« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月29日 (木)

世話好きな小鳥

小鳥のとびひも治って保育園に復帰。
でも、飲み薬のおかげでお腹がユルユル。
久しぶりにオムツから漏れて汚されちゃいました。
近ごろの小鳥はひとの世話をするのが大好きで、
私が風呂から出るやいなや、
着替えを持ってきて「どうぞ」。
まだ濡れているからちょっと待ってて、
と言っても「ありがとう」といって受け取るまで
許してくれません。

ビデオで「半落ち」。
つい“なかおち”と読んでしまう。
やっぱ、あれだけ謎のために黙秘を貫いて
元の同僚たちを困らせるというのは、
ただの嫌がらせでしょう。
警察も検事も弁護士も裁判官も新聞記者もいい人ばかりで
良かったね、と皮肉も言いたくなります。
可愛いのは奥貫薫さんぐらいでした。
うーん、残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月26日 (月)

とびひ

小鳥の首筋に赤いポツポツが。
とびひだそうです。
掻かないように気をつけていたけど、
見る間に、脇の下や膝の裏、肘の内側などに飛び火。
特に脇の下がかわいそう。
抱っこしても、かゆいし痛いしで、大泣きです。
それでも、病院でもらった薬を飲んでたら
少しは良くなってきたみたい。

私(眠鳥)は、朝起きる前につった左足ふくらはぎが
一日痛くて、ちゃんと歩けませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月24日 (土)

ガンコなお祭り娘

朝から瑞鳥は咳。
寝起きが特にひどいみたい。
朝食までは順調と思いきや、
薬を頑として飲まない。
「飲まないと保育園でプールに入れないよ」
といっても、受け付けず。
「早く飲まないと遅刻になっちゃうよ」とか、
脅しをかければかけるほど意固地になっちゃう。
とうとう、「飲まないんなら保育園はお休みね」というと、
それでもいい、と、ホントにお休み。
いつもは薬を飲むのがそんなに嫌いじゃないのに、
頑固なヤツ。
もっとうまく誘導してやりゃよかったんだろうけど、
こっちも意地になっちゃいました。

夜は、町内の盆踊り大会に、一家そろってお出かけ。
瑞鳥は大喜びで舞台のうえで「オバQ音頭」をひとおどり。
「大東京音頭」では酔鳥を引き連れて輪をひとまわり。
知らない踊りも見よう見まねでノリノリ。
カメラを向けても、気にもとめません。
小鳥は眠かったせいか、それほど乗ってません。

帰りに、来場した子供たちにお菓子を配るということでしたが、
殺到して数が足りなくなりもらえず。
べつに欲しかったわけじゃないけど、
ちゃんと整理して配ればいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月22日 (木)

レコード棚崩壊

昨晩、みんなが眠ってからLP調査の続き。
順調に進んでいると思いきや、
悲劇が発生。
LPを並べていた棚が崩壊。
いちばん上の棚板が落ちて、つぎの段のLPを直撃。
その圧力で次の段も崩壊。
ガーン!!
組立式の棚なんですけど、少しネジの閉め方が甘かったのか、
全体にややゆがんでいたんですよ。
そこに、LPを調べるために大量に出し入れしたので、
力が妙な具合にかかっちゃったんでしょう。
あわてて、LPを全部緊急避難しましたよ。
熱帯夜のなか、汗だくになって、
しかも真夜中だから大きな音を出さないように気を使って。
泣いちゃいました。

その後、どうにか棚を再建。とはいえ、
完璧とは言えず。不安はつきまといます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月21日 (水)

夏バテとウナギ

昨日、瑞鳥は保育園で吐きました。
夏バテですっかり食欲がなかったところに
プールではしゃぎすぎたのが原因のようでした。
(昨日から保育園のプールで遊んでいます)
保育園から連絡を受けて早めに迎えに行ったら、
真っ白い顔でボーっとしていました。
ゲロを吐いたことにショックを受けていました。
ポカリスエットを飲んでひと休みしてから帰宅。
今日は、どうにか食欲も戻って保育園も問題なし。
土用の丑の日。
酔鳥の実家からウナギを頂きました。
とはいえ、酔鳥はウナギがダメなんですよ。
アナゴもハモもダメ。
ということは、私のひとりじめ?

