2018年9月28日 (金)

10月の気になる新書・文庫・選書

10月新刊から気になる新書・文庫・選書をピックアップ、私の蔵書とリンクして紹介します。

◎岩波新書「武蔵野をよむ」赤坂憲雄
赤坂氏の著書では「王と天皇」「異人論序説」「子守り唄の誕生
柳田国男の読み方」「排除の現象学」「漂泊の精神史
遠野/物語考」「東西/南北考」があります。
もちろん国木田独歩は読んだことはありませんが、郊外についてなら
東京の都市計画」で触れています。

◎岩波新書「大化改新を考える」吉村武彦
吉村氏のものでは「聖徳太子」があり、大化改新では
大化改新」「蘇我蝦夷・入鹿」あたりでどうでしょう。

◎岩波新書「移民国家アメリカの歴史」貴堂嘉之
うちの書棚のでは「物語アメリカの歴史」がぴったりかも。

◎中公新書「公卿会議―論戦する宮廷貴族たち」美川 圭
◎中公新書「陸奥宗光-「日本外交の祖」の生涯」佐々木雄一
中公は明治維新で押します。ただ実は偉かった明治政府的な視点ばかりを感じて、佐幕派(?)の私には面白くありません。

◎中公新書「外国人が見た日本-「誤解」と「再発見」の観光150年史」内田宗治
こんなに素晴らしい日本的な内容なら詰まりませんが、どうでしょう。
書棚には「ワーグマン日本素描集」「イザベラ・バードの日本紀行」があります。

◎講談社現代新書「ヘーゲルを越えるヘーゲル 現代思想と自由の条件」仲正昌樹
うちにはヘーゲルは4冊ありますが、弁証法とか抽象的な議論にはついて行けず「法の哲学」だの「歴史哲学」だのの具体的なところしか理解できません。
入門書を読んでもピンときませんでしたが、これはヘーゲルそのものではなくヘーゲルの可能性を探ろうというもののようです。

◎講談社ブルーバックス「地球46億年 気候大変動 炭素循環から読み解く、地球の過去・現在・未来」横山祐典
蔵書では「生命と地球の歴史」が近いでしょう。

◎講談社ブルーバックス「日本列島の下では何が起きているのか」中島淳一
地震と噴火の日本史」ぐらいです。

◎ちくま新書「モンゴル人の中国革命」楊 海英
関連あるのかどうか「ノモンハン戦争」「回教から見た中国」なんて本は持っていますが。

◎ちくま新書「大阪城全史: 歴史と構造の謎を解く」中村博司
大坂城について触れているのは「秀吉の経済感覚」かな。

◎平凡社新書「経済学者はこう考えてきた: 古典からのアプローチ」根井雅弘
経済学史の入門書はけっこう出ているんですね。うちの本棚の「市場社会の思想史」「思想としての近代経済学」はともに読みやすい本です。

◎新潮新書「墓が語る江戸の真実」岡崎守恭
特別な真実がわかるといいのですが。本棚には「墓と葬送の社会史」があります。

◎白水社文庫クセジュ「社会主義リアリズム」ミシェル・オクチュリエ
類書が手元にないかと思いましたが「現代ロシアの文芸復興」「ポーランド入門」あたりで触れています。

◎岩波文庫「東京百年物語 1 一八六八~一九〇九」ロバート・キャンベル、十重田裕一、宗像和重編
たとえば「都市空間のなかの文学」「東京の空間人類学」
「東京の都市計画」あたりでつながるのでしょうか。

◎岩波現代文庫「幕末維新変革史 上」宮地正人
たぶん政治史よりの話だとは思いますが、その辺は整理してしまったので「幕末維新の民衆世界」「文明開化」ぐらいしかありません。

◎ちくま学芸文庫「科学の社会史」古川 安
私の好きそうなテーマです。「科学革命」「啓蒙のヨーロッパ」
「博物学の黄金時代」「科学の考古学」「テクノヘゲモニー」など
気になる本がどんどん思い浮かびます。

◎ちくま学芸文庫「中世の覚醒 アリストテレス再発見から知の革命へ」リチャード・E・ルーベンスタイン
中世思想史の名著だそうです。うちの「中世哲学への招待」
「西洋古代・中世哲学史」「中世の知識人」あたりとつながります。

