« ビデオレンタル三昧 | トップページ | 蒼井優2本目 »

2007年5月17日 (木)

虹の女神

DVDで「虹の女神」。
軽いエピソードが積み重なって気が付いたらラストでドーン、みたいな作品なのかと思ってた。そしたら、最初から死んじゃうし、展開もジトーっとしていた。死んだ友だち(恋人)の思い出を探して時制を遡るというのはありがちな構成ではあるけれど、最近キャラクタに頼りすぎてちょっと嫌味な上野さんがキチンと芝居をしていていいんだな、これが。ま、途中に入る相田さんのエピソードが結構比重が大きい割りに何だかよくわからん。彼女との出会いも上野さんが絡んでいて、そこで上野さんを(結果的に)振っていたっていうことからすれば、本当の愛に気付くための布石なのかもしれないけれど、やや無理矢理だよね。盲目で閉じこもりがちの妹という誰がやっても成功間違いなしのもうけ役なのが蒼井優。もちろん蒼井さんの繊細さが存分に発揮されているから悪いわけがない。亡き姉の書いたラブレターを読むクライマックスシーンが、やりすぎになってしまったのも彼女なら致し方のないところかも。ま、私なら妹も好きになっちゃうけどね。
で、結果的には、優柔不断な主人公も含めて愛すべき作品です。

酔鳥は体調不良。で、ふたりをお迎え。自転車に乗って保育園から小学校へと走り回るとなかなか暑い。

Jun_kurihara
自転車BGMは栗原淳「つつじの蜜」。栗原さんはネロリーズの1人だよね。気だるいような、素っ気ないようなヴォーカルだけど、なかなかエロティックです。


|

« ビデオレンタル三昧 | トップページ | 蒼井優2本目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/15121521

この記事へのトラックバック一覧です: 虹の女神:

« ビデオレンタル三昧 | トップページ | 蒼井優2本目 »