« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月30日 (土)

緑の一日でした

みどりの日っていわれてもピンとは来ませんが、
祭日です。昨日のこと。

みんなで石神井公園に。
商店街にツバメは飛びかい、遊歩道には小さい亀が居座り、
草むらでは蛇がニョロニョロ、楽しい一日でした。

/ここから30日。
図書館へ。瑞鳥の借りていた絵本を返して
私のは延長。まだ読んでいない。
夜は焼き肉屋。子供たちと行くのは初めて。
瑞鳥は火を怖がって顔を隠すし、
小鳥はずっと抱っこ状態。
とはいえ、泣いたり騒いだりせずに無事食事は終了。
いい子じゃ。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月28日 (木)

パスカルを105円で

暑い。夏みたい。

BOOK OFFの105円コーナーで2冊。
『パンセ』と『スローターハウス5』。
いまさらパスカルを読み通すことはないだろうけど、
手元においときたい1冊です。
『スローターハウス5』は友だちに貸したままになっていて、
今さら返せとは言えなくなっていたから、ちょうどいいや。
ただ、私のは表紙がロバート・レッドフォードだったから、
それだけは悔しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月27日 (水)

口内炎

口内炎がなかなかなおらず、
いろいろ集中できずに不調。
シャキッとせねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月26日 (火)

春雷

午後に雷雨。
久々でびっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月25日 (月)

別れの手紙

瑞鳥が保育園の先生に手紙を書いてました。
まだ字は書けないので、
先生と自分が手をつないでる絵を描いてます。
「先生さようなら」っていいながら。
「うん?先生どっかいっちゃうの」
「ううん。まだ、決まった訳じゃないけど。
先生に聞いてみるね」
これまで先生に手紙を書くときは、
先生が保育園を辞めるときばかりだったので、
どうも、手紙ってのは「別れの手紙」になりがちのようでした。
泣ける話だなあ。

尼崎でJRが事故。
朝からテレビは大変。
死者16人とか。現場見るともっと増えそう。
(結局73人!!)
本当にスピードのだしすぎだけであんな事故になるのかね。
もうちょっとなんかあるかも知れない。

JRの記者会見で、関西弁の記者がひとりだけ目立とうとして
「人が死んでるんやでぇ」(インチキ関西弁でスマン)
とか、意味もなく社長にくってかかってた。
ああテレビドラマみたいなのってまだいるのかと思うと
悲しくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月24日 (日)

補選

衆院の補選で自民が2勝。
小沢門下ばかり立候補させる民主党じゃ
自民党と同じってことかもね。
それにしても、小泉さん自信持っちゃうよね。
困ったもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月23日 (土)

雲梯

今週から土曜日は酔鳥が学校へ行く日。
朝から夕方まで留守なので、
小鳥と瑞鳥を連れて近所の公園へ。
気持ちのいい天気だったので、
コンビニでおにぎり買ってお昼も外で。
小鳥はひとりで高いところに登って、
瑞鳥が躊躇していた雲梯に挑戦。
もちろんできるはずもなく、
大慌てで下からささえて降ろしてやりましたけど。
やっぱこのふたり性格違います。
ふー疲れた。

帰ってから小鳥はすぐ寝てくれたから助かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月22日 (金)

ビデオ2本

ビデオで『クイール』と『少女ヘジャル』。
犬の映画と女の子の映画。
まっとうな大人たちの映画ではないってことです。
『クイール』はひたすら盲導犬の一生を描いているだけ。
人間との交流がどうのこうのと擬人化したりしていません。
それは潔いのだけれど、あまりにも淡々。
見ていて、それがどうした、という気がしてなりません。
お次は『少女ヘジャル』。
クルド人の少女とトルコの元検察官の老人の交流
(というにはあまりにも短くおぼつかないのだけれど)を
描いた作品。
トルコにおけるクルド人問題といえば、過去にも『路』という
傑作があったけれど、これは民族対立をアジテーション
としてよりは、生身の人間同士のわかり(あえそうでわかり)
あえないというレベルで描いた作品。
つまり特殊トルコの民族問題を描きつつ、普遍的な
人間同士の理解の難しさをも扱っているというわけ。
物語に緩急がないうえに、クルド人の少女に華がないので、
映画としてはつらいものがあるのだけれど、
見ていろいろ考えたくなる映画。

今日も病院。小鳥の皮膚がまたブツブツ。
酔鳥も風邪が治らず病院へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月21日 (木)

誕生会

瑞鳥の保育園で誕生会。
万障繰り合わせて、初めて出席してみました。
延長の挨拶、子供の自己紹介から親の挨拶、
園児のお祝いの歌、誕生月の子供の歌、
等々延々続いて1時間。結構疲れました。
瑞鳥は途中から甘えモードに入ってしまいグダグダ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月20日 (水)

病院家族

雨です。

今日は小鳥と酔鳥が病院。
なんだかまたしても我が家は病院家族だなあ。

ビデオで『スチームボーイ』。
嫌いじゃないっす。
鈴木杏ちゃんの声優だって、違和感なかったし。
大友作品だと身構えすぎると肩すかしを
喰らうかも知れないけれど、
テーマ抜きにお気楽に見れば楽しいんじゃないの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月19日 (火)

