« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月31日 (金)

今年もおしまい

朝からいい天気。
一日なんやかんやの片づけをしても、
ちっとも物が減った気がしない。
明日も片づけしまくっちゃ。

ビデオで『69』。
村上龍の原作のときも思ったんだけど、
主人公の気持ちに乗ってけない。
自分勝手とか滅茶苦茶っていうのはいいんだけど、
どうも、ひとを見下しているような視線が
嫌なんだよ。
好きな音楽が流れているのにね。

ここから31日。
来年からはその日の日付で書こうっと。
また雪だ。
今日は、風呂とレンジ、電気のカバー。
昼間にずっとやってた“踊る大捜査線”を
ところどころ見ながら掃除。
見直すと音楽がうるさいドラマだったんだね。

紅白は、うちで盛り上がったのは
やっぱ「マツケンサンバ」。

来年もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月30日 (木)

メー年

朝から雪。
やった!!ウキウキしちゃうね。
雪に足を取られながらお出かけ。
友だちのローバーミニも雪まみれ。
途中で止まるんじゃないかと心配になっちゃいました。

帰宅してから、子供たちと雪遊び。
駐車場で、雪だるまを作ったり、
雪玉を投げたりしました。
瑞鳥は大喜びで雪まみれ。
小鳥は瑞鳥を追いかけながらもちょっと寒そう。

酔鳥は年賀状を完成させたみたい。
こっちもそろそろ書かなくっちゃ。

瑞鳥が「メーがない、メーがない」と
十二支のお手玉の羊をさがしてました。
鳴き声で呼んでるのかと思ったら
お手玉を並べて「メーの次はウシでしょう」。
そうかメー、ウシ、トラだったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月29日 (水)

良いお年を

図書館へ本を返却しに。
ついでに日本の戦前のSF小説のアンソロジー
『懐かしい未来』を借りる。
文学的な価値ではなく、どんな変てこな妄想に
出会えるかという楽しみです。

小鳥と瑞鳥の保育園は今日まで。
瑞鳥は、「良いお年を」と一人前の挨拶をして
帰ってきました。
誰かに聞いたのか、朝から「今日は“良いお年を”
って言うんだよね」と、そのことばかりを気にしてました。

今日は酔鳥が不調。どうも私と似た症状のようだから
うつったのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月28日 (火)

暮れというのに

暮れというのに朝から気分は最低。
小鳥を抱いたら急に便意をもよおして、
トイレへ直行。
下痢です。
瑞鳥の保育園まで持ちそうもないので、
今日は酔鳥にお願い。
朝昼絶食。調子が出ない。
どうやら風邪らしい。熱も出てきた。
夕食もろくろく手につかない。
小鳥と瑞鳥が騒いでも怒る元気もない。

それでも、食後に一眠りしたら、
どうにか快復に向かっているみたい。
小鳥たちを寝かしつけるパワーは戻った。
ふうう助かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月27日 (月)

抱っこばっかり

いい天気だったので、お散歩。
図書館へ本を返しに行ったり、
瑞鳥の紙芝居を借りたり、
酔鳥が「バムとケロ」を買ったり、ぶらぶら。
それにしても、小鳥はなかなか歩きたがらない。
(もちろん歩けるんですよ)
甘やかしすぎたのかな。
瑞鳥も、抱っこは好きだったけど、
お散歩とか楽しいときにはトコトコ歩いてたからね。

酔鳥の両親と近くのファミレスで夕食。
小鳥は最初のウチは緊張したのか
「静かだねえ」とお祖母ちゃんに言われるぐらい。
そのうち、だんだんいつもの調子に。
お祖父ちゃんに遊んでもらってニッコニッコ。
それでも、大声出したり泣いたりしなかったから
礼儀をわきまえてたってことでしょう(まさかね)。
瑞鳥はずっとおしゃべり。
よくしゃべる子です。

日が沈んだら急に冷え込んできました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月26日 (日)

