« 五七五 | トップページ | 写メール&七五三 »

2005年11月18日 (金)

はずした2本

ビデオを2本も。

まずは『四日間の奇跡』。
人格の入れ替わりなら『転校生』があるし、
それに死がかかわれば『秘密』になる。
というわけで、この設定、決して嫌いじゃないんだが、
いかにももっさりしている。
吉岡君(いつまでも君づけじゃ失礼だが)が
いつもみたいにハッキリしないし、
映像にもハッタリがない。
これってファンタジーなんでしょうから、それなりの
見せ方をしてくれないと入っていけない。
尾高杏奈さんの映画として勝手に読み替えてしまえば、
それなりに楽しめるんだが。

次に『ローレライ』。
いやあ、太平洋戦争中とは思えない緊迫感のない艦内。
潜水艦ってあんなに広かったですか?
などと文句を付けてはいけない。
これは戦争映画ではなく、いつか宇宙のどこかで起きた
戦いを描いたSFファンタジーなのでしょう。
そう思えば、『フィフス・エレメント』ばりの
香椎由宇にも納得。
ただ、ローレライ・システムでそんなに強くなる?
そのへんの戦いをもうちょっと大迫力で描かないとダメでしょう。


|

« 五七五 | トップページ | 写メール&七五三 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/11221296

この記事へのトラックバック一覧です: はずした2本:

« 五七五 | トップページ | 写メール&七五三 »