病院と図書館と・・・

瑞鳥は喘息で病院へ。
昨日の夜から調子悪かったからね。
久しぶりに、吸入と点滴。
たっぷり時間がかかってしまいました。

昼食はマックを買って公園で。

帰りに図書館で、私の「ティマイオス」と
瑞鳥の「おおきいあかいクリフォード」。
BOOK OFFで新書を1冊。
ビデオ屋で私と瑞鳥のを1本ずつ。
うーん。安物買いの銭失いなのか、賢いレンタル人生なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月18日 (月)

保育園やめたい

瑞鳥は、今日も「保育園やめたい」と
通園途中から泣きそうな顔。
年少さんの頃はみんな仲良しだったのに、
今は、一緒に遊んでくれなかったり、
いじわるされると言います。
ま、それだけ園児たちの自我が
成長しているってことなんでしょうが、
このところそのことばっかりです。
私が年中さんの頃は、ボーっとして
友人関係なんか考えもしなかったような。
忘れてるだけかな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月17日 (日)

血と骨はそんなにいい映画なのか?

瑞鳥を病院へ。
やっぱ乾燥肌。
瑞鳥と小鳥と合流して昼食。
ふたりとも自分もエビドリアよりも
私のライスばかり食べてました。

ビデオで『血と骨』。
ビートたけしの暴力的な父親役が話題となりましたけど、
(先入観が強かったせいか)予想よりもおだやか。
そりゃ、こんな人が自分の父親だったひにゃ
たまったもんじゃないけれど、
少なくとも映画のなかには、もっと破天荒な人はいたでしょう。
登場人物では子供を産みまくる濱田マリだけが
まともに思えました。
朝鮮問題とか共産党の歴史とか、大阪という場所のこととか
いろいろ語りたくなる点で、優れた映画なのでしょうが、
ナレーションのせいか、随分と説明的な
作品になってしまったような気がしました。

/ここから日曜。
「うちにいるとつまんない」というので、
午前と午後の二回瑞鳥小鳥を連れて近くの公園へ。
100円ショップでボールを買ってサッカーもどきをしたり、
遊具で遊んだり、走り回ったり、すっかり疲れたのか、
夕食後すぐ熟睡。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月15日 (金)

お誕生日

瑞鳥のお誕生日です。
プレゼントはプリキュアの落書きんちょ。
小鳥にはお相伴でキティちゃんの塗り絵セット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月14日 (木)

恋の門

いい天気。

DVDで『恋の門』。
面白い。
破天荒なストーリーを、
小劇場チック(といったってたいして見たことはないんだけど)
なお笑いのセンスとテンポのいいセリフ回しで、
調子よく進んでいく。
当然と言えば当然なんだけど、宮藤官九郎に通じてる。
なんといっても酒井若菜が良い。
ハチャメチャなキャラクターで頑張ってます。
で、面白いんだが、話の決着の付け方が
ピンと来ない。
そこが残念。

今日はテレビで野球を中継してなかった。
木曜なのに試合がないのかと思っていたら、
巨人-阪神戦がしっかりあった。
いくら落ち目だからってどこも中継しないのか?
消化試合じゃあるまいし。
試合の内容よりもそのことにビックリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月13日 (水)

いじめ?

今日も雨。
小鳥が風邪気味なのでお休み。

瑞鳥は朝から「保育園に行きたくない」と泣く。
話を聞くと、クラスが変わったら
叩いたりする乱暴な子が増えてきたという。
それに、園児に比べて先生の数が少ないから
先生に甘えられなくなったこともあるのかも。
まあ単純に、朝、急がせられたから
ダダこねただけでしょうけど。
ちょっぴり心配だったりもする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月12日 (火)

冬に逆戻り

最高気温が10℃。
昨日の最低より低い?
子供たちに何着せていいのやら。
風邪引かなきゃいいけれど。

というより酔鳥はすでに風邪モード。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月11日 (月)

デンガイジャー

最近、小鳥は
「プリキュア」だとか「ブラックジャック」だとか
瑞鳥が観るテレビ番組をわけもわからずマネをする。
といったって、瑞鳥だってどこまでわかっているか
あやしいんだけど。
ついでに、瑞鳥の本に載ってた戦隊ものの写真を見て
「デンガイジャー」という。
ウルトラマンの写真を見ても「デンガイジャー」。
仮面ライダー響を見ても「デンガイジャー」。
どうやら、特撮ものは全部デンガイジャーらしい。
確かにそれらしい音ではあるのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月10日 (日)

花見家族

小鳥のカサカサ皮膚がひどいので病院へ。
ここの病院では飲み薬を処方しなかったので、
前の病院で処方してもらった薬のことを聞いたら、
「セレスタミンは副作用があるから使いたくない」
とのこと。
前の病院は、喘息とかアレルギーに詳しいし、
お医者さんもいい感じで、名医という評価もあるけど、
強い薬を使うという評判もあるみたい。
そのぶんすぐ治してくれるっていうことなんだけど。
難しいね。どのくらいの副作用なのか。
さっさと症状を治して、よく眠ったり、
食欲が出た方がいいという気もするしね。

