« 瑞鳥はもう6歳 | トップページ | 足つった »

2006年4月25日 (火)

ようやく邦画マイベスト10

ビデオで「タッチ」と「蝉しぐれ」。
うーん。「タッチ」期待してたんだけどな。
またしても外れた。原作をちゃんと覚えているわけじゃないけれど、
印象としては、原作をなぞっただけのよう。
もちろん長澤まさみに何の不満もありません。
でも、生身の南ちゃんとタッちゃんじゃ、あのおとぎ話は成立しないでしょう。
原作をなぞったといえば「蝉しぐれ」も同じ。
こっちのおとぎ話はリアリズム風なだけにもっと嘘臭い。

2005年度邦画ベスト10をようやく作成。
まだ見ていない作品が多いので暫定順位ですが、
それにしても、あんまり満足いくベストテンではありません。
1位にしても「運命じゃない人」「パッチギ!」「ラマン」どれとも置換可能ではあるけど、
どれもイマイチで、結局いちばん魂を感じた「カナリア」にしました。
9位10位もとうてい納得できませんが、期待していた「さよならみどりちゃん」や
「タッチ」がハズしたので居残ってしまいました。
ベストテンに入り損なったのは「ハサミ男」「ヒノキオ」「濡れた赫い糸」
「苺の破片」「レイクサイドマーダーケース」あたり。

これから見る予定で期待してるのは、「リンダリンダリンダ」「ALWAYS」
「メゾン・ド・ヒミコ」「空中庭園」「ニライカナイからの手紙」あたりかな。

|

« 瑞鳥はもう6歳 | トップページ | 足つった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/11221687

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく邦画マイベスト10:

« 瑞鳥はもう6歳 | トップページ | 足つった »