LPのチェックをはじめたけど、
小林啓子の『あげます』とか、懐かしいアルバムを
見つけて嬉しくなって、
ついつい聞いてみたりして、
時間ばかりかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月19日 (月)

夏休み

気がついたら、子供たちは夏休みなんですね。
どうりで毎日熱中症になりそうです。
ベランダにベビーバスを出して
水遊びをさせました。
小鳥も瑞鳥も保育園で水遊びをしているので大喜び。
いつまでもやめようとしません。
そばで見ていこっちの方が、暑さで頭がクラクラしそうに
なってきました。

手持ちのCDアルバムのチェックをしてみました。
ざっと見ただけですけど、
女性ヴォーカルもので580枚ぐらいでした。
あとは、LPのチェックをすれば、
ひととおり終了です。

埋もれていたCDを引っかき回していると
インディーズのビジュアル系のオムニバスCDに、
白塗りのラルクアンシエルが入っていたりして、
つい笑っちゃいます。
たぶん私は、有機生命体とかパパイヤパラノイヤをチェックして
いたんだと思うけど。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月15日 (木)

大ボケ

仕事の約束を忘れてしまった。
待ち合わせの時間に「今どこですか~」と電話が。
今日会うはずだったのを、
なぜかすっかり明日だと信じていた。
もうすっかり呆けている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月14日 (水)

盆踊り

瑞鳥の保育園で盆踊り。
踊りが大好きな瑞鳥は、ピンクの浴衣で大はしゃぎ。
目を輝かせながら、“チャレンジ音頭でチャッチャッチャッ”と
腰をひょいひょいひねっていました。
あのノリの良さは、親譲り?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月12日 (月)

開票速報

午後から雨が降るという予報だったので、
全員そろって早めに投票所へ。
瑞鳥はもう何度も選挙を経験してるので、
私の一票を投票箱に入れてくれるのも慣れたもの。
帰りにドーナッツ屋に行って昼食でもと思ったら、
なんと、「電気系統の故障でしばらくお待ち下さい」、
との張り紙。
ドーナッツ屋が、休日のお昼時に閉まっているはと、
呆然としていると、店員が出てきて「あと30分で
始めます」とのお言葉。近くのBOOK OFFで
時間をつぶしてようやくドーナッツにありつけた。
それほどのドーナッツ好きかって?
得点を貯めてポン・デ・ライオンのクッションを
もらうためさ。

さあて、開票速報も順調に進んでます。
基本的に予想の範囲内です。
確定した選挙区を見ると、定員73のうちはずれは4つ。
予想は94.5%的中ってことで、まずまず。
そのうちひとつは、同じ民主党同士でどちらが当選するかを
間違えたもので、あとはすべて自民党と無所属(野党系)の
争いでした。プラスマイナスがあって、
選挙結果としては自民党が私の予想よりひとつ多く、
無所属がひとつ少ないというものでした。
比例区は、今も開票中で最終結果は未明までかかりそうだけど、
今の情勢なら、はずしてもひとつぐらいじゃないかな。
/結果が出ました。みごと100%的中でした。
ってことは選挙区・比例合わせて1議席違っただけ。
大当たりだけど、予想通りというのもなんかつまらないもの。
以前ほど無茶な予想しないで、
世論調査通りの無難な選択をしたせいなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月11日 (日)

さあ選挙です

ようやく投票日ですね。
これから選挙結果の予想をしなくっちゃ。
なんか、悪い予感がするけど、どうなることやら。
ま、少なくとも開票速報だけは楽しませてもらいたいものです。
民放の開票速報は、出口調査による予想とか
評論家たちのおしゃべりばっかりで、
肝心の票数をちっとも伝えてくれないから、
やっぱNHKがイイね。
とくに、ひたすら開票状況を伝えてくれるBSがいちばん。

ビデオで「クジラの島の少女」。
誰も言わないけれど、クジラを助けるところは、
王蟲を助けたナウシカを思い出しました。
それだけでもメッケモンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月 8日 (木)