午後には近所のスーパーにお買い物。
途中の川岸の桜並木は満開。
川面に桜吹雪が散ってみごとでした。

/ここまでが土曜日。

日曜も花見。なんというお花見家族。
神田川へ。
こちらも風に舞う花吹雪。
瑞鳥は走り回って花びらを追いかけていたけれど、
ちっとも捕まえられず不満顔。
すでに盛りは過ぎてましたね。
今年の桜はアッという間でした。
でも、ちょうどよく花見の三連チャン。
ま、金はかからんし、めでたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 8日 (金)

花見と迷子

仕事も一区切りしたので、今日は一家で花見じゃ。
さっそうと光が丘公園へ。
弁当を食べたところまでは良かったが。
瑞鳥が走り回り、それを追いかけ回しているうちに、
酔鳥と小鳥がいない。
元のところに戻っても見つからない。
おまけに携帯忘れてきたので連絡は付かない。
というわけで小一時間ウロウロ。
結局、見つかったんだけど、
すっかり疲れちゃいました。

ビデオで『珈琲時光』。
東京と古本屋と小津安二郎というわけで、
なんとなく『東京兄妹』を思い出しつつ見てしまいました。
侯孝賢は、さすがにいい画を作るんだが、
これは、ちょっとダルイ。
一青窈の(たとえば母親役の余さんにも通じている)
ヌルヌルした感じがエロチックで、
それがこの作品の見どころ。
小林稔侍はこの世界の人ではなかった。
そう、笠智衆の域には達していないということでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 7日 (木)

今日も目が・・・

今日も目医者に行けず。
おまけに一日目を酷使しまくり。
コンタクトへの道のりは遠い。

でも、暖かくていい気持ちでした。
桜は満開です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 6日 (水)

目が・・・

今日は眼科がお休みで、コンタクトはおあずけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 5日 (火)

コンタクトなくした

ポカポカいい天気だというのに。

コンタクトを入れようとして洗面台に落とした。
すぐに配水管を分解して探したんだけど見つからない。
一瞬のうちに流れてしまったんだろうか、
それともどこかに引っかかっているのか。
しょうがない。
明日にでもコンタクトを作りに行かなくちゃ。
この出費は痛い。

耐用年数はとうに過ぎて元は取ってるコンタクトなんだけど、
(それって危なくないのか?)
やっぱ惜しい。
今度は遠近両用にしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 4日 (月)

アルヴァとイルヴァ

自転車に乗って瑞鳥といっしょに図書館へ。
予約しておいた『アルヴァとイルヴァ』をゲット。
表紙のイラストがなかなかいい。
ついでに瑞鳥も『おおきなかぶ』を。
よくいく小児科の待合室に備え付けの本だから、
何度も読んでるのに。
お気に入りなんですね。

桜も昨日よりずいぶん咲いてました。
気温は低かったけどね。

郵政民営化の政府案がどうのこうのといってますが、
大いにもめて選挙にでもなれば楽しいのに、
という程度の野次馬です。
そもそも郵便を民営化することに
意義を感じていないもんで。

ビデオで『スウィング・ガールズ』。
楽しくって元気が出る映画を作りたかったんでしょう。
そして、その通りの映画になっています。
演奏シーンもバッチリだし、
文句のつけようがありません。
ただ、私にはそれだけじゃ物足りなかった
というしかありません。
いや、女の子がいっぱい出てるんだから
嫌いなわけではないんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 3日 (日)

プレ花見

天気予報では、くもりのち雨だったのに、
とってもいい天気。気温も20℃以上。
てなわけで、家族総出で吉祥寺へ。
急性アルコール中毒で担がれていく若者を横目に
井の頭公園に。
まだ花見には早かったけど、
公園内は、阿波踊りのお囃子が流れていたりして
酒盛りのグループで大賑わい。
絡まれても面倒だから、デパートの屋上へ。
子供の遊具でひと遊び。

帰りに近くの桜並木を歩いたら、
枝先にチラホラ白い花が咲いていて、
お花好きの瑞鳥なんかは大喜び。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 1日 (金)

4月ばか

今日は、ふたりを保育園に届けた。
ふたりとも新しい教室だから、
荷物の置き場やなんやかやが、
変わってしまって、ただでさえ時間がないのに大慌て。
いろいろ忘れ物をして、
彼女たちを困らせてるだろうが、
ま、そのうち慣れるさということで
大目に見てもらおう。

そういえば、小鳥の保育園の看護士さんが
瑞鳥のクラスメイトのお母さん。
朝声を掛けられてビックリ。

プロ野球セ・リーグも開幕です。
ホント、昔に比べたら盛り上がらないことこの上ないね。
巨人は負けていた。楽天勝った。といっても、
さほどね、


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »