« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

あ、またずれてる

酔鳥が腹痛。
ただの下痢なら良いけど。

久しぶりにふたりを自転車でお迎え。
瑞鳥は週末の発表会に向けて、
テンションが上がったり、急に心配になったり、
彼女なりにいろいろ考えてる。
去年までは自信満々で、さあ見て下さい!って感じだったのに。
それだけ成長したってこと?

↑は昨日のこと。

今日は、近所の図書館で2冊ほど予約。
1冊は京極堂の続き。
もう1冊は、区内の図書館にない本を都立図書館から
取り寄せてもらう。

久しぶりにHPの更新を目指して作業中。
ちょっと大作(?)。乞うご期待。
ってほどじゃないけど。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

戒厳令

瑞鳥を送った帰り、図書館に寄ろうとしたら、
近辺をヘリコプターが低空で旋回。
しかも4機も。
狭い路地の上に突然あらわれるとけっこう怖い。
すわ戒厳令発令かと驚いたら、
近所の小学校でボヤ騒ぎ。取材のヘリでした。

夕方先週に続いて小鳥を歯医者さんへ。
今回もいい子で大きな口を開けていました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

熱帯植物園

板橋の熱帯植物園。
直線距離じゃ近いのに、
高島平まで行くのは遠回りでけっこう大変でした。
でも、植物園そのものよりも、ミニ水族館やドングリ拾い、
塗り絵など付属の施設で、子供たちはけっこう喜んでたみたい。
小鳥もご機嫌ではしゃいでいました。

帰りに池袋のジュンク堂で文庫を2冊。
物の本質について」ルクレティウス(岩波文庫)と
ロシア・ソビエトSF傑作集 (上) 」(創元文庫)。
何か変な取り合わせ。

「塗仏の宴 宴の支度」読了。
気になることばかり。
こりゃ、「始末」早く読まなくっちゃ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

小鳥の誕生日

小鳥は3歳になりました。
お絵描きが欲しいというので、
池袋のトイザラスへ行って、
色鉛筆のセットとアンパンマンの塗り絵を買う。

イチゴのケーキでハッピー・バースデイ。
口いっぱいにほおばって、小鳥は満足そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

穏やかな日

前日分。

友人と新しい企画についていろいろ。
こっちもいろいろアイディアを出していい物にできれば。
古い物から新しい良さを発見する、という作業になりそう。


今日も、穏やかな日。

ビデオで『姑獲鳥の夏』。
原作通りの映画なのだが、
あの本の重みは伝わらなかったといったところか。
登場人物のセリフが聞き取りにくいこともあるけれど、
実際のところ原作を読んでなければ、
何が事件でなにを解決しようとしているのかいささか不分明。
出演者では、
永瀬くんはピッタリすぎて、原作以上にイライラ。
阿部くんは、原作の嫌みが薄れた好青年。
で、問題の京極堂は、意外に悪くない。
良かったのは元気な田中麗奈。
原田さんには壊れた感じが不足。
と、不満たらたらだけど、見て損した気にも
不愉快にもならない。
十分楽しめた映画っていうところ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

新嘗祭です

お休みで寝坊。
昼頃からみんなで石神井公園。
歩かせようとすると小鳥は相変わらず泣きまくり。
こいつは走り回ろうとかいう趣味はないのかね。

ビデオで『ハサミ男』。
読んではいないけど、原作のアイデアがいいんでしょう。
だから、ストーリーにはすんなり入っていけました。
麻生久美子はなかなかいいし。
ただ、いくらなんでも警察がちょっとバカすぎる
んじゃないかっていうことと、
せっかく女子高生連続殺人事件というのに、
女子高生たちが可愛くないこと、
そして、映像が安っぽいっていうところで、
良いとも悪いとも微妙なところ。
エンディングは蛇足でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

浣腸娘

朝起きたら瑞鳥がお腹が痛い。
最初は寝起きでグズグズ言ってるだけだと思ったら、
本当の腹痛で涙を流してる。
保育園を休んで病院へ。
浣腸でお腹に貯まったウンチとガスを出したらスッキリ。
ま、何事もなくて良かった。

ウチにいても飽きるので、
昼過ぎに近くの公園でボール遊び。
以前に比べたらずいぶんサッカーごっこぽくなってきた。

帰りにビデオを2本レンタル。
瑞鳥が前から狙っていてずっと貸し出し中だった
『映画 ふたりはプリキュア マックスハート』。
瑞鳥は大喜び。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

寒い朝

寒い朝。
瑞鳥を送った後で床屋へ。
さっぱり切ってもらいました。
ひさしを付ければアイビー風です。ハハハ。

夕方に小鳥を歯医者に。
全然泣いたりせず、上手にお口を開けていたので
先生もびっくり。
「誉めてあげてください」と言われてしまいました。
うちの子は、病院が嫌いじゃないので助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