千夜千冊

編集プロデューサー松岡正剛氏のサイトに
「千夜千冊」という、
簡単に言ってしまえば、本を千冊紹介する企画があります。
4年半ぐらい続いて7月7日に終了しました。

松岡正剛っていう人は、ちょっとカリスマが入っていて
一部では熱狂的な人気があります。
いかにも頭がいいでしょうっていう感じで
私はあまり好きになれないタイプですけど、
いろいろな本やその著者を紹介したり
コラボレートする編集者としての技量はたいしたものです。

このサイトで紹介されている千冊も、
文学から建築、数学、哲学、歴史、ノンフィクションと
いう幅広さですが、
1冊1冊が孤立しているんじゃなくて、
互いにリンクしつつ、それ以外の著作にも
拡大していくように仕組まれていて、
なかなか読み応えがあります。
ちなみに1冊目が中谷宇吉郎の「雪」で
1000冊目が良寛全集でした。

もっとも、千冊のなかで私が読んだことあるのは、
60冊ぐらいしかありませんけど。

実は、私が珍列棚を書きはじめるのにも
影響があったので、紹介しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月 5日 (月)

ウィーズリー家の伝統

ハリポタを観ていると、キャスト達が着ているニット類に
つい注目してしまいます。
1~3までいろいろかわいいのを着ているのです。
ストーリーにも関係してくるのが、ロンのお母さんがクリスマスプレゼントに
毎年送ってくれるセーター。
(魔法で編んでいるようでした。いいなぁ。)
最近の「せかいふしぎ発見」のハリポタ特集でも、この映画の
“イニシャルを編み込んだセーター”についてやっていました。
誰だか分からないままだったけど(?)おばあさんの
手作り品ということでした。
毛糸のことが気になっていて、もしや?と思ったらやっぱり
ローワンのフェルテッドツイードとのこと。
(ローワンの店長日記参照~☆)ローワンとイエガーの糸は
大手のブランドで使われることが結構多いんですよ。
こうなると、俄然おそろが編みたくなってしまいます。
・・・でも、大人向きじゃないかな~。

こうして改めてセーターのことを考えるとウィーズリー家って
全員のイニシャルがちゃんとバラけてますね。

編み物もそうなんですが、なぁんとなく魔女がやってそうなことに
興味がいきがちです。おばあさん方面ともかなり重なる(^^;

最近、私(酔鳥)が術後ですから、いろいろといつもの倍くらい
眠鳥が頑張ってくれていて、今は疲れてうたたねしてます。
でも、今日は暑さと湿度だけでもうんざりです。
編み物なんて冗談じゃない!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月 1日 (木)

スコットランドの景色はイイ!

酔鳥です。
昨日は「ハリポタ3」を観てきました。
私の想像の中のハリーはこんな格好良かったけ?と思うことしばしば
でした。たまにすんごく鼻の穴が膨らんでて格好悪いと
それっぽいかんじ。
・・・ゲーリー・オールドマンか。「シド・アンド・ナンシー」だな。
そういえば、ダニエル君が「ベースを教わった」なんてめざましTVで
言ってたけど、そういうこと?
でも、シドじゃ「♪バババババババババーー♪バババババババババーボ
バーボバ バーボバ バーボバ バッバ!・・・」って
アナーキー・イン・ザ・UKのベースラインを
全部書くとこだった。
本人より映画の方がまともっぽかったかも(笑)。
極楽とんぼの加藤さんみたいな顔だったなぁ~。

あれ?カドガン卿でてなかったような・・・。
DVDには入るんだろうな。
首席バッジもグッズには入ってたけど、カットされてましたね~。

今日は、手術でした。半日入院です。手術って今までこの半日版しか
経験がありません。いや、有り難いことですよ。
今回は、今までに使ったことのない麻酔をされたのですが
これがやっかいでした。だるくて幻覚を見るんですよ。
私は幻覚を見るときは「オモシロ幻覚」を見るタイプで
(そんなのあるのかな?)
今回はここ2・3日読み返していた「ゲド戦記 」
の影響か
小舟がやたら出てきました。“はてみ丸”ですかね。
あとでかーいパパイヤの小島。私はバオバブの木でしたよ。
面白そうですけど、グラグラして吐き気もするんでどんなもんでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »