« 大停電の夜に | トップページ | 小鳥につきあい眠れず »

2006年11月23日 (木)

ナルニア国物語

DVDで「ナルニア国物語」。時代は第二次世界大戦、ロンドン空襲で疎開する兄弟、そう「ピーター・パン 2」の時代だ。そして汽車に乗って田舎のお屋敷へ。もちろん「ハリー・ポッターと賢者の石」だ。いかにもイギリスのファンタジー的幕開け。で、中味は末の妹がひとりで頑張る物語だね。役柄もそうだけど、演技の面でも彼女が光っていた。ほかの兄弟はいまいち精彩がないというか華がない。あとは氷の女王が適役だけど、最後あっけなくないか?そう、難点は話がスラスラ進みすぎるのよ。全然苦心しているふうがない。見て損はしないけど、ちょっと長いかな。

勤労感謝の日。
昼食後みんなで銀杏並木見物に光が丘へ。まだ緑の葉が多くちょっと早かったみたい。

夜になって小鳥が元気ない。熱が出てきた。

|

« 大停電の夜に | トップページ | 小鳥につきあい眠れず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/12789184

この記事へのトラックバック一覧です: ナルニア国物語:

« 大停電の夜に | トップページ | 小鳥につきあい眠れず »