« 誕生日 | トップページ | ギックリ腰 »

2006年11月27日 (月)

「花よりもなほ」「嫌われ松子の一生」

DVD「花よりもなほ」と「嫌われ松子の一生」の2連チャン。
「花よりもなほ」は、いい人情話なのだろうけど、画面が暗くて長い。もうちょっと刈り込んでスッキリした小品にすべきだったのでは。しかし、それでは松竹のプログラムピクチャーで、是枝作品ではなくなってしまうのだろうか。岡田君や宮沢さんより田畑さんが良かった。あれ?そういえば「大停電の夜に」でも田畑さんがよかったなあ。
お次が期待の「嫌われ松子の一生」。決してヒロインに感情移入できないのだけれど、いろいろ言いたいことがでてきそうな作品。つまりいい作品なのでしょう。ただし最後のあたりはもたつきすぎでそこはマイナス。>悲惨な話を明るく描くのはいいと思うのだけど、まるで幸せな一生だったと言わんばかりのエンディングはどうなんでしょう。ラストでもたついたと僕が感じたのは、そのへんが言い訳がましく思えたからなんでしょう。呆気なかったなあ、という最後で良かったんじゃないだろうか。それ以外は、色彩もテンポも快調です。それにしても中谷さんは頑張ってたなあ。

今日は雨なので電車で保育園へ送る。その帰りTSUTAYAに。いつもより遠い店なのに、開店前までに返さなくちゃ行けない。バスで駆けつけ、店員が返却用ポストから取り出しているところにギリギリセーフ。

図書館に予約していた「幻想建築術」「太陽の王と月の妖獣」が入ったので取りに行く。ついでに「翡翠の城」も借りる。

|

« 誕生日 | トップページ | ギックリ腰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/12844536

この記事へのトラックバック一覧です: 「花よりもなほ」「嫌われ松子の一生」:

« 誕生日 | トップページ | ギックリ腰 »