◎ちくま学芸文庫「戦争の起源 石器時代からアレクサンドロスにいたる戦争の古代史」アーサー・フェリル
とりあえず「戦争学」でどうでしょう。

◎ちくま学芸文庫「つくられた卑弥呼 〈女〉の創出と国家」義江明子
卑弥呼は巫女王というこれまでの通説を疑うもの。わが家の数多い邪馬台国もののなかでは卑弥呼に詳しい「邪馬台国」を挙げておきます。

◎ちくま学芸文庫「ミトラの密儀」フランツ・キュモン
ミトラ教については「世界宗教史3・4」「ローマ帝国の神々」
「古代オリエントの宗教」が論じています。

◎講談社学術文庫「世界史の哲学講義(上) ベルリン 1822/23年」G.W.F・ヘーゲル
「歴史哲学講義」はあります。読み比べることでヘーゲル講義が立体的に浮かび上がるのでしょう。

◎講談社学術文庫「差別の超克 原始仏教と法華経の人間観」植木雅俊
法華経については「大乗経典を読む」があります。

◎講談社学術文庫「興亡の世界史 イタリア海洋都市の精神」陣内秀信
「都市ヴェネツィア 歴史紀行」「物語イタリアの歴史」は関連するはずです。

◎講談社学術文庫「聖遺物崇敬の心性史 西洋中世の聖性と造形」秋山 聰
聖遺物といえば「巡礼の道」に尽きます。衝撃を受けました。同じ著者の「中世の奇蹟と幻想」も併せて。

◎ハヤカワ文庫NF「貨幣の「新」世界史 ハンムラビ法典からビットコインまで」カビール・セガール
うちのでは「貨幣とは何だろうか」ですか。

◎光文社古典新訳文庫「三つの物語」フローベール
うちにあるのは岩波文庫版です。

◎講談社選書メチエ「胃弱・癇癪・夏目漱石 持病で読み解く文士の生涯」山崎光夫
漱石についてふれているのは「都市空間のなかの文学」ぐらいでしょうか。

◎講談社選書メチエ「なぜ私は一続きの私であるのか ベルクソン・ドゥルーズ・精神病理」兼本浩祐
心理学系は最も苦手なやつです。「格闘する現代思想」ぐらいかな。

◎筑摩選書「いにしえの恋歌: 和歌と漢詩の世界」彭丹
私には縁遠い世界です。かすかに「小野小町」がかする程度です。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「「中世武士 畠山重忠 秩父平氏の嫡流」清水 亮
畠山重忠が出てくるかどうかは忘れましたが「武家の棟梁の条件」「源平合戦の虚像を剥ぐ」あたりが絡むでしょう。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「〈東京オリンピック〉の誕生 一九四〇年から二〇二〇年へ」浜田幸絵
このテーマでは定番の「皇紀・万博・オリンピック」です。

今月は出版数は多いのに私の興味が向くものが少ないようです。
新書ではかろうじて「移民国家アメリカの歴史」
文庫は「中世の覚醒」「ミトラの密儀」がともに余裕があったら欲しいぐらいです。ほかにも「科学の社会史」「聖遺物崇敬の心性史」など充実しています。
選書は残念ながら一つもありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

図書館で4冊+CD1枚

買い物ついでに図書館で予約していた4冊とCD1枚を借りました。
古生物学者、妖怪を掘る―鵺の正体、鬼の真実
解釈学
異端の時代――正統のかたちを求めて
江戸東京の明治維新

わが家の本棚にあった参考文献は、
蘭学事始」と「正統と異端」だけ。

CDは『金八』私立恵比寿中学。ま、ご愛嬌ってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中野で小島麻由美

中野のDiscUnionで格安の小島麻由美をゲット。
二十歳の恋』です。
小島麻由美はアルバム2枚にシングル5枚とけっこう持ってるので、実は持ってるんじゃないかと心配してしまいましたがこれはお初でした。
うちにあるのは
アルバムが『セシルのブルース』『パブロの恋人
シングルが「はつ恋」「真夜中のパーティー」「ふうせん
ロック・ステディ・ガール」「ブルーメロディ
ジャズとフレンチが基調のシャレた、なおかつけれん味たっぷりのヴォーカルが癖になるポップスです。
Kojima_mayumi_hatatinokoi

Kojima_mayumi_bluesdececileKojima_mayumi_sweetofpablo

Kojima_mayumi_hatukoi
Kojima_mayumi_mayonakanopartyKojima_mayumi_baloonajouer
Kojima_mayumi_rocksteadygirlKojima_mayumi_bluemelody


