« 夏風邪 | トップページ | かっぱ寿司 »

2006年8月 5日 (土)

『ギミー・ヘブン』

DVD借りて『ギミー・ヘブン』。
なかなかスタイリッシュな映像で、いかにも単館系の作品だけど、お話はと言えば、共感覚をテーマにした、サイキック・ミステリー。ただ、話がスラスラ進みすぎでアレレ?っていう感じ。もっと枝葉の事件がいろいろあって、イライラさせるような夜10時からの連続ドラマ向きだったのかも知れない。
宮崎あおいさんはいいに決まっているけれど、予想通りの彼女のまま。多分もっと孤独の怖さがだせたはず。
知的な石田ゆり子さんも悪くなかったけど、小島聖さんが予想以上に魅力的。最初彼女だとは気が付かなかったほど。役柄は後半ベタになってしまうんだけどさ。
で、結局どうなんだというと、嫌いじゃないけど惜しい。せっかくの共感覚がもっと生きてこないといけなかったんじゃないかな。

|

« 夏風邪 | トップページ | かっぱ寿司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/11275322

この記事へのトラックバック一覧です: 『ギミー・ヘブン』:

« 夏風邪 | トップページ | かっぱ寿司 »