« 両手に花は重い | トップページ | 友だちのお引っ越し »

2006年8月12日 (土)

月館の殺人

酔鳥が勧めたので「月館の殺人」。  
原作が綾辻行人で作画が佐々木倫子。別に原作の小説があるわけじゃないのね。
綾辻さんが何を狙ったのかは知りませんが、登場人物のキャラのおかしさを強調した妙な味わいの漫画になってます。ま、考えてみれば、館シリーズの偏屈な登場人物も戯画化すれば、ただの変なキャラでしかないってことですか。ってlいうほど読んでいないので、ほとんど酔鳥の受け売りですけど。なんせ、佐々木さんの絵をみてエロ漫画みたいと思う程度ですから。

ただ、あのトリックっていうか解決のしかた納得できるんでしょうか。わたしゃ、あれまあビックリでした。とくに最後の一人はね。

|

« 両手に花は重い | トップページ | 友だちのお引っ越し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/11396804

この記事へのトラックバック一覧です: 月館の殺人:

« 両手に花は重い | トップページ | 友だちのお引っ越し »