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

追悼 小田裕一郎

作曲家の小田裕一郎氏が亡くなりました。
スタジオミュージシャンからサーカス「アメリカン・フィーリング」のヒットで作曲家としてブレイク。
石川優子「クリスタル・モーニング」を経て、80年代は松田聖子の初期楽曲でヒットメイカーとなりました。
ほかに杏里「キャッツ・アイ」や石川秀美の「ゆ・れ・て湘南」など一連のヒットがあります。
80年代後半からは作曲家というよりはアメリカを拠点にしたギタリストとして活動がメインとなっていました。

手元にあるシングル音源は33枚でそのうちシングル盤があるのは19枚。
サマーセイリング/相本久美子
EASY/相本久美子
キャッツ・アイ/杏里
妖精時代/石川秀美
ゆ・れ・て湘南/石川秀美
哀しみのブリザード/石川秀美
涙のペーパームーン/石川秀美
バイ・バイ・サマー/石川秀美
めざめ/石川秀美
夏のフォトグラフ/石川秀美
See Loves You~キッスで殺して~/石川秀美
クリスタルモーニング/石川優子
男嫌い/伊藤咲子
ダイナマイト/岩城徳栄
LOVEさりげなく/太田貴子
アメリカン・フィーリング/サーカス
イエスタディドリーマー/榊原郁恵
ふ・る・え・る果実/佐久間 麗
風のシルエット/沢田富美子
青いSunset/仙道敦子
びんかん…してます/武田久美子
ニュース/つちやかおり
ジレンマ/中村由真
メロウ・シーズン/橋本美加子
えとらんぜ/林 紀恵
素敵なラブポーション/林 紀恵
愛GIRIGIRI ピンク・レディー
瞳は元気なブルースカイ/牧野アンナ
裸足の季節/松田聖子
青い珊瑚礁/松田聖子
風は秋色/松田聖子
経験・美少女/矢野有美
小悪魔/山本理沙

ちなみにこのうち私の年間BEST30に入っているのは
1980年6位「青い珊瑚礁」、11位「サマー・セイリング」
15位「愛・GIRIGIRI」、28位「裸足の季節」
82年7位「ゆ・れ・て湘南」、83年17位「涙のペーパームーン」の6曲。

Aimoto_kumiko_summersailingAimoto_kumiko_easy

Ishikawa_hidemi_yureteshounanIshikawa_hidemi_kanasiminoblizzard

Ishikawa_hidemi_namidanopapermoonIshikawa_hidemi_byebyesummer

Ishikawa_hidemi_mezameIshikawa_hidemi_natunophotograph

Itou_sakiko_otokogiraiSakuma_rei_huruerukajitsu

Sawada_humiko_kazenosilhouetteSendou_nobuko_aoisunset

Tsuchiya_kaori_newsHashimoto_mikako_mellowseason

Hayasi_norie_etrangerHayasi_norie_sutekinalovemotion

Matsuda_seiko_hadashinokisetsuMatsuda_seiko_aoisangoshou

Pink_lady_aigirigiriYano_yumi_keikenbisyoujo

シングル曲のみならず小田作品のすばらしさを伝えるのが松田聖子3枚のアルバム。
なかでも2枚目の『North Wind』はスピード感のあるアメリカン・ポップスが炸裂する珠玉のアルバムです。
松田聖子というと松本隆-ユーミンコンビによるリリカルな楽曲を思い起こすかもしれませんが、三浦徳子-小田裕一郎コンビによるぶりっ子時代の聖子サウンドが80年代女性アイドルを作り上げたということを忘れてはいけません。

Matuda_seiko_squall
『SQUALL』

Matuda_seiko_northwind
『North Wind』

Matuda_seiko_silhouette
『Silhouette』

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

追悼 樹木希林

女優の樹木希林さんが亡くなりました。
70年代の久世ドラマで強烈な個性でブレイクしてから、テレビを中心に人気を博しました。
2000年を過ぎてからは、映画においてもその存在感を発揮して、数々の女優賞を獲得しています。
日本を代表する女優であることに異存はないでしょう。
おそらく120本以上の映画に出演しているのでしょうが、資料により異同があるので確認はできませんでした。
私が観ているのは約半数の56本。先日亡くなった菅井きんさんより2本多い。そういえば樹木希林も若いころから老婆役でブレイクしましたね。
私が観ているのは以下の通りです。

湖の琴
兄貴の恋人
赤ちょうちん
蔵王絶唱
炎の肖像
告訴せず
サチコの幸
女教師
はなれ瞽女おりん
ワニと鸚鵡とおっとせい
総長の首
金田一耕助の冒険
神様のくれた赤ん坊
ツィゴイネルワイゼン
帰ってきた若大将
野菊の墓
転校生
刑事物語
天城越え
ふるさと
クララ白書・少女隊PHOON
カポネ大いに泣く
さびしんぼう
夢千代日記
玄海つれづれ節
郷愁
つる -鶴-
風の又三郎 ガラスのマント
大誘拐 Rainbow kids
戦争と青春
いつかギラギラする日
ザ・中学教師
REX 恐竜物語
RAMPO 奥山監督版
RAMPO 黛監督版
時の輝き
美味しんぼ
39 刑法第三十九条
ざわざわ下北沢
東京マリーゴールド
ピストルオペラ
リターナー
半落ち
下妻物語
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
サイドカーに犬
歩いても 歩いても
悪人
借りぐらしのアリエッティ
奇跡
わが母の記
そして父になる
駆込み女と駆出し男
あん
海街diary
海よりもまだ深く


合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TSUTAYAで5枚

TSUTAYAでDVDを5枚レンタルしました。
日本映画の新作を3枚と外国映画は昨年度と1972年の作品。
坂道のアポロン』人気漫画、アニメの実写化ですね。この手は期待はしていないのですが、小松菜奈さんだけのために。>佐世保闘争の長崎ですからね、ジャズと学生運動と米軍。まあ、私のような年寄りには心躍るものがないわけではありませんが、作り手にもほとんどの観客にも関係ないことばかりです。というわけでひとりの少女を巡る不良少年とおぼっちゃまの物語となるわけです。ならもう少しどうにかならないか、小松さんと真野さんのドラマだってあるんだし。なぞっただけに思えます。それにいくら68年の地方都市だってロックが好きならオックスは歌わない。ロックが好きな奴がいやいや歌謡曲を歌っているのがGSだったんだから。
娼年』いやらしい映画みたいで期待します。>うん?なんか惜しいです。桜井ユキさんの濡れ場は刺激的でしたが、最後のエイズで説教臭くなってしまったのが残念です。下品な私は馬渕英里何さんに期待していたのに、あれは…。
サニー/32』よくわかりませんが白石監督だし、どうでしょう。>ひどい。無茶苦茶なだけでした。北原さんはがんばったといっても、上の冨手麻妙さんほどではありません(当たり前です、こちらは現役)。教師が一人拉致されてネットにさらされたら警察黙ってないでしょう。あさま山荘事件になるのかと思ったら新興宗教になるし、もうわけわかりません。
少女ファニーと運命の旅』これはきっとお前好みだと、去年友人に勧められました。女の子が冒険する映画はたぶん間違いないでしょう。
早春』キネ旬の1970年度ベスト洋画で上位に入っていた作品だ。DVD化のせいだったのか。観てみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

スウェーデン総選挙

9月10日にスウェーデンの総選挙が行われました。
結果は
政党名 略号 議席数(前回議席数) 得票率(前回からの増減)

左派(社民+緑)116(138)
※左翼党は閣外協力
社会民主労働党 S 101(113) 28,3(-2,7)
緑の党 MP 15(25) 4,4(-2,5)
左翼党 V 28(21) 8,0(+ 2,3)

右派(保守・自由連合)142(140)
穏健党; M 70(83) 19,8(-3,5)
中央党 C 30(22) 6,3(+ 1,8)
キリスト教民主党 KD 23(16) 8,6(+ 2,5)
自由党 FP 19(19) 5,5(+ 0,1)

極右
スウェーデン民主党 SD 63(42) 17,5(+ 4,7)

予想通り極右が躍進して社民党を中心とする与党は減少、穏健党を中心とする中道右派野党も減少して2大政党にる政権交代というこれまでのスウェーデンの政治のかたちが変わった。というありきたりな解説はいらないと思います。
むしろ、第1党すら予想されていた民主党が最終盤で伸びなやんだということなのでしょう。
ただし今後の連立構想となると、右派が民主と組むか、左右の大連立か、右派の一部を左派が取り込むかのいずれかとなるでしょう。社民党より減らしている穏健党に政権交代の求心力はあるのかさてどうでしょう。

選挙制度は比例代表制で、得票率4%未満の政党は議席の配分を受けません。
全国に29ある選挙区ごとに各政党の獲得議席を決めていきますが最終的には全国の得票率に合わせて調整するということのようです。
日本と違うのは、あくまでも政党の得票ですので誰の議席になるのかはまったく報道されません。少なくとも全国紙では。
各政党は候補者リストを順位をつけて事前に提出し、有権者は政党か個人名で投票します。個人名の投票がその政党の得票の8%以上ならリストに優先して当選することになります。しかし選挙管理委員会のサイトを見ても議席の個人名はまったく出てきません。(見方が悪いのかも、まったく読めないスウェーデン語だし)
どうやら、まだ議席は確定していないみたいです。報道はされているけれど。

それにしても、相変わらずヨーロッパの新聞の選挙報道は選挙区地図が美しい。日本の新聞はどうかならないかね。

>9/16に確定しました。上記の議席数に異同がありました。当選者名簿も載っていました。

総議席349

穏健党70
中央党31
自由党20
キリスト教民主党22

社会民主労働党100
左翼党28
緑の党16

スウェーデン民主党62

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

BOOKOFFでCD、図書館で4冊

下の子の学校に提出する書類が必要なので、自転車で区役所へ。
ついでに久々に区役所向かいのBOOKOFF。
ぶらぶら眺めてなぜか(格安だったからですが)上戸彩のDVD付きBEST
デビューから2006年までのシングル13作が収録されています。
そのうち持っているのは1枚だけで、それ以外どんな曲歌ってたかあんまり覚えていませんが、嫌いじゃないことは確かです。聴き直してみましょう。
Ueto_aya_best

こっちがシングルCD
Ueto_aya_kaze


帰途、図書館にも寄って予約していた3冊に開架から1冊。
“世界の果て"の物語: 地上の楽園をめざした34の冒険譚
創造の星 天才の人類史
大坂堂島米市場 江戸幕府vs市場経済
ベラスケス 宮廷のなかの革命者

わが家にある本が参考文献に挙がっているのは「創造の星」の「ニュートン」「魔女狩り」「カラマーゾフの兄弟」「痴愚神礼賛」「パンセ」。
「“世界の果て”」は、本文中に「歴史」「オデュッセイア」「イリアス」「東方見聞録」「中央アジア・蒙古旅行記」「アウステル大陸漂流記」「カンディード」「アレクサンドロス大王東征記」「テレマックの冒険」「ブーカンヴィル航海記補遺」「本当の話」「ユートピア」「パンタグリュエル物語」「セヴァランプ物語」「法律」などが出てきます。タイトルの異同がありますし見落としがあるかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

図書館で4冊

図書館で予約していた3冊を受け取り、ついでに開架から1冊借りました。
戦国大名と分国法
物語 アラビアの歴史-知られざる3000年の興亡
公家たちの幕末維新-ペリー来航から華族誕生へ」と
帝国議会―西洋の衝撃から誕生までの格闘」です。

わが家の書棚にあるもので参考文献に載っていたのは、
徳政令」「メッカ」「エリュトゥラー海案内記」「明治デモクラシー
それぞれ豊富な参考文献が挙げられていましたが、うちにあるのは1冊づつぐらいでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

9月新刊

9月新刊

◎岩波新書ルイ・アルチュセール――行方不明者の哲学」市田良彦
現代思想を紹介する本では構造主義の説明に必ずラカンとともに登場してきたので、一度は読んでみましたが、私の手におえるような代物ではありませんでした。入門書でも懲りずに読んでみる価値はあるかと思います。

◎中公新書「正義とは何か-現代政治哲学の6つの視点」神島裕子
流行のロールズでしょう。「20世紀の思想」に触れてある程度です。たぶん私とは性が合わないタイプの思想です。

◎中公新書「貨幣が語る-ローマ帝国史-権力と図像の千年」比佐 篤
うちのものでは「皇帝たちの都ローマ」がいちばん近そうです。

◎講談社現代新書「なぜヒトは学ぶのか 教育を生物学的に考える」安藤寿康
動物の子育てとかプリンティングとかそういう視点でしょうか。

◎ちくま新書「帝国化する日本」長山靖生
著者のものでは手元に「偽史冒険世界」「奇想科学の冒険」があります。
近年とみにタカ派じみてる著者ですが、帝国日本をどう評価してるのでしょうか。

◎ちくま新書「闇の日本美術」山本聡美
美術には疎い私ですが「鬼の宇宙誌」「日本幻想文学史」あたりは関連しそうです。

◎岩波文庫「魔法の庭・空を見上げる部族 他十四篇」カルヴィーノ
著者のものでは「マルコ・ポーロの見えない都市」「マルコヴァルドさんの四季」「むずかしい愛」「柔かい月」「レ・コスミコミケ」が手元にあります。ほら話が素敵なイタリア作家です。

◎岩波現代文庫「自由という牢獄――責任・公共性・資本主義」大澤真幸
わが家のでは「自由主義の再検討」「市場社会の思想史」が近いのでしょうが、こっちのは社会学ではありません。

◎ちくま学芸文庫「個人空間の誕生: 食卓・家屋・劇場・世界」イー・フー・トゥアン
うちにあるのは「都市のコスモロジー」「祝祭都市」のような都市論になりがちですが、いっそのこと「奇想天外・英文学講義」の方が近いのかもしれません。

◎ちくま学芸文庫「日本人の死生観」立川昭二
まっとうに民俗学的な「宗教民俗学への招待」「墓と葬送の社会史」でどうでしょう。

◎講談社学術文庫「日本近代科学史」村上陽一郎
著者のものでは「科学史の逆遠近法」「ペスト大流行」「宇宙像の変遷」があります。日本科学史関連では「江戸人物科学史」ぐらいです。

◎講談社学術文庫「中世都市 社会経済史的試論」アンリ・ピレンヌ
都市」が中世都市を扱っています。

◎講談社学術文庫「カントの「悪」論」中島義道
同じ著者による「カントの人間学」。どうもピンときませんでした。

◎中公文庫「食道楽」村井弦斎
これは現代語訳。なぜか岩波文庫版の上巻だけあります。

◎中公文庫「イエズス会の歴史(上)(下)」ウィリアム・V・バンガート
イエズス会というのは気になる存在です。うちにも「イエズス会」「イグナチオとイエズス会」があります。

◎角川ソフィア文庫「「城取り」の軍事学」西股総生
タイトルに合いそうなのは「検証戦国城砦攻防戦」「戦略戦術兵器事典 (6)」のムックでしょうか。

◎角川ソフィア文庫「歴史としての戦後史学 ある歴史家の証言」網野善彦
網野さんは結構読んでいますが、歴史学の歴史(それも日本の戦後)には食指が動きません。

◎角川ソフィア文庫「新版 増補 共産主義の系譜」猪木正道
反共主義者による共産主義の歴史。うちにある「現代ヨーロッパ社会思想史」あたりとは当然、観点が違うでしょう。

◎角川ソフィア文庫「千夜千冊エディション 情報生命」松岡正剛
私もチェックしているサイト“千夜千冊”からの切り売りです。

◎光文社古典新訳文庫「未来のイヴ」ヴィリエ・ド・リラダン
うちにあるのは東京創元社版です。面白いです。

◎平凡社ライブラリー「江戸の読書会: 会読の思想史」前田 勉
日本の思想文化」などでは味わえない、思想が生まれる会読という方法論へのアプローチは新鮮です。

◎講談社選書メチエ「機械カニバリズム 人間なきあとの人類学へ」久保明教
SFの古典「ロボット」の世界でしょうか。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「戦国の城の一生: つくる・壊す・蘇る」竹井英文
上の「城取り」に加えて「国別 戦国大名城郭事典」などというのも参考になりそうです。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「考証 東京裁判: 戦争と戦後を読み解く」宇田川幸大
誤解しているかもしれませんが、東京裁判が連合国軍に対する日本軍の行為の断罪であり、アジア諸国の損害についての裁判でなかったことが戦後日本の戦争観に影響を与えたみたいな内容でしょうか。

今月の目玉は
新書で「貨幣が語る-ローマ帝国史-」
文庫は「個人空間の誕生」「日本近代科学史」「中世都市」「江戸の読書会」
選書の「機械カニバリズム」
文庫が一番充実してます。

単行本ですが「洪水の年(上)(下)」が気になります。
マーガレット・アトウッドのものではうちに「侍女の物語」があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«1970年代外国映画ベストテン