« 安売り屋さん | トップページ | 鼻水が止まらない »

2006年11月19日 (日)

“おうち”の“お”

昼頃から雨。最高11℃という寒い一日。

小鳥があいうえおの練習本をよんでいる。
もちろん字は読めないので、絵を見ながら「“あめ”の“あ”」とか大声で言うのだが、なぜか“お”が多い。
“おさる”の“お”、“おふね”の“お”、“おまめ”の“お”、“おうち”の“お”。ほかにも“ごほん”の“ご”というのもあった。本人は大真面目だから笑うわけにはいかない。

ふたりを連れて近くに買い物に行ったが、店内で小鳥がお漏らし。「オシッコは教えてよ」というと、「早く!って言ったジャン」と本人はプンプン。こいつはこっちがオシッコだろうと聞いても、なかなかいってくれない。大慌てで買い物をすませると抱っこして帰宅。本人は気持ちよさそうにウトウト。まったく。

|

« 安売り屋さん | トップページ | 鼻水が止まらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “おうち”の“お”:

« 安売り屋さん | トップページ | 鼻水が止まらない »