を借りる。いつものコース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

大道芸

小鳥の熱は、37℃ちょっとであまり下がらない。
食欲もない。
近所の商店街の催しで大道芸やフリーマーケットをやってたので見に行く。
でも、かき氷も三口ぐらいでもういらないというし、すぐ疲れちゃうので、飴細工のリボンちゃんを買って早々に帰宅。

夕方、見本誌が届く。

夜『ストロベリー・ショートケイクス』。
微妙。良い映画なんだけど、これで決まりと絶賛するにはいたらなかったっていう感じ。期待が大きすぎたのか、
も。矢崎さんらしい小物へのこだわりや、ロケーションの良さ、女優さんの演技など、どれも素敵なんだけど、ヒロインが4人もいるので、焦点が拡散しちゃったかな。どうしても「三月のライオン」と比べてしまう。
池脇千鶴さんって変わらないね。子どもみたいだもん。石の神さまの話は良かったけど、ちょっと柄のまんますぎないかっていう気はする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

偲ぶ会

床屋で散髪。すっきり、と思ったが、なんかちょっとおかしい。前も横も同じ長さにされてしまった。
TSUTAYAカードを更新するついでに、DVD『ストロベリーショートケイクス』を借り、レンタル落ちのCDS「サニードライブ」ザ・ボンを購入。
『ストロベリー~』は、いろんな意味でいちばんの期待作。2006年のナンバーワン候補です。はずしてなきゃいいけれど。ザ・ボンは女性ロック・バンド。手作り感がしっくりします。

図書館で「江戸の英吉利熱」。面白そうな内容なんだけど、最初の方にオランダの「王子」が出てきてしまいました。翻訳のせいなのか、オリジナルの“プリンス”も王子の意味で書いてるのか、著者も日本語を分かる人なんだから、どっちなんだろうね。ちなみにマキャベリの「君主論」の英語のタイトルは“The Prince”です。

昼過ぎ保育園から呼び出し。
小鳥が発熱。38℃だとか。
慌てて迎えに行く。食欲はないらしいが、それほどボンヤリしているわけではないので、ま、大丈夫でしょう。

ガーン。水曜に送った原稿がまだ届いていないって。もう一度メール。今度は成功したみたいだ。どうしてだろう。

夜、阿佐ヶ谷ラピュタで黒沢進氏を偲ぶ会。出席者37名の盛会だった。
全員が黒沢氏との思い出を語る。若い人たちに助言をしたり、黒沢くんはちゃんとタネをまいていたんだね。
最後の主催者の挨拶にグッと来てしまった。
みんな言ってたけど、思い出話や知ったかぶりの思いつきじゃなく、資料&口伝を掘り起こしていく手法は彼が作り出したオリジナルなもので、おそらくは大学時代に学んだ民俗学が基礎になってるんでしょう。

Miho_kanno
バスBGMは菅野美穂「太陽が好き!」。
偲ぶ会の主催者のひとり佐伯健三の作詞。アメリアッチみたいな楽しいリズムでウキウキする曲だけど、菅野さんのヴォーカルはぶっきらぼうだし、意外とシャイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »