« 嵐の誕生日 | トップページ | 「好きだ、」、中間選挙、今日も保育園から電話 »

2006年11月 8日 (水)

ルート225

DVDで「ルート225」。
ファンタジーかと思ったら違った。これは姉弟による両親との決別の映画だね。
ま、考え方はふたつあって、ひとつは姉弟が本当にパラレルワールドに紛れ込んでしまったと見るか、もうひとつは親の方がいなくなってしまったと見るかだよね。どっちにせよ親とは会えないわけだけど。
私は後者をとるね。例えば両親がいない部屋の写真を撮るとそこにぼんやり両親が写っているとか、残り度数の少ないテレカでしか母親と話せないとか、死んだはずの同級生に会うとか、それらが暗示しているのは“両親の死”だからね。最後にうちに帰ってきた姉と弟が笑っちゃうでしょ。あそこが悲しくていいよね。そう。これがパラレルワールドじゃなく“現実”なんだってね。ブロックサインも効いてる。
多部未華子さん相変わらずいいねえ。彼女にはずれなし。

今日は瑞鳥の水泳教室の日だったけど、すっかり忘れていた。迎えに行く時間を30分を過ぎてから保育園から電話で「今日は早お迎えじゃありませんか?」。大慌て自転車で急行。そのままプールへ直行。5分遅れで到着。練習にはどうにか間に合う。
汗を掻きながら待ってる時間に「異人たちの館」を読了。なんだなあ。謎なんてどこにもなくて。ただ読者をはぐらかしているだけだよな。

|

« 嵐の誕生日 | トップページ | 「好きだ、」、中間選挙、今日も保育園から電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/12603115

この記事へのトラックバック一覧です: ルート225:

« 嵐の誕生日 | トップページ | 「好きだ、」、中間選挙、今日も保育園から電話 »