« 国会図書館 | トップページ | 地下鉄乗り過ごし »

2007年4月13日 (金)

追悼カート・ヴォネガット

昨日の夕刊を見て驚いた。
3面の左下に小さな記事。見出しは“スローター5”。それだけ。何かと思って読めば、カート・ヴォネガットの死亡記事。オイオイ。なんだこの扱いは。え!彼の代表作は「スローター5」だけかい?わしゃ悲しいよ。で、テレビでも報じたのかな?彼を知ったのは、学生の頃。友人から「村上春樹が好きならきっと気にいるよ」と勧められたのがきっかけだ。最初の頃は文庫本だったが途中からは新作を待ちかまえて買うようになった。いまうちの本棚にある彼の小説は15冊。外国の小説家ではいちばん多い。もちろん「スローターハウス5」が面白いことは言うまでもないのだけれど、デビュー作「猫のゆりかご」から「タイムクエイク」までどれだって面白い。なかでも私のいちばんのお気に入りは「ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを」なんだが。
ハイホー。

午後は瑞鳥の小学校の保護者会。
3時間もかかるとは知らなかった。
こっちでも運動会の係りをすることにする。

Zabadak
自転車BGMはzabadak「遠い音楽」。もっともアイリッシュ・フォークっぽかった時期の名曲です。今はソロで活動していますが、上野さんのヴォーカルが最高です。ほぼ完璧な作品といっていいでしょう。ライヴ・パフォーマンスも素敵でした。

|

« 国会図書館 | トップページ | 地下鉄乗り過ごし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/14662990

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼カート・ヴォネガット:

« 国会図書館 | トップページ | 地下鉄乗り過ごし »