« 「原罪の庭」 | トップページ | ベテラン監督とひととき »

2007年2月 2日 (金)

映画芸術ベスト&ワースト

映画芸術』最新号で、2006年日本映画ベストテンとワーストテンが発表されています。

ベストテン
1 やわらかい生活
2 雪に願うこと
3 ストロベリーショートケイクス
4 時をかける少女
5 嫌われ松子の一生
6 フラガール
7 紀子の食卓
8 LOFTロフト
9 ゲルマニウムの夜
10間宮兄弟

ワーストテン
1 ゲド戦記
2 ゆれる
3 THE有頂天ホテル
4 UDON
5 日本沈没
5 LIMIT OF LOVE海猿
7 男たちの大和
8 武士の一分
9 バッシング
10寝ずの番

意外だったのは「フラガール」がワーストテンにはいってないことかな。

仕事で『宇宙戦艦ヤマト』の映画シリーズを立て続けに何本も見ている。笑えるが、やっぱ頭が痛くなる。

|

« 「原罪の庭」 | トップページ | ベテラン監督とひととき »

コメント

こんにちは。検索サイトからお邪魔します。

>仕事で『宇宙戦艦ヤマト』の映画シリーズを立て続けに何本も見ている。
宇宙戦艦ヤマトの熱狂的ファンとしては気になりますね。書籍の企画があるのでしょうか?
教えてはいただけないでしょうが、楽しみです。

投稿: 9の部屋 | 2007年2月 2日 (金) 21時21分

9の部屋さんのお察しの通り、まだ具体的じゃないので何も書くことはありません。
ただ、ファンの厳しい目を意識しているのは確かです。馬鹿なことは書けませんからね。

投稿: 眠鳥 | 2007年2月 3日 (土) 02時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/13754429

この記事へのトラックバック一覧です: 映画芸術ベスト&ワースト:

» 渋谷飛鳥 画像 [ユーチューブ動画FAN]
渋谷飛鳥ちゃん・・・・? まだちょっと、ピンとこないかたもいらっしゃるかもしれませんが 今後、ブレイク間違えなしのグラビアアイドルなんです!! [続きを読む]

受信: 2007年2月 3日 (土) 03時30分

« 「原罪の庭」 | トップページ | ベテラン監督とひととき »