写メール&七五三

これは昨日の日記。

携帯を新しくしました。
家族割りが使えるように酔鳥と同じ所に。
いちばん安い携帯でも、カメラが付いてます。
ないときは何の不自由もなかったけれど、
あると使いたくなるもんでしょうね。
これでみんなみたいに、写メール送るようになるんだろうか。

ぼつぼつ「塗仏の宴」。
いつもののたうちまわるようなのとは違う、
こんなに引き込むような出だしは京極さんでは初めて。

ここから今日です。

小鳥の七五三。というわけで近くの神社へ行って写真撮影。
赤いべべ着てお宮参りという図です。
かわいんだこれが(はい親ばかです)。

夕食は、酔鳥の両親と一緒。
ごちそうさまでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

はずした2本

ビデオを2本も。

まずは『四日間の奇跡』。
人格の入れ替わりなら『転校生』があるし、
それに死がかかわれば『秘密』になる。
というわけで、この設定、決して嫌いじゃないんだが、
いかにももっさりしている。
吉岡君(いつまでも君づけじゃ失礼だが)が
いつもみたいにハッキリしないし、
映像にもハッタリがない。
これってファンタジーなんでしょうから、それなりの
見せ方をしてくれないと入っていけない。
尾高杏奈さんの映画として勝手に読み替えてしまえば、
それなりに楽しめるんだが。

次に『ローレライ』。
いやあ、太平洋戦争中とは思えない緊迫感のない艦内。
潜水艦ってあんなに広かったですか?
などと文句を付けてはいけない。
これは戦争映画ではなく、いつか宇宙のどこかで起きた
戦いを描いたSFファンタジーなのでしょう。
そう思えば、『フィフス・エレメント』ばりの
香椎由宇にも納得。
ただ、ローレライ・システムでそんなに強くなる?
そのへんの戦いをもうちょっと大迫力で描かないとダメでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

五七五

ビデオで『恋は五・七・五』。
いやいや参加するダメ部員を集めた弱小クラブが、
全国大会へ挑戦する映画。
ていうと『シコふんじゃった』からはじまって
『がんばっていきまっしょい』『ロボコン』
『スウィング・ガールズ』といろいろあるけど、
なんかムリにネタを探しているみたい。
俳句をどうやって練習したからうまくなるとか、
その辺のハウツー的な要素が皆無で、これ見ても
俳句を詠んでみようという気にさせないところが悲しい。
おまけに、ヒロインだけに焦点があっていて
青春群像劇という基本が生きていないような。
でも、関めぐみさんは魅力的なんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

新しい図書カード

気になっていた本を確認するため豊島区立雑司ヶ谷図書館へ。
ユートピアの思想―個と共同の構想力」縫田清二なんだけど、

近くではここにしかないので。
また新しい図書カードが出来てしまった。
内容は、ちょっと古めの論文を退官記念に集めたもので、
「ユートピア思想の百科全書」というほどではありません。
ただ、未来小説のリストとか面白い論文もありましたから、
それだけでも無駄足ではないです。

ついでに京極夏彦の「塗仏の宴 宴の支度」も借りときました。
これは近くの図書館でいつも借り出し中だったもの。

おまけに、レンタルビデオ屋で3本(今日は105円の日)。
ま、全部見れるかどうか分からないけど、
安いのでまとめて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

朝から地震

明け方、ぐずっていた小鳥を抱いてウトウトしていると、
長い揺れにめざめてしまう。
テレビを観れば震源は東北沖。

昼間はガス給湯器の取り替え。
スイッチがこれまでよりも派手。
赤や緑に光る。
おまけに、「風呂が沸きました」だの「5分前です」だの
しゃべってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

あれ?1日ずれている

昨日の日記。

近くの河原でお茶とビスケット。
並木の紅葉が綺麗でした。
瑞鳥と小鳥は枯葉拾いに熱中。
瑞鳥はきれいなのを選んでるけど、
小鳥はほとんどゴミ拾い。
うちに帰って、枯葉を使ってお絵かき。
眠鳥の部屋のドアを飾ってくれました。

夜は「トリック」。
ま、殺人のトリックそのものはイマイチという気はするのだが、
変な言葉遊びと妙な映像だけでも見た甲斐あり。

おかげで子どもを風呂に入れるのが遅くなり、
さんざん説教される。(もちろん子供に)

で今日は、寒くなる、といっていた割には大丈夫。
ビデオで「あずみ2」。
さんざん悪評を見聞きしたあとだけに驚きゃしないが、
やっぱだめだ。
あずみが強いのはいいんだが、
その他の登場人物が強いんだか弱いんだか。
山賊に負ける忍者ってのも困りもんだし、
栗山さんも中途半端。あずみと五分に戦ってくれよ。
せっかくの敵役が見せ場が足りない。
高島さんの着物が、なんか前掛けしてるみたいで変。
どうせ時代考証無視ならもっとセクシーにすりゃいいのに。
それに、あのあと前田愛はどうなった?放りっぱなしか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

木枯らし1号

何ということもなくみんなで荻窪へ。
昼食をして西荻まで散歩。
喫茶店に入って帰ってきました。それだけ。
木枯らし1号というわけで、けっこう風が強い日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

パンク修理

瑞鳥を迎えに行こうと思ったら、自転車がパンクしていた。
自転車屋に持ちこんだら、
「使い方が悪いんだよ。ちゃんと空気を入れないと、
直してもすぐパンクするよ。自転車屋には良いお客さんだね」
と、嫌みを言われてしまった。
おまけに、4年も使っていても知らなかった前輪ロック機能を
教えてもらったり、さんざんでした。
それにしても、散財じゃ。

パンク修理中に借りてきた本の解説部分をコピー。
ついでに100円ショップでファイルケースを2つほど購入。
これで整理がうまくいきそうだったらもっと買おうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

ひとの本棚

酔鳥の帰りが遅かったので、今日は久しぶりに
瑞鳥と小鳥をまとめて自転車でお迎え。

東京外大吉本先生の所蔵本リストを拝見。
ひと様の本棚を覗くのは何とも楽しい。
全部で何冊あるのか知りませんが、
5年前が3223冊だったから現在は4000冊ぐらいなんでしょうか。
そのうち私の持っている本は約250冊で私の蔵書の約1割。
ま、向こうはこのほかに専門の洋書をたくさん
持っているんだろうから比較するのもおこがましいけど、
これはけっこう一致度数が高い気がします。
私の蔵書リストも公表しちゃいましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

ヒラメ!

瑞鳥の保育園の保護者会。
12月の発表会についての説明。
彼女のひばり組の演目は「うらしまたろう」。
彼女はヒラメ。
“鯛や平目の舞い踊り”のヒラメですね。
どうなることやら。

以上は昨日(8日)でした

今日は練馬の大鳥神社の酉の市。
保育園の帰りにみんなでブラブラ。
今年は、モヤットボールとコンニャク玉の屋台が多かった。
屋台にも流行廃りがあるんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

追悼本田美奈子

本田さんが死にました。
回復に向かってるというニュースを聞いてた気がしたのに
残念です。
別にファンというわけじゃないけど、
80年代半ばを代表するアイドル歌手として
忘れられない存在ですからね。
私としては、やりすぎの「1986年のマリリン」より
お気軽な「One Way Generation」が好みです。
「好きと言いなさい」の方が、といっても知らんだろうが。
映画では『パッセンジャー』(1987)に主演してますが、
これはけっこうつらい映画です。
悲しみを乗り越えてロック歌手として成長するっていう
話なんだろうけど、演出が古臭い、ストーリーが嘘臭い、
だいいち、本田さんアイドルなんだから
レイプされちゃダメだろう。
ファンだって納得できない展開だと思う。
コレ1作というのは惜しかった。
合掌。

あ、今日は誕生日。伊集院光と同じ日だ。
ケーキと子供たちの描いてくれた絵でお祝い。
めでたい。

瑞鳥は風邪でお休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

悲しい『カナリア』

光が丘の温室植物園へ。
近くの公園で遊んでいると、
紙オムツがづれて小鳥がお漏らし。
本人はいたくショックを受けてしまう。
スマンスマン。

ビデオで『カナリア』。
どこか『誰も知らない』に通じる心が痛くなる家族映画。
主役は少年だが、当然、谷村美月さんが良し。
あの無理矢理のハッピーエンド(?)もやりきれないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

早起きは何文の得?

最近、小鳥が早起きです。
早いったって、まだ真っ暗、4時とか5時です。
この時間になると、体を掻きむしって泣き出します。
しょうがないから、彼女を抱いて外をウロウロ。
寒いから重装備で外に出ると、今朝は、星が綺麗。
やっぱオリオン座はいいねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

高齢化社会

眠鳥の親戚たちと昼食。
最高87歳から最低50歳という高齢化社会。
当然話題は健康のことばかり。
耳が遠いだの、腰が痛いだの、目が見えないだの
誰がボケたのだの、そんな話。
あとは、いつもの昔話。
久しぶりの出会いでお年寄りたちの話は
「これで最後かも知れないから」と延々続く。
いえいえ何度でもお付き合いしまっせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

もう11月

今年も後2ヶ月。
相変わらずの気ぜわしさ。

BOOK OFFで稲葉振一郎の「「資本」論」。
新刊みたいもんなんだけど、ラッキーでした。
著者と私のスタンスは違うけど、
いろんな人の考え方を分かりやすく書いてくれる人だから
もしかしたら面白いかも。

昨日は
日本橋→隅田川→東京駅→本郷をうろうろ。
いい天気でした。

小泉改造内閣。
子どもの頃、○○改造内閣というと、
改造はカイゾウさんという名前なのかと思ってました。
意外と普通にタカ派を集めた内閣になりましたね。
麻生外相に中川農水相に決め手が安部官房長官。
ま、アジアと仲良くしたくないという小泉さんの
意地を感じさせる布陣です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »