« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2004年1月30日 (金)

ジジイ・・・並みです

頭が痛い。
ボーっとする(これはいつもか)。
風邪の引きはじめみたいだ。
早寝しようと思ったけど、なんか目が醒めている。

そうそう。
教育テレビで、パソコンの基礎知識を教える
「まる得マガジン」とかいう番組があります。
マウスの持ち方とかクリックの仕方を
初心者のおじいちゃんに丁寧に教えているんですよ。
今日なんとなくそれを見ていたら、
私が知りたかった日本語入力のオンオフの
ショートカットの仕方をやっていた。
ガーン!何年もパソコン使っていて、
私はジジイ並みだったのか。
もともとMacを使ってたから、Windowsがよく分からなかったとはいえ
そんなこと説明書見りゃ書いてることだろうに。
いっつもそうなんです。
本棚組み立てたらビスが余っていたり、
ビデオにいまだによく分からないボタンがあったり。
あとになってから大騒ぎですよ。

                    眠鳥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月24日 (土)

元気が出ること

先日、数年ぶりにあった友人とお茶を飲みました。
フリーランスの仕事はお互い厳しいけれど、
流されずに自分を保ちながら頑張っている
彼女の話にこっちまで元気が出てきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月22日 (木)

楽しいなぁ。

面白いハウル!!

今日やっと手に入れて読みました。
2回読んじゃいました。

動く城は、宮崎さんのとちょっと違うイメージで思い浮かびました。
映画が公開されても、このイメージや登場人物の顔とか声なんかを
忘れたくないなーと思います。
「ちびまるこちゃん」とかアニメ化されたとき
イメージとの声のギャップに驚いたはずなのに
もう前までどんな声で読んでいたか、思い出せません。
「ハリポタ」と「指輪物語」はまだ思い出せるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月18日 (日)

TSUTAYA100円

今週土日のTSUTAYAは100円。
日曜の昼頃に子連れでのんびりと行っても
めぼしい作品は、当然、全部貸し出し中。
で、借りたのは『Jam Films』と『さざなみ』。
『JAM~』はオムニバス。
オムニバスはいまいち食い足りないことが多いんだけど、
参加監督が、飯田譲治、岩井俊二、北村龍平、篠原哲雄、
堤幸彦、望月六郎、行定勲というから、
どれか面白いんじゃないかな。
『さざなみ』は2002年の作品で、
『鉄塔武蔵野線』の長尾直樹監督作品。
主演が唯野未歩子というのも気になるところ。
その前に借りたのも『天使の牙』と『光の雨』。
またしても邦画ばっかりでした。
あとは、瑞鳥用に『機関車トーマス』。
うちに帰ってからさっそく2回も観てしまいました。

小鳥は、立ち上がる時間が長くなっています。
歩くのも時間の問題か?
でも、今日もガスファンヒーターをひっくり返して喜んでいた
彼女が、歩き出して行動範囲を広げるかと思うと
いささか心配でもあります。
          
                    眠鳥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月16日 (金)

風の谷のナウシカ

瑞鳥の水ぼうそうもようやくなおりました。
来週から保育園に行けそうです。
このところずっと子供の看病日記みたいだったので、
やれやれです。
小鳥の方は、1歳の定期健診をしました。
こちらも順調でした。
ただ小鳥は瑞鳥の1歳の頃とは違って、健診中ずっと泣き通し。
おまけに身長を測るときにオシッコをしてしまうし
そりゃもう大騒ぎ。
ま、何はともあれひと安心です。

夜、『風の谷ナウシカ』をテレビで。もう何度目でしょう。
酔鳥は「何度見ても新しい発見がある」と喜んでいました。
どんどん話が膨らんでいったコミック版の方が、
ナウシカのキャラひとつとっても混沌とした魅力があって
好きですが、スッキリしたアニメ版も悪くありません。
いまさら宮崎アニメほめてもしょうがありませんけどね。

昨日、タイトルに惹かれて
夷狄を待ちながら」を買ってしまいました。
なんか、前にも紹介した「タタール人の砂漠」みたいな
感じがするでしょう。
家に帰って本棚を見たら「敵あるいはフォー」と
同じ作家の作品だということに気づきました。お恥ずかしい。
これは「ロビンソン・クルーソー」の手の混んだパロディで、
簡単に言ってしまえば、デフォーの植民地主義的な視点を
ひっくり返している作品です。
ならば、この「夷狄を待ちながら」も一筋縄ではいかない
面白さがあるはず。楽しみ楽しみ。

                         眠鳥



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月11日 (日)

とうとう

瑞鳥も、昨日から「水ぼうそう」の症状が出ています。

連休だけどどこにも行けません。
でも、お休みらしいことはしたい!というわけで
久々に、パン作りをしました。
今日はイングリッシュマフィンを。
時間がたっぷり使えるので、チクテを真似て“直火焼き”に
初挑戦してみました。
「焼き」に50分(時々裏返す)かかるので
休みの日向きのパンですな。

日曜急患診療所の帰りに、眠鳥たちが
おにぎりなどの昼食を買ってきてくれたので
ご飯をつくらずおなかいっぱい!
ふわふわしたパン生地をこねて
窓を閉めれば部屋は温かい!しで全く幸せもんでした~。

でも、水泡の痛い瑞鳥さんはずっとべそをかいていました。
(あまり抱っこしてもらえない、小鳥さんも泣いてました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月 7日 (水)

口内炎が

口内に出来ていない日がない。
だいぶ前に、大病した頃同じような現象に見まわれたが
これは、原因がハッキリ違う。

毎回「歯ブラシでガリっっ!」である。
眠鳥じゃあるまいし、そんなに親の敵のようにガリガリと
やっているわけではないのだが。
年末年始、寝坊する日が多くて常に焦りつつ磨いていた
せいと思われる。あぁ、うっかり。

なんだか、顔まで腫れてきたのが悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月 3日 (土)

今年もよろしく

昨年は珍列棚の更新が思ったほど進まなくて
われながら情けない。
今年は、もっと頻繁に更新したいと思っています。
まあ、めちゃくちゃな自己満足ですが、
どうぞよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月 2日 (金)

宝くじ当たってればなぁ・・・。

昨夜、久々にあちこち更新する。
壊れたメディアは、だいたい修復されて戻ってきた。
お助け隊のおかげでR。

しかし、ここにきてデジカメの調子が悪い。
スキャナも完全に壊れていて、年賀状づくりには大いに支障が出た。
写ることは写る。が、モニターが出来ない。
もう、デジカメの良さー80でR。

顔から離して、安定した姿勢がとれることや
対象を、両目で確認できること。
それと、明るさなどの仕上がりをだいたい見ておけること
が、私にとってのデジカメの利点なんだけど・・・。
あとの20は、PCに取り込みやすいって事なんだけど
スキャナが壊れちゃってるし、ここもかなり重要なので
壊れてても、解像度が低くても、レンズが暗くても
デジカメを使っちゃいます。

コンポのCDも壊れてるし・・・。
ついつい電気屋さんのチラシばかり目がいく今日この頃でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »