« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月29日 (月)

音も静かです。

鼻血が出そうなくらい忙しい・・・。

今週後半から、ミシンが導入されて「保育園グッズ作り」は
スピードアップ!7割くらいはなんとか片づきました。
あと3日だから、普通の人にとってはこれが当たり前なんだろうなー。
でも、わしの洋裁の出来なさ加減ときたら・・・奇跡です!
・・・いや、ミシン様がイイ仕事してるせいです。

イノヴィスN80という、割と流行もんのミシンを買いました。
上糸を糸カセット、というのにいれるだけでよし。というのが
大きな特徴。ものぐさな酔鳥向き。
他には、刺繍がお得意らしく(刺繍ミシンというのが本名)
SP100,P100という1ランク高い型番のものは、デフォルトで
キャラクター刺繍つき。わしのもちょっとだけついてます。
あとは、結構高いメモリーカードみたいなのを購入すれば
いろんな刺繍も思いのまま・・・けど、糸を沢山買わないとならない
から興味ないんだけど。

因みに、SPはスヌーピー。Pはプーさん、みたいですね。
どーでもいーいですよ♪

ぼんやりしてる間にBBSがなくなっちゃいました。
ε=(>ε<) プッー!
いつ復活できるやら・・・。
まぁ、たいていメールで事足りるからいらないのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月26日 (金)

寝違え

昨日は瑞鳥を眠らせようとしているうちに
こっちが変な姿勢のまま寝てしまい、
朝起きたら、肩、背、脇腹の筋肉が痛い。
年をとると筋肉痛がなかなか治らないもんです。

わが家から駅までの間に新しい道が開通。
歩く時間も2~3分は短縮されたようです。
実はこの道昨年の11月ごろには出来ていたのに、
ずっと通行止めになって、毎朝、瑞鳥と
「早く通れるようになればいいのにね」
と語り合っていたもの。
粘りに粘って年度内ギリギリに開通というところが
お役所仕事なんでしょうか。
いや、便利で助かるんですよ。

ビデオで「戦場のピアニスト」。
けっこう情けない主人公なんですけど、
最後にナチの将校に見つかった彼は、
職業を聞かれて「ピアニストでした」と答える。
そう、このとき彼はピアニストではなかったわけです。
彼がピアニストとして復活したのは、
将校に強制されてピアノを弾き始めたときなんですね。
その辺のことが気になっています。

眠鳥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月25日 (木)

寒い!!!!

ここ数日の気温の低下のせいか、
眠鳥は寒気と頭痛でしばらくダウンしてました。
酔鳥は例の小鳥の保育園セットのことでたいへん。
というわけで、日記をお休みしてしまいました。
眠鳥はようやく持ち直したみたいですが、
こんどは酔鳥がやばそう。
親の不調につられたのか、
瑞鳥がもどしたりして今日は保育園はお休み。
「ゲェってしてごめんね」とか
泣かせるこというやつなんですよ。こいつは。
そのくせウンチをパンツにして平気というのは何故だ?
小鳥は自分のことで母親が死にそうなことなんぞ
気にも留めずにいちばん元気。

日記休んでいたから今さらながら書くけれど、
いかりやさんが亡くなりましたね。
年齢からいえば早すぎるってことはないけど、
やっぱビックリしましたね。
エッセイとかじゃなく、記録的にしっかりした
インタビューを残しておくべきでしたね。
合掌

        眠鳥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月17日 (水)

ピーンチ

保育園の面接に行ってきました。
瑞鳥とは別の所なので、書類や持ち物など細かいところが
いろいろ違うので大変です。
ある程度は覚悟していたんですが、恐ろしい事実が判明しました。
「作り物」グッズ14点(最低でも)。
布団カバーだとかバッグだとか、指定の形に作って行くわけです。
ちょっと!わしがどんだけ裁縫苦手だと思ってんの!!
使ってる内に、バラバラになっていったりしなけりゃいいが。

とりあえず、眠鳥さん業務連絡です。
ミシンのローンをいっしょに払ってくださーい!

それから、面接のあと一旦うちに帰り昼寝・ごはんのあと
もう一度園に行き、健康診断などがあったのですが
そのわずかな時間に、小鳥はすっころんで頭から流血・・・。
子供に怪我をされたことがないわしらは、
完全にテンパリ泡食って病院に駆け込みました。
身体に鉛のベストを3枚ものせられて、顔だけだしてる
小さい小鳥が、CTから出てきたときには
あまりの不憫さに、記念撮影したくなっちゃいました(爆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月15日 (月)

夜に驚く

もともと瑞鳥は良く寝言を言うタイプなんですけど、
昨晩は大変。
「やめて~やめて~」と延々と大声で叫び続けました。
夜驚というのだそうです。
ものの本には、子供の成長期にありがちなことで、
そんなに気にしなくてもいいと書いてはありますが、
側で叫ばれている身には気になるどころの騒ぎじゃありません。
驚いたのはこっちの方です。
あやしたところで、眠っているのですから
効き目があるわけじゃなく。
かといって放っておくわけにもいかず、
参ってしまいました。

おかげで、小鳥に授乳をしなければならない酔鳥は
私以上に寝不足になってしまいました。

                 眠鳥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月14日 (日)

つぼみ

昨日も今日も天気が良かったので
瑞鳥、小鳥とお散歩。
近くの桜並木はもうすっかりつぼみが膨らんで、
もうすぐ開花しそう。
来週末はお花見ですね。

そういえば昨年末に発表になっていた
BBCの小説の人気投票BIG READ。
前に見たときには、BEST100の上位はHPに載っていなかったけど、
昨日見てみたら全部ありました。

1. 指輪物語/トールキン
2. 高慢と偏見/ジェイン・オースティン
3. ライラの冒険シリーズ/フィリップ・プルマン
4. 銀河ヒッチハイク・ガイド/ダグラス・アダムス
5. ハリー・ポッターと炎のゴブレット/J.K.ローリング
6. アラバマ物語/ハーパー・リー
7. クマのプーさん/A.A.ミルン
8. 1984年/ジョージ・オーウェル
9. ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり (1) /C.S.ルイス
10. ジェーン・エア/シャルロット・ブロンテ
11. キャッチ22/ジョーゼフ・ヘラー
12. 嵐が丘/エミりー・ブロンテ
13. よみがえる鳥の歌/セバスティアン・フォークス
14. レベッカ/デュ・モーリア
15. ライ麦畑でつかまえて/J.D.サリンジャー
16. たのしい川べ/ケネス・グレーアム
17. 大いなる遺産/ディケンズ
18. 若草物語/オルコット
19. コレリ大尉のマンドリン/ルイ・ド・ベルニエール
20. 戦争と平和/トルストイ

いちおうすべて邦訳は出てるみたいです。
ファンタジー&児童文学そしてSFが強いのが
イギリスらしさなのでしょうか。
(ちなみに私はこのうち4作しか読んだことはありません)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月13日 (土)

シモキタ散歩

今日は、ひっさしぶりに遊びに出掛けました。
古~くからの友人とシモキタ散歩ですよ。
私の友達の中でも最古参な彼女。学校も違うのに・・・不思議なもんです。趣味が結構重なったりするんですよね。
思い出してみると、「あー友達になりたいなぁ」と思ったのは
勿論同じ趣味というのもあるけど、「好きな顔だなぁ、かわいいなぁ」と思ったからだったなー。好みのタイプってこと、だいたいカオで
選んでしまうんですよ。カオ情報ってのも結構重要だと思うので。

で、「変わってないよね~(ため息)」とか話してたんですが
まぁ変わってないところもあるけど、彼女が今までの人生いろいろ
頑張ったり、悩んだりしつつも笑顔でやっているのを知っているので
「いや~、絶対成長(というのも恥ずかしい年齢だが)してるって!!」と心の中で思うのでした(心でかい!)

でも、その世代ならではの下らな~い「懐かしバナ」は
ホント面白いです。いや、トシですな。
バースデープレゼントも山盛り頂いちゃって・・・
綺麗なもの・良い匂いのものいっぱいで、わし好みで
チクテのマフィンは美味しいし、とっても充実な一日でした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月12日 (金)

ヘコみ~。

毎日がシイタケ収穫祭!

脱力感に襲われています。
子供が珍しく早く寝たので、編み物に没頭していたのですが
没頭しすぎて、減らし目が始まる段に入っても
気がつかず編み続けてました。
あ~、何段ほどかなきゃならないのかまだやる気になりません。
明日以降だな~。
でも、ほどくのってしょっちゅうなんですけどね。
毎回かる~くヘコんでます。

手芸は時間の芸術って言うんだそうです。
・・・それにしても、わしの手はのろいよなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月11日 (木)

シイタケ騒動

シイタケが育ってきたので、
瑞鳥は保育園の先生に見せるといって
大きなのを2本持っていきました。
ところが、帰りに迎えに行ったら、先生に聞かれました。
「今日どうしてシイタケ持ってきたんですか?
聞いても答えてくれなかったんですよ」
そりゃ不思議だよね。
用もないのにシイタケ持って来たんだから。
説明をしたら、「シイタケ大きくなって良かったね~」と
言って頭を撫ぜてくれたんだけど、
瑞鳥はもうシイタケのことなんかどこかに行ってしまって上の空。
うーん。どこまでわかっているのやら。

       眠鳥


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月10日 (水)

古本屋さん

一昨日高円寺に行ったときにのぞいた古本屋で、ずっと探していて、
あっても私にとっては異常に高かったりした本を入手。
ま、掘り出し物ってほど安かったわけではなかったけどね。
『十八世紀の自然思想』というんだけど、
ヒュームとかシャフツベリーなんて、誰も興味ないか。
あんまし今どきの本じゃないね。
それなら今日百円で手に入れた
『ストーカー』byストルガツキーの方がお買い得でしょうかね。

今日は小鳥が椅子から転落。顔面を強打してビックリ。
鼻の下が腫れてしまいました。
最初は大泣きしていましたくせに、
しばらくしたらケロッとしてまた椅子の上で仁王立ち。
こいつはくじけんヤツです。

      眠鳥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 8日 (月)

目立た~ぬよ~おにぃ~♪

季節はずれの編み物に夢中の酔鳥ですが
時代からも遅れてしまっているようです(^^;

どうも近頃の編み物業界のトレンドは「かぎ針」(クロシェ)
のようです。わしの捨てた(?)かぎ針・・・。
いや、でも簡単に楽しめてかつ奥の深い世界なんですよね。
ローワンマガジンの最新号もクロシェの特集だし。
洋書コーナーでは、こんなのが流行中ですし。
→いろんな素材で編んでいて面白いです。雑貨好き、旅行好きの
人なんかは楽しめそうです。私はこの人の棒針作品の方に
興味が向いていますが。

海外は、有名ファッション誌の編み物版なんかもあって
楽しそう・・・。
やっぱりそれは、スス・カズンさんのハリウッドでの活躍とか影響してるんでしょうね
~・・・ちょっと古い話題ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 7日 (日)

プテラノドン

瑞鳥に頼まれてハサミの使い方を教えました。
最初は持ち方もおかしくて、
指を挟んじゃったり、切りそうになったり、
怖々やっていましたけれど、
しだいに調子に乗ってきて、チラシをどんどん切って
ほとんど紙吹雪状態になりました。
そのうち、きれいな千代紙を切ろうとしたので
今度は折り紙に。
と、思ったけれど、私は出来ないので、
酔鳥に鶴を教えてもらいました。
ついでに私も折りましたけど、
ほとんどプテラノドンのよう。
瑞鳥には「お父さんのヘンだね」と言われてしまいました。

小鳥はいつもご機嫌な愉快なヤツです。
ただ、行動範囲がどんどん拡大して
あちこち荒らし回っているのには参ります。
引き出しのなかの小物やテーブルのうえの物は
つねにねらわれています。
今日もインスタントコーヒーを床にまき散らして大喜びでした。

ふう~う。つかれた。

          眠鳥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 6日 (土)

脱衣所で

シイタケを育てています。

何本生えてくるかな~♪

カサが開ききる前に収穫しないと
胞子が辺り一面に飛んで真っ白になるらしいです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 5日 (金)

往年のアイドル

昔アイドル歌手だった女優さんと話す機会があって大喜び。
デビュー当時のことは当然だろうけど、
もうやる気がなくなったんじゃないかと思える頃の話しも
楽しそうにしてくれて嬉しくなっちゃいました。
(なんせ、元アイドルのなかには昔の話は
思い出したくもないっていう人もいますからね)
たとえ3~4年のあいだでも
そういうキラキラした思い出があるっていうのは
素敵なことなんだなあとつくづく思い知らされました。

             眠鳥



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 1日 (月)

雪です

雪です。今さら雪です。
今冬は暖かかったのでもうムリだと思っていたのに、
3月になってからですからね。
いやあ、ビックリですよ。
しかもちょうど喘息の瑞鳥を病院に連れていってる
ときだったから、瑞鳥も大喜び。
っていうか、私が喜んだからつられて喜んだんでしょうね。
瑞鳥は気温が下がると必ずといっていいほど発作が出でます。

小鳥は昼夜逆転の生活で、親を寝かしてくれません。
4月からの保育園が内定してひと安心。
これで、生活のリズムも出来てくれれば良いんだけどね。

サッカー、日本対バーレーン戦。
まだ0対0。なんかいつもと同じで日本は点取れない。
実力はきっと上なんでしょうけど、イライラする展開です。
あ、引き分けでした。
ま、負けなくて良かったんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »