« 作り物の本はイヤだ! | トップページ | ビデオ連チャン »

2006年1月17日 (火)

苺の破片

ビデオで『苺の破片』。
これが苦労して借りた作品。
うーん・・・その割には・・・。
いや、決して悪くはない。しかし・・・。
宮澤美保さんは素敵な女優になっている気はするのだが、
なにか突き抜けていないというか、
スランプでわがままな漫画家を型どおりに演じているように
見えてしまう。
オカマバーで愚痴をこぼして、ママに慰められるシーンなんて
ありきたりじゃないですか。
もっとグチャグチャな人間関係のなかから再生するとか、
さらに自省的な世界に沈潜していくとか、
そういう突き抜け方が必要だったのでは?
中原俊と高橋ツトムの共同監督というけれど、
特典映像の座談会を見る限り、中原さんは桜のシーンだけの
おマケで、ほとんどは高橋ツトムだったわけですよね。
それが期待はずれの原因かな?
(そうだ今年の分から、レンタルしたビデオもamazonにリンクしておこう)

で、寝坊して、大慌てで子供たちを保育園へ送る。

|

« 作り物の本はイヤだ! | トップページ | ビデオ連チャン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/11221491

この記事へのトラックバック一覧です: 苺の破片:

« 作り物の本はイヤだ! | トップページ | ビデオ連チャン »