クリスマスだというのに

瑞鳥と小鳥はサンタのプレゼントで大喜び。
朝ご飯も食べずにお遊びにつき合わされてしまいました。

クリスマスというのに一家そろって病院へ。
瑞鳥は喘息の経過を、
小鳥は乾燥肌の状態をみてもらいに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月25日 (土)

イブというのに

イブというのに
子供たちの食欲はなし。
せっかくの酔鳥のごちそうにもほとんど手をつけず。
私ばかりがムシャムシャがっついてました。
ケーキは食べるのにさ。

ビデオで『深呼吸の必要』。
これは篠原監督のデビュー作『草の上の仕事』のメジャー版?
やめたヤツが戻ってきたり、
頼りになるヤツがケガしたりと、
スポ根ドラマみたいな構成ですが、
演出は淡々。あえて盛り上がりを避けています。
だから、あやうく告白合戦になりそうなところでも、
ギリギリの所で押さえています。
ただ、連日の長澤まさみなんですけど、
彼女はほぼセリフなし。ちょっと寂しい。

で、どんな映画だったかといえば、
肉体労働して、疲れて寝て、いっぱい食べれば元気になるってこと?
たしかに気持ちよさそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月24日 (金)

祝ってくれてありがとう

天皇誕生日。
やっぱり昭和天皇の「祝ってくれてありがとう」じゃないと、
気分が出ないよね。
しかし、今年は皇室は皇太子発言で終始したね。
まるで、皇太子家対天皇家・礼宮・宮内庁連合軍の対立。
へたすりゃ廃嫡問題になりかねないっすよね。
これで皇太子側に有力貴族がつけば保元平治の乱みたい。
ハハハ笑いごとならいいけどね。

大阪の弟から瑞鳥と小鳥にクリスマスプレゼント。
十二支のお手玉とねんど。
瑞鳥は小鳥のねんどで遊ぼうとするし、
小鳥は瑞鳥のお手玉にちょっかいを出す。
とにかく相手のものがよく見えるお年頃。
私も子供のときはそうだったから当然だけど。

ビデオで「世界の中心で、愛をさけぶ」。
なんかもう知った気になっていて、
既視感っていうのかね、感激もないしガッカリもしない。
小説は読んでないけど、
カセットを聴くことで主人公に何が起きたのかが
よく伝わってこないんですよ。
ただ昔の恋人の声を聞いて泣けてきましたってこと?
確かにあんなテープ聞いたら泣けるよ。
でも、そんな大事なテープ忘れてるか?
ずっと持ってないか?
そりゃ最後のテープの謎はあるよ。
だからってあれで彼の気持ちはいいのか?
まあ、長澤さんが良かったから、
見て損をしたって事はないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月23日 (木)

マツケンサンバ

瑞鳥の最近のお気に入りは「マツケンサンバ」。
駅前のスーパー(ここは「猪木ボンバイエ」の店です)から
流れてくると、一緒になって「オレー!」と歌っています。
全曲聞いたことなんてないと思うんだけど、
とにかく面白いんだそうです。
今年の紅白は見逃せないぞ。こりゃ。

でも、今朝は4時頃に「お父さん、気持ち悪い」と
起こしてきて、洗面所へ連れてったら吐いてしまった。
保育園でも食欲なかったみたいだし、
夕食もそこそこに風呂にも入らず寝てしまった。
熱はないけど、風邪なのかな?

小鳥は冬になってからずっと乾燥肌。
ときどき良くなることもあるけど、
基本的にかゆいみたい。
不機嫌になると掻きむしって泣いてる。

子供はたいへんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月19日 (日)

ツリー完成

クリスマスツリーの飾りがほぼ完成。
酔鳥はこういうの得意なんで、
安売りの飾りを買ってきても
結構さまになってます。
子供たちも飾り付けを一緒にやって大喜び。
その後もはしゃぎっぱなしで
ふたりでずっとごきげんに遊んでました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月18日 (土)

ビデオ2本

ビデオで『ジャンプ』と『eiko』。
『ジャンプ』は、けっこう期待してたんだけどなあ。
原田泰蔵が行方不明になった恋人を捜す映画。
何故いなくなったのかが謎なんだけど、
こんな答えを出すぐらいなら、
訳が分からないままの方がよかったのに。
わたしゃ主人公も行方不明になっちゃうのかと思いましたよ。
もうひとつの『eiko』は拾いもの。
お人好しで騙されてばかりの女の子が
みんなを幸せにするというお話し。
麻生久美子はそれほどお人好しには見えないけれど、
不器用そうな感じが良かったんじゃないでしょうか。
ただ彼女が成長して立派になっちゃいかんでしょう。
へなちょこのまま楽しそうに生きていけたら良かったのに。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月17日 (金)

50%引き

うっ、今日瑞鳥のお迎えの途中で店を覗いたら
クリスマスツリーが50%引き。
やられた~。
ま、その分楽しんでるんだから、当たり前だけどね。

そういえば松原みきさんが死んだんだってね。
80年代に「真夜中のドア」とか「ニートな午後3時」とか、
ちょっとジャジーな歌唱法で人気あったんだけど。
最近は「おジャ魔女ドレミ」の音楽なんかも
やってたそうですね。
それほどファンっていうわけじゃないけど、
44歳で死んだって聞くと、なんか寂しくなります。


日刊スポーツの映画大賞です。
作品賞    『血と骨』(崔洋一監督)
監督賞    黒木和雄『父と暮せば』、『美しい夏キリシマ』
主演男優賞  ビートたけし『血と骨』
主演女優賞  小雪『嗤う伊右衛門』
助演男優賞  中村獅童『いま、会いにゆきます』
助演女優賞  鈴木京香『血と骨』
新人賞    長澤まさみ『世界の中心で、愛をさけぶ』
外国作品賞  『ラストサムライ』
石原裕次郎賞 『半落ち』(佐々部清監督)
同新人賞   オダギリジョー『血と骨』

報知とは違うね。
小雪はどうなんでしょう。
悪くはないけど女優賞ほかにいないのか?

ビデオで『アップル・シード』。
CGの動きは最初気になっていたんだけど、
途中からはストーリーに入っていったから
すんなり見れました。
ただ、ストーリーの方が込み入っているのか
説明不足なのか、なんか設定が分かりにくい。
あんまりいい評判は聞かなかったけれど
意外と楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月16日 (木)

怖がる瑞鳥

瑞鳥は喘息がイマイチだったので、
用心のため保育園をお休み。
行く気満々だった彼女は大泣き。
ま、そのわりにはすぐに気分転換をしてたみたい。
ビデオ屋で『ファインディング・ニモ』を借りてきて
見てました。
最近、瑞鳥はテレビを観ていても、
怖いシあーンや乱暴なシーンを嫌がるようになって、
『ニモ』でも、最初のお母さんがサメに襲われる
シーンなんかは泣きそうな顔をしてました。
それだけ感情が育ってるってことでもあるし、
ストーリーを理解できるようになったってわけ。
この前もCATVで『ハム太郎』の映画版をやってたけど、
悪魔みたいなのが支配する国というところで、
「怖いからイヤ」といってハム太郎の活躍も見ずに
やめてしまいました。

こっちは資料を取りに母親の家に。
うちに入りきれない本やレコードを置かせてもらってるから、
ときどき取りに行ってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月15日 (水)

吸入器は重い

瑞鳥を迎えに行ったら元気なし。
ゼイゼイ言って泣きべそ気味。
しかたないから抱っこしたまま、
帰りにいつもの小児科に寄る。
「今日は喘息の子が多いですね」とお医者さん。
やっぱ気温が昨日より10度近く低いからね。
瑞鳥は、気温が下がるとてきめんに発作です。
というわけで吸入をしました。
でも、ゼイゼイがちょっと残っていたので、
家庭用の吸入器を持って帰るはめに
(無料で貸し出してくれるんです)。
そんなにひどい症状じゃないんだけどね。
重い荷物が増えちまいました。

今朝の流れ星は見れませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月14日 (火)

ひろし、止まれ

瑞鳥と保育園の帰り。最寄り駅前のスーパー前で
「今日は“止まれ!”って歌ってないね」。
なんじゃそれ?って聞くと。
何で分からないんだと言いたげに、「だから、
“ひろし、止まれ”っていつも歌ってるでしょ」。
そのリズムを聴いてようやく納得。
その店ではBGMによく「猪木のテーマ」をかけてるんですよ。
その“猪木、ボンバイエ”の連呼が
彼女には“ひろし、とまれ”と聞こえていたんですね。
おかしくっておかしくって、商店街の真ん中で、
笑いをこらえるのが大変でしたよ。
いやあどんな歌だと思ってるのかね。

30%引きで売っていたクリスマスツリーを購入。
酔鳥が手作りの飾りを考えているみたいなので、
きっと子供たちも楽しんでくれるでしょう。

アマゾンもHMVも年間セールスTOP100(50)を発表。
HMVは書籍もCDも韓国モノがやたら強い。こわいぐらい。
それに比べるとアマゾンは会社人間もけっこう利用しているよう。
私が読んだベストセラーは「アフターダーク」ぐらいのもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月10日 (金)

風邪かな?

風邪ひきはじめたかな。
頭が痛いし、咳が出る。
熱はないし、鼻水が出ないから、表面上はたいしたことない。
でも、すぐ頭が重くて眠くなる。
まずい。

深夜にロボコンやってる。
映画じゃないよ。ほんもの。
地道だったり、攻撃的だったり、
戦略に地域差があるっていうのが興味深いところ。
毎年思うんだけど、いくらアイディアが良くても、
確実に動くっていうのは大変なことなんだね。
1回戦で楽勝しても、2回戦で動かなかったりするから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 8日 (水)

開戦記念日じゃないのか

明日(12月8日)は何の日?と瑞鳥に聞かれました。
「うーん、真珠湾攻撃の日か」と答えると。
「何言ってんの」と一蹴されました。
「じゃあ、ジョン・レノンの命日」
「何それ」。
まったく受け付けてくれません。
「ジョウドウエでしょう」
そうそう瑞鳥の保育園は浄土真宗のお寺がやってるんだった。
ジョウドウエは成道会と書いて、
お釈迦様が菩提樹の下で悟りを開いた日のことだそうです。

戦争が始まった日、ジョンが殺された日、
そしてお悟りの日。

そうそう、そろそろ1年を振り返る頃です。
報知映画賞が発表されました。
最優秀作品賞 「誰も知らない」是枝裕和監督
最優秀主演男優賞 妻夫木 聡 「ジョゼと虎と魚たち」
「きょうのできごと」「69~sixty nine~」
最優秀主演女優賞 松 たか子 「隠し剣 鬼の爪」
最優秀助演男優賞 原田 芳雄 「美しい夏キリシマ」
「父と暮せば」「ニワトリはハダシだ」
最優秀助演女優賞 長澤まさみ 「世界の中心で、愛をさけぶ」
「深呼吸の必要」
最優秀監督賞 崔  洋一 「クイール」「血と骨」
最優秀新人賞 土屋アンナ 「下妻物語」「茶の味」
海外最優秀作品賞 「シービスケット」

ま、松たか子が主演なのかは見ていないので分かりませんが、
おおむね一般的評価はこんなところでしょう。
ビデオ専門の私は、「ジョゼ」「きょうの・・・」
「キリシマ」「下妻」あたりしか見てませんけど、
どれも良かったね。
ああ、もっと見なくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 7日 (火)

お祭り娘オンステージ

瑞鳥の保育園の発表会。
小鳥も一緒に見に行きました。
相変わらずのお祭り娘は、ステージの上でも大ハリキリ。
ウチで見せてくれたときよりも、
いちだんと丁寧にかつオーバーに踊ってました。
あとで感想を聞いたら、
ステージから客席が見えなかったので、
「お父さんちゃんと見てた?」と、
そのことばかりが心配だったらしい。
おまえは本当にそういうヤツだ。

私(眠鳥)の母も見に来ていて、
「いちばんリズムをちゃんと取っていた」と喜んでました。
小鳥に会うのも久しぶりで、「ずいぶん変わったね~」。
小鳥は、客席が暗かったのに驚いたのか、ずっと静か。
いつもの大騒ぎをおばあちゃんに見せてやりゃよかったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 6日 (月)

流れに乗るやつ流されるやつ

雨が上がって、気温がぐんぐん上昇。
25℃を超えたってね。夏日っていうのか。

気持ちがいいのでみんなでお散歩。
瑞鳥は何故かはしゃぎまくって、
大声でずっとオシャベリ。
明日が発表会だから興奮してるんだろうか?
疲れ過ぎなきゃいいけれど。
小鳥も絶好調で、川沿いの遊歩道で鳩を追いかけてすたすた。
雨上がりなので、川は流れが速くて推量もたっぷり。
水鳥や大きな鯉が流れに負けまいと頑張っていたり、
ときどき流れに乗ってもの凄いスピードで
ピューッと行っちゃったり、彼らの奮闘ぶりを
しばらく眺めてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 5日 (日)

ウンチ一発

瑞鳥と小鳥の2回目のインフルエンザ予防注射。
そのあと酔鳥方の祖母
(子供たちからみればひいおばあちゃん)のおうちへ。
瑞鳥はいつものように、部屋の装飾品を「あれなあに」
「これなあに」と聞きまくっていましたが、
小鳥はほとんど無言で無表情。
あやしいと思ったら、案の定、ウンチを一発。
さっぱりしたところで笑顔。
「お人形さんみたい」とか言われて照れてました。

予定より遅くなっちゃって、
疲れたふたりと食料品を抱えてようやく帰宅。
予報通り雨がチラホラ。ギリギリセーフでした。

夜はNHKのローマ帝国のシリーズ。
“世界不思議発見”より面白いからね。
ローマ時代のローマ字(?)って読みにくいってことが
いちばんのおどろき。
酔鳥は『指輪物語』の文字みたいと喜んでました。

雨がすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 4日 (土)

写真うつり

保育園の運動会の写真が保育園の玄関に貼ってありました。
瑞鳥が写っている写真を注文しようと、
見てみたんだけど、
彼女は端っこの方にちっちゃく写っているのばっかり。
その代わりと言っちゃなんだけど、
園児の世話を手伝っていた私(眠鳥)は大きく写ってました。
そんなもん注文しませんよ。もちろん。

テレビで『スパイダーマン』。
う-ん。
なんか途中からくどい話でした。
もっとスッキリした方が単純に楽しめたのに。
いや、こういう変なのも悪くはないんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 2日 (木)

お久しぶりー

ずいぶん日記をサボってました。
ちょっと忙しかったもんで。

瑞鳥は6日の発表会めざして練習してるみたいです。
うちに帰っても、オモチャのキーボードを
メチャクチャに弾きながらうたってます。

ビデオで「下妻物語」。
良し。
いってみれば友情に目覚める少女の成長物語だけど、
このセンス、この勢い、このおバカさ加減、
どれをとっても問題なし。
どうしたってヤンキーの方がもうけ役なのに
それをぶっ飛ばす深田恭子はただ者ではありません。
(ただし、最後の大活躍はいくらなんでもやりすぎ。
もうちょっと役に則した解決策を考えても良かったんじゃ)
宮迫、篠原の両親もいうことなし、
ロリータ・メーカーのデザイナーも効いてたし。
ややセンチな部分が気にはなったけど、満足の一本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »